友達関係

仲良しごっこはやめた! 友達との縁を切ったきっかけエピソード5選

仲良しごっこはやめた! 友達との縁を切ったきっかけエピソード5選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

ただでさえ、「女の友情はもろい」と言われるものですが、女性は30代になるとライフスタイルが人によって大きく異なってくることから、疎遠になる友達が増えてくるものです。

10代、20代は友達をたくさん作る時期で、30代は人間関係を整理する時期、という考え方もあります。

自分にとって本当に必要な友達だけが残っていく時期、ということですね。

では、みなさんはどんな友達との縁を切ったのでしょうか。30代〜40代の女性たちに、「友達と縁を切ったきっかけ」についてお話を聞いてみました。

170717tomodatitozekkou

(1)異性関係にだらしなかった

『大学時代の友達が恋愛依存症みたいな感じで、常に男がいないとダメだった。DVとかを受けていた時期もあって、心配していろいろ助けてあげようとしたけど、本人が拒否。その後もデキ婚したもののすぐに離婚したり、また凝りもせず変な男に引っかかったり……とにかく見ていられなかった。友達が心配だったからキツいことも言ったし、目を覚ましてほしかったけど、全然聞く耳を持たなくて、私も彼女との関係に疲れてしまって縁を切りました。今でも気にはなるけど、正直もう友達としてやっていく自信はないので、連絡を取ることはありません』(30代女性/主婦)

恋愛依存症の人は、厄介な異性に引っかかって身を壊すことも多いようです。

友達ならなんとかして助けてあげたい、目を覚ましてあげたいと思い、手を差し伸べる人も多いと思いますが、本人がそれを拒否してしまったらこちらとしても打つ手がありません。

それどころか、「余計なお世話」「ほっといて」などと言われてしまえば、どうにもできませんよね。子どもじゃない以上、もう本人に任せるしかありません。

こういった友達との関係はやがて破綻してしまうものなので、仕方ないと言わざるを得ないでしょう。

(2)価値観が違いすぎてしまった

『25歳くらいのころ、仲の良かった友達が夜のお店で働き出して、ガラの悪そうな男性と付き合い出したんです。それまでけっこう大人しい感じの子だったのに、刺青まで入れるようになってしまって。一緒に遊んでも会話が噛み合わないし、彼氏の武勇伝みたいなことを聞かされるのが苦痛で、「もうムリだな。住む世界が違うな」と思い、連絡を絶ちました』(30代女性/会社員)

『20代後半で玉の輿婚した友達が、急に上から目線で接してくるようになり、SNSでもお金持ちアピールがすごかった。お互いに子どもができてからはますます上から目線がエスカレート。マウンティングがすごくてイヤな気持ちになるだけだったので、縁を切っちゃいました』(40代女性/パート)

夫婦の離婚理由としても上位にくる「価値観の違い」。友達同士でもやはり価値観が違いすぎるとうまくいかないことが増えるのかもしれませんね。

置かれた環境が異なってしまったがゆえに、学生時代に仲が良かった友達と久々に会っても、当時のように会話が弾まない……というのと似ている気がします。

(3)何に対しても否定から入ってくる性格に限界を感じた

『私や他の人が言うことに対していちいち否定から入ってくる友達がいたんです。何か言うと必ず、「でもさあ」で会話を始めるっていう。否定ばかりされていると、自分そのものを否定されているような気がして疲れちゃって。会うたびにダメ出しされて、そんななら友達でいる必要ないなって思って、ある日スッパリ切っちゃいました。メールも電話も拒否。なんかスッキリしました』(30代女性/会社員)

いますよね、何でも他人の意見を否定してくる人。もう否定から入るのがクセになってしまっているんでしょうね。

そういう人と一緒にいても不快な思いをするだけなので、無理して友達でいる必要はないと思います。

(4)僻みっぽい性格に嫌気がさした

『お互いに30代で結婚・出産をした友達がいたんですけど、ことあるごとに自分と私を比べて、「いいよね、○○ちゃんのとこは旦那の稼ぎが良くて……」とか、「○○ちゃんにはどうせ私の気持ちなんてわからないよ」とか、いちいち僻みっぽいことを言うようになってきちゃったんです。で、面倒くさくなって連絡をスルーしていたら、そのまま音信不通に。ちょっとまだ心に引っかかってはいるんですけど、付き合っていてもプラスになるとは思えないので、これでよかったと思うようにしています』(40代女性/主婦)

偏見や決めつけで他人を悪く言ったり、「どうせ私なんか」と僻んだり……。学生時代なら許せていたことでも、大人になるにつれてそんなことを言う人を構っているヒマはなくなってきてしまうんですよね。

「面倒くさい」の一言で片付けてしまうのもかわいそうですが、確かにそんな面倒くさい僻みに付き合っている場合ではないので、縁を切りたくなってしまうという気持ちはわかります。

(5)いつまでも不倫を続ける友達に呆れた

『独身の友達が会社の上司と4年間も不倫していて、何度も「やめなよ」と忠告したのにダラダラと続けていて、しまいに呆れて縁を切ってしまいました。自分が結婚してみると、余計に奥さんが不憫になってしまって、友達に対しても怒りがわいてしまったんです。私、けっこう恋愛関係に潔癖なところがあるので、不倫しているような人と友達でいるのも嫌なんで……』(30代女性/会社員)

私も昔、会社の先輩から不倫自慢を聞かされたことがありますが、それをきっかけにその先輩を心の中で見下すようになってしまいました。

不倫していることを堂々と宣言したり、悪びれる様子もなく不倫相手の奥さんの悪口を言ったりしている人は、自分が軽蔑されるということがわかっていないのでしょうか? 不思議です。


コメントを見ると、「これなら縁を切っても仕方ないな」と思えるものが多いですが、みなさんはいかがでしょうか?

一時は仲が良かった友達でも、歩む道が違っていく中で、だんだん埋められない溝ができてしまうこともあります。

友達に対して、「縁を切るのはちょっと寂しい、でも一緒にいるのは疲れる」と感じたときは、ひとまず距離を置いてみるといいでしょう。距離を置いてみると、案外気持ちがラクになることもあります。

学生時代とは違い、合わないと思う人と我慢して仲良くしている必要はないのですから、ムリはしないようにしてくださいね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る