夫婦円満の秘訣

松居一代だけじゃない!? 夫に“ブチ切れる妻”が急増している理由と対処法

松居一代だけじゃない!? 夫に“ブチ切れる妻”が急増している理由と対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

最近、感情を爆発させて夫に“ブチ切れる”妻が急増していると言われています。

テレビでも、タレントの松居一代さんが夫の船越英一郎さんをブログで批判して話題になっていますね。また、元秘書への暴言・暴行で注目された政治家の豊田真由子議員も夫に対して厳しい態度で接していたと言われています。

なぜ、女性たちは夫に怒りをぶつけてしまうのでしょうか。今回は夫にキレる妻が急増している理由と、その対処法についてご紹介いたします。

170713kiretuma

夫にブチ切れたことがある人の体験談

(1)姑のことでもめて思わずビンタ

『姑のことで一度キレたことがあります。姑は嫌味な性格で、勝手にうちに上がり込んでは「また洗濯物たたんでない」「冷凍食品ばっかり」などと文句をつけてきます。それまでずっと我慢してきましたが、ある日ついに我慢できなくて夫に助けを求めました。

そしたら「母さんが言ってることが正しいでしょ」と真顔で言われていました。家事が十分にできないのは共働きだからだし、夫が全く手伝ってくれないからです。頭に血がのぼった私は思わずビンタをしてしまいました』(36歳女性/事務)

どこの家庭にも多少は存在する“嫁姑問題”。妻と母親の間で板挟みになってしまう夫もツラい立場ではありますが、どっちの味方をするにせよ言葉は慎重に選ばなければならないですよね。

この方の場合は何年も我慢してきた結果、それを全く理解してくれない夫に思わず切れてしまったようです。

(2)詰め替えボトルを捨てられて……

『平日も休日も家事育児を一切手伝わない夫。ある日洗剤の詰め替え用を買ってきて、ボトルに詰め替えようとしたら勝手に捨てられていました。いつもは何もしないくせに、そのときは「空だったから捨てといたよ」と自慢げ。日頃のストレスが爆発して「ぶざけんなよ!」とめちゃめちゃキレました。夫は「こんなことぐらいで怒るなよ」と引いている様子でしたが、こっちが普段からどんだけ我慢してるか分かってないようです』(41歳女性/主婦)

夫がやらかした出来事としては小さなことではありますが、日頃の積み重ねがあるとどんな小さなことにもイライラしてしまうものですよね。

この方はもともと夫が家事育児に参加しないことに不満を持っていたようで、たまっていたものがこの件で吹き出てしまったようです。

(3)酔っぱらって帰ってきた夫に……

『夫は営業職という仕事柄なのか、毎日のように飲んで帰ってきます。子どもが生まれたら変わると思ってたのに、出産後も相変わらずの生活。はじめての育児でとても不安だったのに、全く頼りにならない夫にイライラしていました。ある日いつものように酔っぱらって帰ってきて、「おーい! パパが帰ってきたぞ〜!」と寝ている子どもを乱暴に起こし始めました。

それを見た私はブチ切れ。「あんたなんか父親じゃない! この子に何かしてあげたことあるの? せっかく寝かしつけたんだからほっといて!」と言うと、夫も「なんだその言い方は!」とキレて大げんかになりました。今は実家で暮らしていますが、いずれあの夫のもとに帰るのが憂鬱です』(34歳女性/主婦)

これはキレても仕方ないエピソードですね……。

寝かしつけた子どもを仕事から帰った夫が起こしてしまう、という出来事は多くのママが経験していることと思いますが、普段はまったく育児に関与しないのに、そういうときだけ子どもに構おうとする夫の場合はよりイライラしますよね。

この方はこの日を境に夫婦関係に亀裂が入ってしまったそうです。

夫にキレる人が急増している理由

これまで夫にキレたことのある妻たちのお話を見てきましたが、どのエピソードにも共通していることがあります。

それは“不公平感”です。

現代ではおよそ2世帯に1世帯が共働きだと言われています。そのため、昔のように「夫は仕事、妻は家事・育児」という役割ではなくなってきています。

しかし、夫婦の役割が変わっているにも関わらず、いまだに昔の価値観を持ち続けている男性は少なくありません。それがどういうことにつながるかというと、「夫は仕事、妻は仕事・家事・育児」という非常に不公平な役割分担となってしまいます。

そうした毎日にイライラと不満をためこんでしまい、ついには怒りとなって爆発してしまう妻が急増しているのです。

つまり“キレる妻の急増”は、“家事育児を手伝わない不公平な夫の急増”と比例していると言い換えられるかもしれません。

もちろん、要因はそれだけではありませんが、実際夫に激しい怒りをぶつける人は日頃のストレスが爆発してしまっているという人が多いです。

この問題を解決するには、妻だけではなく、夫側にも意識改革が必要になってくるのではないでしょうか。

夫にキレないための対処法

(1)家事育児の分担表を作る

家事育児の分担に不満がある方は、一度自分たちの家事育児の分担表を作ってみるといいでしょう。

日頃分担していることを可視化することで、どちらに偏りが大きいかを分かりやすく伝えることができます。

まずはゴミ捨てなど、小さな作業からお願いすることも効果的です。

(2)男性と女性の脳の働きの違いを知る

夫に対して、「なんで何度も同じことを繰り返すの?」と思うことはありませんか?

これは男性の脳の働きに起因していると言われています。一般的に、男性は女性に比べてネガティブな記憶を保持する能力が低いとされています。

逆に女性はネガティブな記憶を些細な部分まで残す傾向にあると言われています。そのため、怒られたことをすぐに忘れてしまう夫に対し、「前にも言ったのに!」と怒る場面が出てくるのです。

日頃から忘れっぽい夫にイライラしているという方は、夫に悪気がないことを理解しつつ、根気強く対応するようにしましょう。


いかがでしたか?

円満な夫婦生活を送るためには、夫の協力が必要不可欠です。日頃から不満やストレスを抱えている人は、我慢しすぎずにうまく対処するようにしたいですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

大上留依(莉瑚ちゃん)

大上留依(莉瑚ちゃん)

2児のママです。自分の時間も大切にしつつ、パワフルファンキーママで頑張っています。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る