ヘルシーレシピ

さっぱりヘルシー! 夏に食べたい“梅”を使ったアレンジレシピ3選

さっぱりヘルシー! 夏に食べたい“梅”を使ったアレンジレシピ3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

暑くなってくると、冷たいものやさっぱりしたものが食べたくなりますよね。毎日そうめんばかり食べている、なんて人もいるかもしれません。

そんなとき、ぜひ取り入れてほしい食材が“梅”です。

体にうれしい栄養素が豊富に含まれており、疲れた体を癒してくれることはもちろん、その酸味が食欲増進にも一役買ってくれるはず。

今回は、そんな梅を使ったアレンジレシピをご紹介します。

(1)梅あえほうれん草

@hikidasunyoさんが作られたのは、“梅あえほうれん草”。

茹でたほうれん草に梅干しをあえ、上から梅酢梅醤油をかけているとのことで、こうすることで、食欲が落ちた夏でもさっぱりと食べることができそうですね。

味が単調になりがちな食材や調理法も、梅をプラスすることで変化をつけることができます。

箸休めとしてはもちろん、ご飯のおかずとしても活躍してくれそうです。

(2)梅干しご飯

こちらは@dashipanさんお手製の梅干しご飯! 梅干しと黒米を、鰹と昆布の出汁で炊き上げ、最後に刻んだしそと混ぜ合わせて完成です。

うっすらとピンクがかった色味も鮮やかで、見ているだけで食欲がわいてくる一品です。

梅の酸味としその香りは相性抜群で、@dashipanさんによるとこちらは冷めてもおいしく食べられるとのこと。

隣にお味噌汁を添えるだけでも、立派なごちそうになってくれるのではないでしょうか。

(3)梅干しうどん

@k.a.z.fさんは、うどんに梅干しをトッピング! ふわふわの溶き卵も良いアクセントになっています。

おつまみなどにもなる“梅かつお”があるように、うどんの出汁と梅干しも相性抜群。疲れているときにぜひ食べたい一杯ではないでしょうか。

冬には、上からのせる卵をあんかけにして、体をあたためてくれるメニューにするのもおすすめです。


いかがでしたか?

「野菜」「ご飯」「麺」と、さまざまな食材と組み合わせることができる梅。最近は自宅で自家製の梅干しをつける人も増えています。

アレンジ次第で何通りもの食べ方ができるため、飽きにくいというのもうれしいですね。

まずは冷蔵庫にある食材を使って、梅のアレンジレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る