離婚

お金があってもムリ? 高収入男性と結婚して後悔したエピソード3選

お金があってもムリ? 高収入男性と結婚して後悔したエピソード3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

高収入な男性と結婚して玉の輿に乗る……そんなことを夢見ていた女性、または夢見ている女性は少なくないでしょう。

けれど、高収入な男性と結婚して裕福になったからといって、みんながみんな幸せとは限りません。

収入と人生の満足度・幸福度は必ずしも比例するものではないのです。

そこで今回は、高収入男性と結婚して後悔したという女性たちからお話を聞いてみました。みなさん、どんなことで後悔しているのでしょうか?

170630okanemoti

(1)仕事が第一で家族は後回し

『主人は仕事が忙しくて、子どもの学校行事やイベントにも一切参加してくれないし、休日は仕事関係のゴルフばかり。家族旅行を計画しても、仕事関係の予定や誘いが入ればもちろんキャンセル。

予定のない休日がたまにあっても、子どものことで相談しようものなら「疲れてるからゆっくりさせてくれ。子育ては任せてるから」と言って話を聞いてくれません。家にほとんどいないため、家族で過ごす時間が全くなくて、子どもも寂しい思いをしています』(20代女性/専業主婦)

「家族のために働いてくれているんだから」と頭では理解していても、たまのお休みくらいは家族とゆっくり過ごしてほしいと思ってしまうもの。

そして何より、子どもに寂しい思いをさせてしまうのは、ママとしても心が痛みますよね。

経済的には恵まれていても、家族を大切にしてくれないのでは良いパパとは言えないのかもしれません。

(2)浮気をする

『毎月、夫からは決まった額の生活費を渡されており、その中でやりくりしていますが、残りのお金は私に一切管理させてくれないため、何に使っているのかわかりませんでした。でも昨年、浮気が発覚。浮気相手の若い女性にかなりの額を使っていることがわかりました。

同じように高収入夫を持つ友人の中にも、ご主人の浮気に悩まされている人が多いです。「見て見ぬふりをする」と言って自分は好き勝手に過ごしている友人もいますが、私が渡されている金額では好き勝手できるわけもなく……。浮気がバレても動じない夫に愛情が持てなくなり、今は離婚を考えています』(30代女性/専業主婦)

お金があり、羽振りのいい男性は当然ながらモテます。お金目当てで近寄ってくる女性もたくさんいるでしょう。もしかしたら、妻の座を狙っている女性もいるかもしれません。

結婚してもライバルが多いのは、お金持ち男性と結婚した妻のサガと言えそうです。

浮気をされても、裕福な生活ができればそれでいいと割り切れる人であればいいですが、そうでない場合はつらいですね……。

(3)話が合わない

『私は短大を出てすぐに結婚しました。夫とは15歳年齢が離れています。付き合っているころはお金持ちな彼とのデートが新鮮で楽しくて、お姫様になった気分を味わっていたけど、結婚してからは話が合わなすぎて……。単なる年の差だけでなく、学歴や育った環境なんかも全然違うし、趣味も違う

夫が話す内容や意味も私には理解できない。わからないって顔をすると、「これだから無知なヤツは」とか、「少しは勉強したらどう? 俺の妻として恥ずかしくないの?」とか言われてしまい、落ち込みます。似た者同士な友達夫婦を見ていると、すごく楽しそうで羨ましい。高収入な彼に飛びついた私がバカだったなって思います』(20代女性/専業主婦)

お金持ちの男性が魅力的に見えて結婚しても、一緒に過ごす時間が長くなれば話が合わないことがストレスになる場合も。

そもそも、高収入男性は高学歴であったり実家が裕福であったりする場合が多く、女性も同じようなレベルでないと価値観や話が合わない可能性もあります。

結婚前にそのあたりをじっくり考えなければいけないようですね。


いかがでしたか? 玉の輿に乗っても必ずしもみんながみんな幸せだというわけではないことがおわかりいただけましたでしょうか。

それでも、「お金がないよりマシでしょ」と思う人もいるでしょう。

そのあたりは、個人個人で感じ方が違うので何とも言えませんが、ご紹介した3人の女性のエピソードを聞いても「それくらいお金があればOK」と思える方であれば、高収入男性との結婚に向いているのかもしれませんね……。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

TOYO

TOYO

普段は会社勤めをしており、今回思い切ってモデルに挑戦してみました! 趣味はフットサルと喫茶店めぐりです。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る