友達関係

なぜそんなに叩きたがる? 専業主婦バッシングをする人の心理3選

なぜそんなに叩きたがる? 専業主婦バッシングをする人の心理3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

ネット上だけに限らず、リアルの世界でも、専業主婦をやたらと忌み嫌い、叩く人っていますよね。特に女性に多い気がします。

昔、私の友人の中にもいました。結婚して家庭に入り、専業主婦になった友達を陰でバカにし、「若いうちから専業主婦になるなんて、将来絶対困るし後悔すると思う」「そもそも旦那に養ってもらうとか、プライドないのかな? 私ならムリ」など、言いたい放題。

見かねた別の友達が「人それぞれだし、夫婦間で決めたことならいいんじゃない?」とフォローすれば、「女に働かなくていいなんて言う男、ロクなもんじゃない」と旦那さんのことまで悪く言う始末。

反論すれば自分まで槍玉に挙げられてしまうため、みんなそのときはそれ以上何も言いませんでしたが、だんだんとその友達とは距離を置くようになっていきました。私も今では音信不通です。

では、やたらと専業主婦バッシングをしたがる人というのは、どのような心理なのでしょうか?

実際に専業主婦に対して良い印象を抱いていなかった、または専業主婦の悪口を言ったことがある、という方にお話を聞いてみました。

170707sengyousyuhutataki

(1)心に余裕がないことから生まれる「妬み」

『実は、私自身も「専業主婦なんて家でゴロゴロしてるだけ」とか「せっかく大学まで出たのに働かないなんておかしい」とか言っていました。そのときは、そう言いながら、心の中では「私はこんなに毎日一生懸命働いているのにずるい!」という感情でいっぱいでした。そう、ただの妬みです。小さな子どもを抱えながら働いて、家に帰れば家事・育児に追われ……専業主婦をやっている友達が妬ましくてしょうがなかったんですね。

でも、ある程度子どもに手がかからなくなり、心に余裕ができてからは、そんなこと思わなくなりました。自由に使えるお金もあるし、貯金もだいぶ貯まったし、いろいろな面でゆとりができたんですね。専業主婦叩きをしていたころは、心に余裕がなくて荒んでいて、自分と違う環境にいる人に嫉妬していただけです』(40代女性/会社員)

ほとんどの人がこの「妬み」という感情から専業主婦叩きをしているのだと思います。

「自分はこんなに大変なのに、自分は働かなきゃいけないのに、なんであの人は働かなくていいの?」という一種の八つ当たりですね。

「あなたも私と同じ苦しみ、大変さを味わってよ!」というような怒りも入っているでしょう。

心に余裕がなくなると、どうしてもそういった負の感情が渦巻き、妬みから自分より居心地の良さそうな場所にいる人に当たってしまうのだと思います。

(2)働かなくても生活ができる夫の収入に対する「羨ましさ」や「僻み」

『ぶっちゃけ、妻が働かなくてもいいくらいの収入を旦那さんが稼いでいるということが羨ましくて、羨ましいと思っている自分を認めたくなくて、専業主婦をけなしていました。羨ましいって言っちゃうと負け、みたいな(笑)。だから、「いくら収入があったって、いつ会社が倒産するかもわからない時代に専業主婦でいるなんて、お気楽だよね〜」とか。恥ずかしいですね、反省してます』(30代女性/パート)

経済的に旦那さんの一馬力でも生活はできるけれど、自分自身が仕事が好きで働きたくて働いているという人や、将来のために働けるうちは働いておこうと思っている、というような人たちは、専業主婦バッシングをしないように思います。

本当は働きたくないのに夫の稼ぎが少ないせいで自分が働きに出ている、という気持ちが強い人ほど、専業主婦を羨ましいと思っている傾向が見られます。

それがだんだん「どうせ私なんてお金がないから働いてるだけだし」のような僻みに変わっていってしまうこともあります。

(3)ただ単に専業主婦を誤解していた

『私の母親は専業主婦だったんですけど、私が学校から帰ってくるといつもリビングでソファに横になりながらテレビを見たり昼寝したりしていたんです。その印象が強かったこともあり、私の中で「専業主婦=ヒマ、いつもだらけている、怠け者」というイメージしかなかった。別に、母も一日中そうやっていたわけじゃないと思うんですが……たぶん(笑)。

でも、自分に子どもができて、夫と話し合って3歳までは専業主婦でいようということになり、専業主婦になったんです。そしたら、母の印象と全然違う! 私の要領が悪いのかもしれないけど、1日中やることが多いし、子どもとずっと一緒で頭がおかしくなりそうだし、めっちゃ大変だったんです。自分が専業主婦になってみて初めて、専業主婦を誤解してたなって思いました』(20代女性/専業主婦)

これはわかります。私も自分の母が専業主婦で、子どものころは「うちのお母さん、いっつも寝てばかりいるなぁ」と思っていました。

でも、一人暮らしを始めてから家事の大変さを知りました。友達から、子育ての大変さを教わりました。家事と育児を一人でこなさなければならないとなると、自分の時間なんてなかなかないのではないかなと思います。

そして、私も一時期、専業主婦のような生活を送ったことがありますが、一人で家にいるのがつらかったです。子どもがいないので、一日中誰とも話さずひたすら夫の帰りを待つという生活は、外で働くよりも私にはつらいものでした。


何かと専業主婦を叩きたがる人たちの気持ち、おわかりいただけたでしょうか? もしかしたら、心当たりがある方もいるかもしれませんね。

でも、人は人、自分は自分です。比べるものではありません。

それに、誤解されやすいですが、専業主婦だって立派な仕事です。家族から感謝されたり賃金をもらったりすることがなくても働いているんです。そして、なかなか理解されない苦労や孤独などを抱えている人も中にはいます。

そういったことをわかったら、批判なんてできない、する意味がないということがわかるのではないでしょうか。

「人それぞれいろいろな生き方があっていい」そう思えれば、心も少し軽くなるかもしれません。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

神山みき(れんくん)

神山みき(れんくん)

はじめまして! 1児の男の子ママです★ 「ママになっても活躍したい!」という思いから現在、親子でモデルの活動をしています! 子育ての疑問や悩みを皆さんと一緒に共有して、子育てライフを楽しみたいです! よろしくお願いします♡♡

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る