生活雑貨

吊るす収納の決定版! 無印の“ひっかけるワイヤークリップ”活用術

吊るす収納の決定版! 無印の“ひっかけるワイヤークリップ”活用術

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

“かゆいところに手が届く”という商品の多い無印良品。「家の中のアイテムは無印で揃えている!」という人も少なくないでしょう。

そんな無印のアイデア商品の中でも特に人気のアイテムが、『ひっかけるワイヤークリップ』

あらゆることに活用できると評判で、その便利さから虜になる人が続出しています。

使い道の幅広さはもちろん、シンプルな見た目からお部屋の景観を邪魔しないのも人気のポイントです。

今回は、そんなワイヤークリップの活用術についてご紹介したいと思います。

無印の“ひっかけるワイヤークリップ”とは

こちらが無印のひっかけるワイヤークリップ。フックとクリップが組み合わさったような形をしており、上部をひっかけてクリップ部分にモノを挟むなどして使います。

見た目もどことなくレトロで、かわいらしさがありますね。

@_miiiho__さんは、ジップロックの袋を乾かすのに活用されているとのこと。“挟んで吊るす”という構造は、不安定な形のものにもしっかりと対応してくれます。

また、ステンレス製で水に強く、どんな場所でも使うことができるのもうれしいポイント。

耐荷重は500gとなっており、ペットボトル1本分までの重量に耐えることができると考えると、さまざまなものを吊るすことができそうですね。

手拭きタオルの使い勝手を向上

@mori_mackyさんは、トイレの手拭きタオルをクリップに留めて使用。

タオルバー全体を使ってかけることが多いと思いますが、こうすることでタオルの同じ場所ばかりで手を拭いてしまうという不満を解消できるでしょう。

また、布同士が重なることがなくなるため、乾きも早くなることが期待できます。

バーを使うのはクリップが設置するわずかな部分のみなので、タオルを使い分けたいときなど、狭い場所に複数のタオルをかけるという使い方もできそうですね。

お風呂場もぬめり知らず

@takaaaeさんは、お風呂場にあるチューブなどを吊るして活用されています。

お風呂場にあるアイテムは、床に置いてしまうとすぐにぬめりが発生してしまい、不衛生な状態になってしまいますよね。

それも、こうやって吊るすことで水気を切りやすくなり、衛生的に保管することができます。もちろん、ステンレス製ですからさびる心配もありません。

床にこまごまとしたモノが散らからないことで、お風呂場全体の掃除もしやくなりそうですね。

保管が難しい帽子もラクラク

@a.a.roomさんは、帽子を見せる収納に。

帽子は形がばらばらで、折り畳んでしまうと型くずれの原因にもなるため、収納に困るアイテムのひとつですよね。

そんな帽子も、このようにワイヤークリップを使うことで簡単に吊るして保管しておくことができます。

お気に入りの帽子をかけておけば、インテリアとしても華を添えてくれそうです。

キッチンでレシピメモを見ながら調理

こちらは@sirono__homeさんのアイデア!

いつも作る常備菜のレシピメモをこのように吊るし、それを見ながら作っているとのことです。

料理をする際は、手が濡れてしまったり調理作業で両手が塞がったりして、レシピをいちいち確認するのが難しいこともありますよね。

しかし、こうすることで簡単に確認することができ、メモが濡れたり汚れたりする心配もありません

また、クリップを2つ以上使って“開いたレシピ本を吊るす”のもおすすめです。本が閉じてしまってあたふたするということからも解放されるでしょう。


いかがでしたか?

この他、台所でスポンジを吊るして水切りをするといった使い方などもおすすめ。

突っ張り棒と組み合わせることで、引っかける部分がない場所にも使えるようになります。

便利で見た目にもおしゃれなこのワイヤークリップ。ぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る