友達関係

結婚はガマン続き!? 既婚女性が独身の友達を「羨ましい」と思う瞬間5選

結婚はガマン続き!? 既婚女性が独身の友達を「羨ましい」と思う瞬間5選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

結婚して子どもがいる人、いない人、独身の人、それぞれにそれぞれの幸せがあり、苦労があります。

けれど、隣の芝生は青いもの。自分と違う生活をしている人を見ると、「ああ、羨ましいな」と思うこともあるでしょう。

特に自分が生活に疲れているときや現状に不満を抱えているときにはそう思ってしまうものです。

既婚女性が独身女性にマウンティングをするという話をよく聞きますが、実は独身女性を羨ましいと思っていることだってたくさんあるのではないでしょうか。

そこで今回は既婚女性たちに、独身の友達を羨ましいと思う瞬間についてお話を聞いてみました。

170703dokusingaurayamasii

(1)夜遅くまで遊んでいられる

『学生時代の友人たちとたまに集まって遊ぶんですが、私は子どもが小さいので遅くても16時くらいまでしかいられません。独身の子たちは夜遅くまで飲んだりカラオケに行ったりして遊んでいられるのを見て、羨ましいなと思います。私もたまには夜遅くまで羽を伸ばしたいな〜って。まあ、ちょっと前までは子どもを夫に預けて遊びに行くなんてことすらできなかったので、今はまだマシですが』(20代女性/専業主婦)

これはありますね。私も結婚している友達同士で遊ぶときは、夕方解散が暗黙の了解になっています。

子どもがいなくても、なんとなく休日に夫を置いて夜まで遊んでいるというのは気が引けてしまうんですよね。

土曜の夜20時ごろ、「今新宿にいるんだけど、出て来れない? ご飯食べようよ」なんて独身の友人からLINEが来ると、「いやいや、こんな遅くから出て行けないって」と思ってしまいますが、昔は土曜の20時なんて余裕で出て行ける時間帯だったんですよね……。

(2)自分のために使えるお金が多い

『うちは夫婦共働きですが、それでも自分のために自由に使えるお金は少ないです。3人いる子どもの教育資金や住宅ローンの繰り上げ返済などで、なんだかんだ貯金に回さざるをえません。独身の友人は服や化粧品、習い事など、自分磨きにお金をかけることができていて羨ましいです。いつまでも若々しい友人に比べて、自分の生活感あふれる感じが惨めになることもたまにあります』(30代女性/会社員)

確かに、結婚すると自分のためだけにお金を使うということがなかなかできないこともありますよね。子どもがいればなおさらです。

目先のことより10年後、20年後を見据えて生活しなければならないため、どうしてもお金の使い方に制限をかけてしまいがち。

その点、独身のうちは自分のためだけにお金を使えるので、美容やおしゃれにも力を入れることができます。

(3)キャリアを積んでいる

『20代後半でデキ婚した私と違って、独身の友達はどんどん仕事でキャリアを積んでいき、バリキャリとして働いています。「私も早く結婚した〜い」なんて言ってるけど、すごく毎日充実してそうでキラキラしてる友達を見ると、羨ましくなっちゃいますね。もちろん、後悔はしていませんが』(30代女性/専業主婦)

出産を機に仕事を辞める女性はまだまだ多いもの。また、職場で産休・育休の体制が整っていても、復帰後に同じポジションで同じように働けるとも限りませんからね……。

(4)家に帰ってからのことを考えなくていい

『私は結婚していても子どもがいないため、残業をさせられることが多いです。でも子どもがいなくても、家に帰ったら晩ご飯を作って、お風呂を洗って、洗濯物を取り込んで畳んで……といろいろやらなくてはいけないことがあるんです。

けど、職場の独身・実家暮らしの同僚は帰ってからやることを何も考えなくていい。晩ご飯も親が作ってくれるし、お風呂も沸いている。羨ましすぎます。どんなに残業で遅くなっても家に帰ればやらなければならないことがたくさんある私と違って、気楽でいいなと思いますね』(20代女性/会社員)

仕事が遅くなっても、友達と遊んでいても、常に「帰ったらあれをやってこれをやって……」と考えなくてはならないのが厄介なところですよね。

だからこそ、結婚後は通勤に余計な時間をかけたくないため、なるべく家の近くで働きたいと考える人が多いのでしょう。

(5)恋愛が自由にできる

『結婚して13年が経ちますが、子どもが産まれてから夫とは子どもの話しかしていません。トキメキなんてもうとっくの昔になくなっちゃいました(笑)。別に浮気願望があるわけじゃないですが、38歳になっても独身で自由に恋愛を楽しんでいる友達を見ると、ちょっと羨ましくなります』(30代女性/パート)

これはかなり個人差があると思います。結婚することでドキドキやトキメキを失っても、恋愛期間中よりもパートナーと落ち着いた関係でいられることを嬉しく感じる人と、刺激がなくなったことに不満を感じる人。

後者の場合、自由に恋愛できる独身の友達を羨ましく思う傾向が強いようです。

また、『結婚したら周りの男性を異性として見られなくなった』という声もありました。


いかがでしたか? 既婚者の方は、共感できることがあったでしょうか。

若いころに結婚して若いうちに出産した人ほど、独身の友達を羨む傾向にある気がします。

それはやはり、他の友達が遊んでいるころに自分は家庭に入っていろいろなことを我慢しなければならなかったからかもしれませんね。

しかし、既婚者には既婚者なりの、独身者には独身者なりの苦労や喜びがあります。他人が羨ましくなったら、自らの幸せだと感じることに目を向けてみるといいかもしれませんね。

●文/パピマミ編集部
●モデル/ゆみSAYA

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る