料理

ポテトだけじゃない! “ハッセルバック”のアレンジレシピ3選

ポテトだけじゃない! “ハッセルバック”のアレンジレシピ3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

スウェーデン発祥のじゃがいも料理であるハッセルバックポテト。

薄くスライスしたじゃがいもを焼いた料理ですが、細かく切れ込みを入れながら切り離さないことで、じゃばらのような形になる印象的な料理です。

味や食感も評判がよく、最近ではじゃがいも以外の食材でこのハッセルバックを楽しむ人が増えている様子。

インパクトある見た目をしているため、インスタ映えも抜群で、SNS上でレシピを披露する人たちも少なくありません。

今回は、じゃがいも以外を使ったハッセルバックのアレンジレシピをご紹介します。

(1)ハッセルバックトマト

出典:https://www.instagram.com/p/BSPy6jiBkgy/

出典:https://www.instagram.com/p/BSPy6jiBkgy/

こちらは@maaiii710さんのお料理。

トマトに切り込みを入れ、その隙間にモッツァレラチーズをIN! 上からバジルソースをかければおしゃれなカプレーゼの完成です。

チーズとトマトを普通に重ねてお皿に盛るのも悪くありませんが、こうすることで食卓が一気に華やかになりますね!

トマトと相性抜群のチーズ。そのままで食べるのはもちろん、こんがりと焼き目を付けるのもおすすめです。

(2)ハッセルバックチキン

@kao_sucre_hevin_ruu2さんは、鶏むね肉を使ってハッセルバックに挑戦。

切れ目を入れた鶏むね肉に粒マスタードを塗り、あいだにミニトマトとエンドウ豆を挟むというアイデアレシピです。

最後にチーズをのせて焼けば、ヘルシーで食欲をそそるハッセルバックチキンのできあがり。

色とりどりの野菜を使うことで、見た目にも鮮やかな仕上がりになっていますね。

(3)ハッセルバックナス

@mirano16さんが作られたのは、ナスを使ったこちらの料理。

切れ目を入れたナスにトマトとイモを挟んだ一品で、この上からチーズをのせて完成とのこと。

普段は土台となるイモを、挟み込む具材として使うことでまた違った食感が期待できそうですね。

3つの食材をうまく組み合わせることで、目にもおいしいアレンジレシピとなっています。

夏が旬のナスだけに、これからの季節にぜひ挑戦してほしいレシピのひとつです。


いかがでしたか?

食材によっては、切れ目を入れる厚さを調整することで味に変化を生むこともできます。

厚く切って食べ応えあるものにしても良し、薄く切って繊細な食感を楽しむのも良し。

まずはうちにある食材を使って、ハッセルバックに挑戦してみてはいかがでしょうか。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る