旅行・おでかけ

子どもの放置はNG! ハワイ旅行前に知っておきたい意外な違法行為7選

子どもの放置はNG! ハワイ旅行前に知っておきたい意外な違法行為7選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

もうすぐ子どもたちの夏休みが始まりますね。

夏休みに家族旅行を計画しているご家庭も多いでしょう。ハワイへ行くという方もいるかもしれません。

ハワイといえば昔から日本人にとってはなじみ深く、海外旅行先としては定番の行き先です。

しかし、いくらなじみ深いとは言え、ハワイだって外国。当然ながら日本とは違うルール・法律が存在しています。

そこで今回は、ハワイ旅行前に知っておきたい意外な違法行為についていくつかご紹介します。

うっかり違法行為をして逮捕……なんてことにならないよう、ぜひ覚えておいてくださいね。

170703hawaii

(1)12歳以下の子どもを放置してはいけない

ハワイ州法には、『未成年者の福利を危険にさらした罪』という法律があります。12歳以下の子どもを13歳以上の保護者なしで放置し、危険な状態にさらした場合、保護者が罪に問われてしまいます。

日本では、子ども一人で通学させたり、学校から帰宅後に一人で家で留守番させたりといったこともあると思いますが、ハワイではNGです。

ハワイ旅行の際には、子どもをホテルの部屋に一人で残す、子どもをおもちゃ売り場で待たせて親はショッピングを楽しむ、ホテルのロビーで子どもを待たせて親が用事を済ませる、などの行為はしないようにしましょう。

実際にハワイで子どもを一人にして行動した親が逮捕されたり警察に通報されたりしたという事例もあるようです。

(2)20歳でもお酒・タバコは禁止

日本であれば20歳からの飲酒・喫煙が法律で認められていますよね。しかし、ハワイで飲酒・喫煙が可能となるのは21歳以上です。

お酒を購入する際やお店でお酒を注文する際には、パスポートの提示などが求められますので注意しましょう。

また、お酒が購入できる時間帯も決まっており、朝の6時〜深夜0時までとなっています。

(3)ビーチや路上などでお酒を飲むのは禁止

ハワイでは公共の場で飲酒することが禁止されています。そのため、ビーチや路上、公園などでお酒を飲んではいけません。

ビーチで開放的な気分になり、ビールなんて飲まないよう注意しましょう。

なお、アルコール類を手でそのまま持ち歩くことも禁止です。必ず袋やバッグに入れましょう。

(4)横断歩道がないところで道路を横断するのは禁止

横断歩道がないところで道路を渡ることを、ハワイでは「ジェイウォーキング」「ジェイウォーク」と言って、法律違反になります。

違反した場合は130ドルの罰金が課せられますので注意しましょう。

(5)ビニールのレジ袋は使用禁止

ハワイは環境への意識が高いため、州法でレジ袋の使用が全面禁止となっています。

買い物をすると商品を紙袋に入れてくれるスーパーもありますが、紙袋では持ちにくいですよね。事前にエコバッグを持参するのがおすすめです。

(6)18歳未満の子どもを助手席に乗せてはいけない

ハワイでは、18歳未満の子どもを車の助手席に乗せることもNGです。

レンタカーなどを借りた際には注意しましょう。

(7)ホテルなどのベランダに洗濯物を干してはいけない

ハワイの美しい景観を損ねるという理由から、ホテルやコンドミニアムのベランダに洗濯物を干すことは禁止されています。

旅行中、ついタオルや水着などを干してしまいたくなるものですが、NGなので注意してください。干すときは部屋の中にしましょう。


いかがでしたか?

いずれも日本では普通にやってしまいそうなことばかりですよね。

旅行先では旅行先の国のルールに従うことが鉄則。「知らなかった」では済まされないこともあります。

せっかくの楽しい旅行が台無しにならないよう、旅行前に家族みんなでハワイのルールを学んでおくといいですね。

【参考リンク】
HAWAII REVISED STATUTES ハワイ州法(PDF)

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

香南

香南

会社勤めをしながら、ダンスでイベントに出たり、ヨガのインストラクターの勉強をしています。今回、更なる自分の可能性を広げられたらとの思いで、モデルにも初挑戦しました。よろしくお願いします!

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る