資産運用

ムダな浪費を防止! 強制的にお金を貯める“先取り貯蓄”の方法3つ

ムダな浪費を防止! 強制的にお金を貯める“先取り貯蓄”の方法3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、金融ライターの齋藤惠です。

貯畜をするのに最も効果的と言われている方法は、給与からの先取り。しかし、わかっていても「続かない」「途中で挫折してしまう」とお悩みの人が多いようです。

そこで今回は、あの手この手で強制的に! お金を貯めるためのアイデアをご提案します。あなたにベストな先取り貯蓄の方法が見つかりますように……!

170717saito

強制かつ長期で貯めたい人には……“財形貯蓄”

“一般財形”“住宅財形”“年金財形”の3種類から選べます。いずれも会社からの給与天引きで、一定期間は払出不可という仕組みなので、“長期的に貯めたい”人におすすめです。

特に住宅財形と年金財形は利子分が非課税になるので税金対策にもなるんですよ!

念のため、注意すべき点も以下にまとめておきますね。

・そもそも会社に財形制度がある、さらに毎月一定の給与が受け取れることが大前提
・一般財形は、一年以上続けないと払出できない
・住宅財形は、住宅購入やリフォーム以外の目的で解約すると税金がかかる
・年金財形は、年金受取以外の目的で解約すると税金がかかる

補足として、会社に財形制度がないという人には、老後資金対策として確定拠出年金への加入がおすすめです。

貯めたい! でも、自由に払出もしたい人には……“自動積立”

“定期積立”、“自動積立”など銀行によって呼び方は変わりますが、毎月決まった日に、決まった金額を給与通帳から貯蓄通帳へ移動してしまえば毎回入金するよりも貯めグセがつきます。

利息は定期預金に比べると少ない場合が多いですが、自動的に貯蓄ができ、しかも自由な払出も可能です。これなら旅費や冠婚葬祭などの急な出費にも慌てることなく対応できますね。

一方で、財形よりも気軽に引き出せてしまう自動積立は、強制的に貯まりづらいとも言えます。そこで筆者が提案するのは「記帳をしないこと!」。

苦肉の策ではありますが、どれくらい貯まったのかを見てしまうとつい使いたくなりませんか?

精神論として、お金を貯めるには余裕資金の存在を忘れてしまうことが有効です。自動積立に入っているお金はギリギリまであてにしない! という気持ちが確実な貯蓄につながりますよ。

楽しく先取りしたい人には……“旅行積立&デパート積立”

旅行、デパートだけではありません。今やさまざまな企業がお得な積立プランを提案しています。

しかも、条件をクリアすれば高い利回りや企業特典なども用意されているのでお得感満載です。銀行で預金がほとんどつかない時代には、こういった新しい方法でお金を貯めることも必要なのかも知れません。

ただし、契約条件や積立用途をしっかり理解しておかないと、後になって特典が利用できなかったり無駄な出費が増えたりという可能性も考えられます。

契約する前に必ず「本当にこの会社の商品(サービス)を使うのか?」とじっくり考えてみることを忘れないでくださいね!

【参考リンク】
財形貯蓄 | みずほ銀行

ライター紹介

齋藤惠

齋藤惠

2015年8月から執筆活動を開始。専業主婦として家事と子育てが生活のメイン。合間にのんびりとコラムを書く毎日。金融機関に勤めていたことから金融知識や社会保障についての執筆・取材依頼が多い。他にも恋愛、結婚、育児、旅行など執筆ジャンルは多岐にわたる。

ライター紹介

坂井由有紀(央将くん)

坂井由有紀(央将くん)

初めての育児でわからないことばかりですが、毎日楽しく! をモットーに子育てを楽しんでいます。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る