リメイク

洋服からインテリアまで! “手ぬぐい”のリメイクアイデア3選

洋服からインテリアまで! “手ぬぐい”のリメイクアイデア3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

昔ながらの便利アイテムとして、最近注目を集め始めている手ぬぐい。

少し古くさいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今では100円ショップなどでもその姿を目にすることができます。

使い込むほどに柔らかくなり、速乾性に優れることから清潔に使えるという点が魅力の手ぬぐい。

最近では若い女性や子どもにも受け入れられるようなさまざまな柄のものがあり、選ぶだけでも楽しさを感じることができるでしょう。

シンプルなアイテムだけにその使い道も幅広く、リメイクして活用する人も少なくありません。

今回は、そんな手ぬぐいのリメイクアイデアをご紹介したいと思います。

(1)バッグの持ち手をアレンジ

@xax_kokoaki_xaxさんは、かごバッグの持ち手にダイソーの手ぬぐいを巻いてアレンジ!

持ち手が固かったということですが、こうすることで肌触りも良く、見た目にもグッと印象が変わっていますね。

夏にぴったりなカゴバッグですが、手触りがゴツゴツしていたり、表面がトゲっぽく飛び出してしまったりすることもあります。

しかし手ぬぐいで覆うことでそんな悩みも解消。複数枚を使い分ければカゴバッグを使ったコーディネートの幅も広がりそうですね。

(2)赤ちゃんの甚平作りにも

@micchan1021さんは、手ぬぐい3枚を使って赤ちゃんの甚平を手作り!

かわいい柄も多い手ぬぐいは、ファッションアイテムの材料として使うのにもぴったりです。

綿素材で肌触りもよく、汗もしっかりと吸い取ってくれるため、赤ちゃんの肌に触れるものにも安心して使うことができます。

小さなお子さんは洋服を買ってもすぐにサイズアウトしてしまうため、手作りできればうれしいところ。特に、甚平のように年に数回しか着ないような季節ものならなおさらですね。

生地が薄いため、切ったり縫ったりする作業でも扱いやすいと言えるでしょう。

(3)突っ張り棒と組み合わせてカーテンに

こちらは@menuet69さんのリメイク術。

キッチンにある小窓に取り付けるカーテンとして、鮮やかな柄の手ぬぐいが使われています。

突っ張り棒と組み合わせれば、窓だけでなくお部屋の棚などを目隠しする用途で使うこともできそうですね。

手ぬぐいを付け替えればお部屋の印象をガラッと変えることができ、インテリアとしても楽しめるアイテムになってくれるでしょう。

カーテンと違い、適度に日射しが入ってくるため、部屋が暗くなり過ぎないところもメリットと言えるかもしれません。


いかがでしたか?

この他にも、ティッシュケースのカバーにしたり、袋状に縫ってポーチにしたりと、楽しみ方はさまざま。

また手ぬぐい単体でも使い道は少なくありません。そのまま風呂敷として活用したり、小さく切ってハンカチにしたりすることもできます。

まずはお気に入りの柄を見つけて、自分だけのリメイクグッズを作ってみてはいかがでしょうか。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る