メンタルヘルス

私ってブス? 子どもの“容姿コンプレックス”への向き合い方4つ

私ってブス? 子どもの“容姿コンプレックス”への向き合い方4つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

女の子の母親である友人と会った際、よく会話に出るのが、子どもの容姿についての話。

「この子、旦那に似て目が一重で……」「私に似て毛深くてかわいそうで……」「うちの子、男の子と間違われてばっかりで気にしてて……」なんて心配そうに話しているんです。

男の子の母親が自分の子どもの外見について心配する声は今のところ、聞いたことがありません。やはり、女の子のほうが外見で判断されることが多いためでしょうか。

内閣府が行った『平成25年度 小学生・中学生の意識に関する調査』の中の、第1章第5節「1.悩みや心配なこと」についての質問でも、「容姿のこと」と回答している児童の割合が、小学生男子で0.8%、中学生男子で2.7%なのに対し、小学生女子は2.2%、中学生女子は8.5%と、いずれも男子を上回っています。

確かに、女の子は特に小学生〜高校生くらいの年齢になると、自分の容姿へのコンプレックスを否応無しに感じてしまうことがあります。

それは多くの場合、無神経な男子から「ブス」「デブ」などとからかわれたり、「かわいい」と言われる友達と自分を比べてしまったりすることで、「私ってブスなんだ」と思ってしまうことから始まるのではないでしょうか。

では、親は子どもの容姿コンプレックスに対してどのように向き合えばいいのでしょうか? また、子どもが容姿コンプレックスを抱えないために親が注意すべきことはあるのでしょうか?

170713yousicomplex

(1)親は絶対に子どもを否定してはいけない

『小さいころからお母さんに、「あんたはブスだから、そんなかわいい服は似合わない」とか、「ブスなんだからせめて勉強はできないと」とか言われていた友達がいますが、そのせいで今でも被害妄想がひどく、自己評価が低すぎてまともに恋愛もできてないんです。私にはかわいいほうだと思うのに。本人は未だに顔のせいだと信じてるけど、問題は卑屈な性格のせい。でもそれは、自分の子どもの容姿をバカにしてばかりいた母親のせいだと思います』(20代女性/会社員)

母親の子どもに対する言動の影響力は、想像以上に大きいものがあるんですよね。

一番身近で信頼できる存在である母親に否定されてしまったら、子どもは自分のことをダメな子だと信じてしまいます。

他人にどんなに容姿について批判されようと、親が全力で子どもを肯定してあげたら、きっと全然違う結果になるでしょう。

私も中学生のころ、友達と比べて自分はどうしてかわいくないのか、どうしてブスなのかと母に泣きながら訴えたことがあります。

でも、そのたびに母は、「あんたは全然ブスじゃない! 私から見たら、○○ちゃん(当時人気だった女性歌手)と同じくらいかわいい。笑った顔なんか、太陽みたいで見てると幸せな気持ちになる」と言ってくれました。

どう考えても親の贔屓目で、私を傷つけないように言っているだけだとわかっていましたが、いつでも一貫して私の容姿を100%肯定してくれる母の存在には、とても救われました。

客観的に見て、たとえ子どもの容姿が残念だと思ったとしても、親は100%肯定してあげることで、子どもには救いになりますし、自信になっていくものです。

(2)容姿以外の取り柄を見つけてあげる

子どもの容姿を否定しないことは大前提として、他に子どもが自分の自信につなげることができそうな取り柄を見つけてあげましょう。

たとえば、勉強を頑張っている、スポーツを頑張っている、人に優しい、絵がうまい、歌がうまいなどです。

得意なこと、興味のあることを見つけて伸ばしてあげることで、子どもの自信につながります。

(3)大人になれば個性や魅力になることを教えてあげる

『私は目が大きくて唇が分厚かったことから、小学生、中学生くらいのときは男子に「デメキン」とか「たらこ」とか言われてましたよ(笑)。泣いちゃったこともあったけど、年頃になったらむしろそれを同性から羨ましがられたし、正直、男子からはモテるようになりました。子どものときはコンプレックスだったけど、今は気に入ってます』(30代女性/会社員)

子どものうちは周りからからかわれていたことが、大人になるにつれて個性や魅力として羨ましがられることもあるんですよね。

私も小学生のとき、小さくて痩せていたので、男子から「ガリガリ」「ミクロ」「チビ」なんて言われてからかわれていましたが、大人になってからはそれも個性、と受け止められるようになりました。

容姿に対する価値観は大人になるにつれてだんだんと変わっていくこと、個性や魅力として受け止めてくれる人もたくさんいることを教えてあげましょう。

(4)人の容姿をからかう愚かさを説く

『小学生のとき、男子に「デブ」とか「ブタ」とか言われて登校拒否みたいになったことがあったんです。でもそのとき父が、「人の見た目を笑うような子は、将来自分が笑われるんだよ。そんな子にからかわれて悲しい思いをするなんて、バカらしいと思わない?」と言ってくれたことで納得し、学校に行けるようになりました。学校では私をからかう男子を見るたび、哀れむようにしたら、自然と何を言われても気にならなくなりましたね』(20代女性/大学生)

顔の作りや体型で他人をバカにする行為は愚かなことだということを教えてあげるのも有効なようです。

容姿についてからかってくる人がいたら、むしろその人に対して「かわいそうに……」と同情してあげよう、くらいのことを言ってもいいかもしれませんね。


いかがでしたか?

もちろん、容姿の悩みは大人になったらある程度物理的に解決することができます。

メイクをしたり、髪型を変えたり、おしゃれをしたり、脱毛をしたりすれば、「なんでこんなことで悩んでいたんだろう」と思えてしまうこともあるでしょう。

リスクがあるためおすすめはしませんが、極論を言えば、整形をするという手もあります。

子どものときには絶望的に思えるようなことも、大人になれば自然に解決できることもあるのです。

だからこそ、親も子どもの容姿コンプレックスを深刻にとらえすぎず、「大丈夫!」と自信をもって肯定してあげるといいでしょう。

子どもに対し、「確かにあなたはかわいくないけど……」なんて絶対に言ってはいけません。親に言われれば子どもはさらに深く傷つき、「やっぱりそうなんだ……」と自信を失います。

子どもの自信を喪失させるのはその後にも響くので、まずは「そんなことないよ! 私はかわいいと思うよ」と肯定することからスタートしてみましょう。

誰が何と言おうと、親は「かわいいと思ってる」と言い続ければ、子どもはだんだん自信を取り戻していくはずです。

【参考リンク】
平成25年度 小学生・中学生の意識に関する調査 第1章 青少年(小・中学生)を対象とする調査の結果 | 内閣府(PDF)

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

もうすぐ3姉妹のママになります! いつでも元気!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る