お祭りやフェスに! 夏にぴったりの“ユニコーンカラーメイク”術

こんにちは、1歳の娘を育てているライターのchocondです。

開放的な気分になれる夏は、海、プール、レジャー、フェス、お祭りなど楽しいイベントが目白押し。

そんなイベントをもっと楽しい思い出にするため、いつもよりちょっと派手なメイクをしてみませんか?

普段メイクとしては中々取り入れにくいユニコーンカラーですが、夏のイベントにはピッタリ。2パターンのユニコーンカラーメイクをご紹介します。

ユニコーンカラーとは?

th_170714chocond

ユニコーンカラーの完全な定義はありませんが、ピンク、ブルー、パープル、グリーンなど複数のカラーを組み合わせグラデーションしたものを指す傾向があります。

幻想的な色合いで人とかぶりにくいため個性的な雰囲気になります。

ユニコーンカラーメイクの方法

(1)ブルー、パープル、ピンクの組み合わせ

th_170714chocond2

アイシャドウの発色を良くするため、まずアイシャドウベースやクリームシャドウを塗っておきます。

上まぶた目頭側にブルー、目尻側にパープルを乗せ、境目をしっかりぼかしてグラデーションになるようにします。

下まぶたは目尻側にピンクを乗せ、目頭側にパールピンクを乗せます。アイライン、マスカラをして完成。

下まぶたにピンク系を乗せるとかわいらしい印象のユニコーンカラーメイクになります。

(2)ピンク、ブルー、グリーンの組み合わせ

th_170714chocond3

(1)同様アイシャドウベースを塗ります。

上まぶた目頭側にピンク、目尻側にブルーを乗せ、境目をしっかりぼかしてグラデーションになるようにします。

下まぶたは目尻側にグリーンを乗せ、目頭側にパールホワイトを乗せます。アイライン、マスカラをして完成。

下まぶたにグリーンやブルー系を乗せるとスッキリした知的さのあるユニコーンカラーメイクになります。

使用アイシャドウ

th_170714chocond4

ピンク、グリーン、ブルー、パープルとユニコーンカラーのみで構成されるアイシャドウパレットは中々売られていません。

今回使用したアイシャドウは88色入ったアイシャドウパレット。メイクがお好きな方であれば一つ持っておくといろいろなメイクに対応できるのでオススメです。


いかがでしたか?

この派手さがクセになってしまうユニコーンカラーメイク。ぜひイベントのときなどに試してみてくださいね。