ヘルスケア

時間の使い方革命!? ママたちが“朝型人間”に変身したきっかけ8選

時間の使い方革命!? ママたちが“朝型人間”に変身したきっかけ8選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

ライターのNANARUKAです。

育児をしていると実感する時間の大切さ。ほんの5分、10分の差が、その後の何時間を左右する事態だってたびたび起こります。

「朝活」や「時短」などの言葉が一般的になりつつある昨今では、ビジネスマンにとってもママにとっても、時間の使い方は日々の生活のテーマとして定着してきているのかもしれませんね。

そこで今回は、あらゆるママが時間をうまく活用するため、朝型人間に変身したエピソードを紹介します。きっかけは何だったのか、8名のママを取材しました。

170725nanaruka

授乳の合間、夜明けの美しさに魅了された人々の話

『制作の仕事に就いていたころは明け方まで仕事をしていることもよくありましたが、妊娠・出産のため休職中の授乳期に見た朝焼けがキレイすぎて感動し、授乳が落ち着いてからは日の出とともに起床する生活に切り替えました。

昔は「夜明けまでにコレを終わらせないと!」と朝に怯えていたものですが、今ではベランダへ出て朝日を浴びながら体操するのが至福のひとときです』(38歳/2歳男の子のママ)

『それまでは朝方だいたい4時から5時に授乳し、その後再び寝て、気づいたら8時……ということもよくありました。けれど、夏のある日、朝4時半ごろに授乳ついでに窓の外を眺めてみたら、イキイキとした木々が目に飛び込んできて、朝焼けの空の下、ジョギングしている人や散歩している人がいて、とても爽やかな朝の風景が広がっていました。

それ以来、二度寝することに罪悪感を感じるようになり、ある日、意を決して5時前に起床してのんびり家事を始めてみたところ、眠いはずの体はすこぶる調子よく、朝日を見ながら洗濯物を干す清々しさも知りました。2人目が産まれた今も早起きは続けており、出かける前のバタバタとは無縁の生活です』(36歳/3歳女の子、0歳女の子のママ)

筆者の長女は産まれたその日から1歳の離乳まで、夜は2~3時間ごと起きて飲む日々が続いたので、初めての出産からほぼ1年のあいだずっと細切れ睡眠でイライラしがちでした。

その後、2人目を妊娠中に周りのママさん方からよく聞いたのが、「2番目以降の子は日中に自分のペースで眠れないので夜はよく眠る」ということ。

ところが、2人目、その後の3人目も夜は2~3時間おきに起きる子どもだったのです……。

そのころには、「赤ちゃんなんてそんなもの」と思えるようになっていたので、授乳で目覚めたときに外が白んでいたら、とりあえず起きて活動を始めるようにしました。

どんなに眠くても、子どもとののんびりした朝時間が、お互いにとってとても有意義だと実感し続けています。

お弁当を作らねばならない人々の話

『下の子の幼稚園入園を機に、平日は毎日2人分のお弁当を作らなければならなくなったことと、上の子のクラスでキャラ弁やデコ弁がはやっていて、子どもにも「作ってほしい」と言われたことがきっかけです。キャラ弁もデコ弁も、やり始めたら楽しくなってきたので、じっくり時間をかけられるように早起きの習慣も定着しました』(35歳/5歳男の子、3歳女の子のママ)

『毎日旦那と息子にお弁当を作っていますが、以前はいつも時間ギリギリだったので、よそったごはんに焼き魚をドンと置き、前日の残りで隙間を埋めるという、色気も努力もないお弁当でした。そんな堕落した自分への戒めに、インスタを始めることに。

何てことない朝ごはんやお弁当の写真をアップしながらほかの人のインスタを参考にしているうちに、盛りつけやコーディネートにもこだわってもっとオシャレにしたくなり、今ではアイデアを練りながら早めに眠りにつき、早起きしてアイデアを形にしていく、という流れが日課となりました。今では寝坊なんて考えられないし、この先もずっとこの生活を続けると思います』(36歳/5歳男の子のママ)

筆者の長女が通っていた私立幼稚園では、週2回「お母さん弁当の日」がありました。それに加え、当時は夫も不定期にお弁当が必要。

毎日作るのであれば作り置きや冷凍食品も常備していたかもしれませんが、作ったり作らなかったりする日が続くものだから、「明日のストックが何もない!」という事態もしばしば起こりました。

そんな日もできる限りは手作りしたかったので、家族の誰かがお弁当の日には、特に余裕をもった早起きを心がけました。そのうち、お弁当を作らない日でも自然と目覚めるようになり、早起きが定着していきました。

慌てる朝に嫌気がさした人々の話

『朝が苦手なので、以前はとにかく慌ただしくて時間ギリギリの毎日でした。自分の心にも余裕がなくなり、子どもにあたることも多かったです。子どもも落ち着かないままバタバタと登園していたので、園でも泣いたりグズったりすることが多く、悪循環に陥っていました。

そんなとき、いつも穏やかで前向きなママ友が毎朝5時に起きていると聞き、それを見習って私も翌日から目覚ましを5時にセット。最初の何日かはつらかったですが、夜の家事を急いで済ませて子どもと一緒に就寝したら、スキッと目覚められるようになりました』(34歳/5歳女の子のママ)

『朝活やオシャレな朝食に憧れがありましたが、実際は食パンと牛乳、ふりかけごはんだけ、という日もしばしば。子どもにそんな朝ごはんばかりではいけないと思いつつ、なかなか早起きを実践できなかったので、まずはいろんな雑誌やサイトを読んで意識改革からスタート

次にオシャレな食器やカップ、雑貨などを集めて、輸入物のジャムやバターをジャケ買い。最後に、部屋をスッキリ片付けてから寝るようにしたら、2、3日で起きられるようになりました。

パンケーキやハム、卵料理、フルーツなどをワンプレートで出すようにしたら、子どもたちも朝ごはんを楽しみにしてくれるようになり、次の日の朝ごはんのメニューを相談しながらみんなで眠りにつくのが日課となりました』(40歳/7歳男の子、5歳女の子のママ)

筆者はもともと超夜型で朝に弱いタイプ。子どもを寝かしつけた後に映画を見始めてしまったり、読書に没頭したりしてしまうこともしばしばありました。

そんな日の翌朝は、当然つらいものです。「あと5分」「あと3分」「あと1分」……、そんなふうに半分夢の中でスマホのスヌーズ機能を操作しながらやっと起き上がり、慌てふためいて朝食の準備をしながら目覚めてすぐの子どもを急き立ててしまうこともありました。

自分の身勝手に子どもを巻き込んでいることを自覚しては、よく自己嫌悪に陥っていました。そんなだから、朝の気分も毎日どんよりしていました。

子どもの寝ている時間に仕事をするしかなかった

『長年フリーランスで仕事をしています。今春、長女が幼稚園に通うようになって完全復帰したものの、想像以上に仕事ができないことに焦っています。「フリーは時間を自由に使えていいね」とよく言われますが、自由な時間はほんのわずかで、仕事をするにはあまりに少なすぎます。

子どもを迎えに行ってから帰宅後の外遊びに付き合い、夕飯準備から就寝まで一気にこなすと夜8時ごろにはヘトヘト。結局、子どもと一緒に就寝し、夜中3時に起きて朝6時まで仕事……という生活を続けざるを得ません。しっかり眠ることができた日の朝の集中力はすごいんですけどね』(38歳/4歳女の子のママ)

『妊娠後期から在宅に切り替えて自分のペースで仕事ができていたため、出産後もそのペースで仕事を続けられると思っていました。実際、子どもが1人のうちはそれでやっていけました。しかし、2人目を出産すると、上の子のペースに合わせつつ下の子にも振り回される毎日。ちゃんと計画を立てて前もって行動していても、予定はあっさり潰されました。

その後もどんなに頑張っても日中に満足な時間は確保できず、仕方なく夜間に仕事をしていますが、疲れてしまって効率も悪いので、最近少しずつ朝型へシフトしています。そのためにも夜9時には就寝できるように夜の家事を早く終わらせる方法を模索中です』(32歳/5歳男の子、1歳女の子のママ)

筆者も長女が通園するようになり、日中にひとりの時間がもてるようになったタイミングで本格的に仕事に戻りましたが、「子どもがいるから」「家族の都合で」という言い訳は極力したくなかったので、多少の無理も覚悟の上で取り組みました。

しかし、自分が思っている以上に体は毎日疲れていたので、子どもを寝かしつけた後に取りかかる仕事は捗らず、時間をかけただけの成果も実感できず、新しいアイデアも浮かばず、歯痒い思いもしました。

眠気を引きずって仕事するなんて、当然の結果と言えばそうなのですが……。


いかがでしたか?

今では家族が起き出す前の朝時間を存分に活用している方々も、以前は“お寝坊さん”だった方が意外にも多かったので、変化のきっかけとなったエピソードはどれも興味深かったです。

筆者も暗いうちに起き出して仕事に取りかかることがありますが、やはり朝の集中力はすごいです。日中1時間かかる仕事を早朝10分で終わらせる、そんなこともできてしまいそうなほど濃密で貴重な時間を過ごせます。

もちろん、コーヒーを淹れて好きな雑誌をゆっくり読む、そんな過ごし方も贅沢ですよね。

働き方や時間の使い方を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライター紹介

NANARUKA

NANARUKA

美術大学卒業後、出版社で専門誌の企画・取材・執筆・編集に携わり、退社後フリーランスに。10数年にわたり、雑誌やカタログ、ウェブマガジンなどで執筆・編集。その間、3度の出産を経て、現在は小学生、保育園児、1歳児の3きょうだいを育児中。仕事は、妊娠中、出産直前直後、授乳中、料理中、真夜中、早朝、ソファで、ベッドで、キッチンで、旅先で、いつでもどこでもスマホ&ノートで同時進行。子どもたちともっとふれ合いたいし自分の時間もキープしたい。料理にも手をかけたいし部屋も毎日キレイにしていたい。……そんな欲を満たすため、限られた時間を有効に効率よく使うため、日々さまざまなアイデアを模索中。

ライター紹介

神山みき(れんくん)

神山みき(れんくん)

はじめまして! 1児の男の子ママです★ 「ママになっても活躍したい!」という思いから現在、親子でモデルの活動をしています! 子育ての疑問や悩みを皆さんと一緒に共有して、子育てライフを楽しみたいです! よろしくお願いします♡♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る