ヘアケア

置かれた雑誌にショック! 美容院でモヤモヤしたエピソード3選

置かれた雑誌にショック! 美容院でモヤモヤしたエピソード3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

美容院が苦手、という人は少なくありませんよね。

美容師さんと何をしゃべったらいいのかわからない、納得のいく髪型にしてもらえたことがない、失礼なことを言われて傷ついたことがあるなど、苦手な理由はさまざまです。

私も美容院はあまり好きではありません。美容師さんとの会話が噛み合わないことが多く、隣の席のお客さんと美容師さんは会話が弾んで盛り上がっているのに、こちらは沈黙したまま……という状態が精神的につらいためです。

また、抗議するほどではないけれど、美容院という場所では何となくモヤモヤすることって多いんですよね。

そこで今回は、20代〜30代の女性に「美容院でモヤモヤしたエピソード」についてお話を聞いてきました。

170717biyouindemoyamoya

(1)年齢を言っていないのに年齢層高めの雑誌を持って来られた

『初めて行った美容院で、年齢を書いても言ってもいないのに、女性週刊誌や30代、40代向けの雑誌を持って来られたことにモヤモヤしました。35歳なので、まあ妥当だとは思うんですが、普段そんな年齢層の雑誌は読まないし、趣味じゃない。自分では実年齢より若く見えると思っていたのでショックでした』(30代女性/パート)

これはわかります。私も、自分が着る着ないは別として、若い子向けのファッション誌を読むのが好きなのですが(いろいろと刺激をもらえるため)、主婦感満載の生活情報誌や料理雑誌を前に置かれたときは「ああ、そう見られてるんだな……」と複雑な気持ちになりました。

雑誌の表紙を一瞥して手をつけずにいたら、「あ、すみません! 好みじゃなかったですね!」と美容師さんが慌て出したのを見て、申し訳ないなと思い、それ以来はどんな雑誌を置かれようととりあえず読むことにしていますが、やはり好みじゃない雑誌を読むのは苦痛です。

ただ、美容院によっては自分で好きな雑誌を選んで持って来てもらえるところもあるようですね。

(2)「白髪染め」であることを連呼された

『30代後半になり、白髪が気になるようになってきたので美容師さんに小声で相談したところ、「じゃあ今回から白髪染めに変えましょう!」と大きな声で返されました。それからも、「白髪染めと普通のヘアカラーの違いは……」とか、「白髪、目立たなくなりましたね!」とか、「白髪が出てきても抜いちゃダメですよ!」とか、大声で元気に言われてモヤッとしました。悪気はないのでしょうけど、こちらが小声で言っている気持ちを察してほしいです。若い男性美容師さんにはわからないのかな……』(30代女性/会社員)

女性にとって、自分の老いを自覚することはとても勇気がいるんです。それなのに「白髪」「白髪」と連呼されたら、確かにモヤモヤしてしまいますよね。

白髪以外にも、「顔が小さく見えるように、頬に髪がかかるようにセットしましょう」と言われたなど、自分がコンプレックスに感じていることを指摘されて嫌だったという話も聞いたことがあります。

良かれと思ってやっていることなのでしょうが、わざわざ口に出さなくてもいいのに……と思ってしまいますね。

(3)顔にカラーリング剤がついてもハサミが当たっても謝らない

『時間がなく焦っていたのか、二人がかりでカラーリング剤をすごい勢いて塗られたことがあるんですが、そのときにほっぺたにカラーリング剤がついたんです。でも拭いてくれないどころか謝りもせずそのまま放置。結局、自分で拭い取りました。それを美容師さんも見ていたのに、それでも何も言わず。気が小さいので何も言えなかったですが、モヤモヤしちゃいました』(20代女性/会社員)

『ハサミの先が頬にガンガン当たっても、クシに毛が絡まって頭ごとグンッと引っ張られても、スルー。ものすごく痛くて、毛が抜けたと思います。思わず「痛っ!」って声に出しちゃったんですが、それでも謝らず世間話を続けていた美容師の神経を疑いました。気付いてないとかあるんでしょうか? それとも、よくあることで謝るほどのことじゃないって感じなのでしょうか? それ以来、二度とその美容院へは行っていません』(20女性/主婦)

これは気付いていないのかどうなのか、本当に気になりますね。前髪を切った後に顔にたくさんついた毛を払ってくれない美容師さんにもモヤモヤします。

でも、カラーリング剤がついたときは「すみません、顔についたんで拭いてもらえますか?」と言ってしまったほうがいいと思います。すぐに取らないと落ちにくくなってしまう可能性もあるので、その場で言いましょう。

ハサミや指、クシなどが顔に当たるというのもよく聞きますし、私も指が頬に当たって痛い思いをしたことがあります。

その場で指摘するのは勇気がいりますが、やんわりと「すみません、ちょっと痛いので丁寧にお願いします」と言ってしまってもいいと思います。家に帰ってずっとモヤモヤしているのもストレスになりますからね……。

直接言えない、でもモヤモヤする、という場合には、メールや電話で店長さんに伝えて注意してもらうのも手です。


いかがでしたか? けっこう経験のある方もいるのではないでしょうか?

こうした小さなモヤモヤが積もり積もって美容院嫌いになる人もいるのかもしれません。

美容院へ行くことで、キレイになって気持ちもリフレッシュできるはずが、ストレスを感じてモヤモヤしてしまうのでは本末転倒。

美容院のサービス向上のためにも、気になることがあったらやんわりと伝えてみるのがいいのではないでしょうか。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

赤松侑里(さゆりちゃん)

赤松侑里(さゆりちゃん)

1児の女の子のママです。育児も自分磨きも楽しく頑張ってママライフを過ごしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る