友達関係

あなたも要注意!? オス化する“おやじ女子”の特徴と抜け出す方法

あなたも要注意!? オス化する“おやじ女子”の特徴と抜け出す方法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

恋愛などに消極的な草食系男子が増加するなか、それとは反対にオス化する女性が増えていると言われています。その名も“おやじ女子”。

がさつだったり、口が悪かったりと、おじさんと思われるような傾向が出始めてしまうことで、周囲からおじさん認定されてしまうこともあります。

そのままおやじ化が進んでしまうと、女性としての魅力を失い恋愛から遠のいてしまうということも。

今回は、“おやじ女子”の特徴とそこから抜け出すための方法などをご紹介します。

170714oyaji

おやじ女子とは

ドラマがきっかけで“干物女”という言葉が話題となったことがありますが、これは、さまざまなことを「面倒だから」という理由で適当に済ませてしまい、特に恋愛を放棄しているような女性を指す言葉でした。

これに対し“おやじ女子”というのは、女性がオス化していくことを指します。

日頃の行動を指して言うこともあれば、見た目に気を使わずだらしない姿でいることなどを指して言われることも。

オス化していくことで、干物女同様に恋愛から遠ざかっていくことは間違いないと言えるでしょう。

おやじ女子の特徴

(1)言動が荒くなる

『この前、レジにいる店員さんが慣れていない人だったみたいで、行列になっていたんです。イライラしていたんですが、無意識に舌打ちしてしまい、一緒に並んでいた男性に引かれました。自分でも気づかないところでおじさんみたいな言動をしているのだと思います』(30代女性/編集)

おやじ女子と認定されてしまうきっかけは、おじさんのような言動が出始めることから。

いらいらすると舌打ちする、ビールを飲んで「くぁーーっ!」と叫ぶ、若い女性にセクハラまがいのことをしてしまう、などなど。

自分では気づいていないことも多いようですが、「最近、女の子といるよりもおじさんたちといる方が居心地が良いな」と思うようになったら危険信号です。

おやじ女子に気づくのは、周囲にいる人間の方が先ということが多いでしょう。

(2)見た目にこだわらない

『この前ひさびさに友達と会ったら、「その服どうしたの?」と言われました。家にあるものをテキトーに着てきたのですが、確かにちょっとみすぼらしい感じだったかも……。最近は下着が上下バラバラでも気にならなくなりました』(30代女性/事務)

恋愛はもちろん、メイクやファッションにも無頓着なおやじ女子。

流行のファッションを追いかけるようなこともなければ、清潔感のある装いを心がけることもありません。

最終的にはムダ毛の処理も甘くなり、すっぴんで出かけるということも……。

あまりにヒドいと、人間関係にもひびを入れてしまう可能性があると言えるでしょう。

(3)おやじ女子会を開く

『最近は、女子会といっても内容はおじさんがするのようなものばかり。テラス席でランチとか、話題のお店でパンケーキなんてつまらないですよね。居酒屋へ行って、スーパー銭湯でリラックスして、最後にラーメン屋へ行って帰るというパターンも多いです。私たちは「おやじ女子会」って呼んでます(笑)』(30代女性/アパレル)

女子会といえば、オシャレな服装に身をつつみ、恋愛などの話をするものと思われがちですが、おやじ女子の女子会はそんなキラキラしたものとはかけ離れています。

食事は敷居の高くない居酒屋で、ざっくばらんに話ができる場所を選びがち。

お腹が満たされた後は、エステではなくスーパー銭湯や整体などで体をリラックスさせるのです。

最後の締めはもちろんラーメン。周囲に何と思われようと、自分たちがとことんリラックスできる行動に身を委ねるのです。

おやじ女子から抜け出す方法

おやじ女子となってしまう女性にまず変化が出始めるのが、外見です。

身なりに気を使わなくなることで一気におやじ化が進んでしまうため、まずは服装を意識することが大切と言えます。

とはいっても、すでにおやじ化が始まっている女性からすると、どうしても興味が持てないということもあるでしょう。

その解決策のひとつが、恋愛をすることです。身近に気になる男性が一人いるだけで、行動や外見など、さまざまな面に変化が出てきます。

また、生活習慣を整えることも大切です。

きちんと食事をとり、睡眠時間を確保し、可能であればシャワーでなくお風呂に浸かったり寝るときにはパジャマに着替えたりすることで、生活が安定していくでしょう。

おやじ化の原因がストレスであることもあるため、定期的にリラックスして自分と向き合う時間を作ることも大切です。


いかがでしたか?

時には羽目を外して気の向くままに行動したいということもあるかもしれませんが、それが普通になってしまうと一気におやじ化してしまうことになりかねません。

適度に周囲の目線を意識し、いざ気になる男性ができたときに「ナシ!」と思われないようにしたいですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

REIKO(SORAくん、UTAくん)

REIKO(SORAくん、UTAくん)

男の子2児のママです。ファッションが好きで、夫と子ども2人と仲良く楽しく日々くらしています。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る