ライフハック

結婚を遠ざけてる? 30代独身女性が見直すべき“男性への条件”3つ

結婚を遠ざけてる? 30代独身女性が見直すべき“男性への条件”3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

普段は「出会いがない」という女性のご相談に乗っております。「そんなに理想が高いわけじゃないんだけど」と言いつつ、いざ男性と出会ってみると彼女たちは落ち込むのです。

「こんな人からしか誘われない。会おうって言われているけど気持ちが乗らない」。

そしてデートをキャンセルしたり、忙しいという空気をにおわせて断ったり。会うけれども「会ってあげた」と上から目線でデートに挑む人も。

その彼女たちが言う「こんな人」というのはどんなものか、よくある事例をご紹介します。

170706kikuno

(1)「ハゲている人だった」「おでこが後退していた」

たしかに「ハゲウェルカム」という女性は珍しいかもしれませんが、ハゲを理由に離婚した夫婦は聞いたことがありません。

20代であれば周りに薄毛の人が少ないのでそう言ってしまうのも仕方ないと思います(20代男性でも10%は薄毛を気にしているらしいですが)。

ところが、「ハゲからアプローチされちゃったよ」と上から目線でいう方はたいてい30代です。あちこちの劣化はお互いさまなのでは?

しばしば「子どもに遺伝したら」とか結婚する前から先々の心配をする悩み製造機型女性がおりますが、禿げの遺伝は母親から受け継がれるらしいですね。

(2)「ダサかった」

男性の服装、外見でNGを言う方は多いです。既婚男性のほうが清潔感がある方が多いように見えませんか?

それは奥様が服を選んで与えているからなんですよ。「妻の服を上から着ているだけ」という既婚男性は多いです。

結婚前はTシャツで平気で仕事に行くような男性も、結婚後は襟付きで通勤するようになります。こだわってボロボロを着ているとか、ポリシーでダサいわけじゃないので、お付き合い後に簡単にカスタマイズできるところ。ここで「ナシ」判定をしてしまうのは惜しい。

完成形の“いい男”を求めず、付き合ってから改良できる条件ならば目をつぶればいいのにね。

男性の外見に厳しい女性ほど、自分は20代から服を買う店が変わっていない30代であることも。自分のブスさは棚上げし、男性の外見ばかり注文を付けるって……そりゃ、出会えないよ。

(3)「同じ会社はない」「社内結婚はなし」

会社の規模にもよりけりでしょうし、結婚後に自分のプライベートが同僚に筒抜けになるかもしれないとかいろいろデメリットもあるのでしょう。とはいえ、その妄想を膨らます前に誰かに告白されたの? と聞きたい。

そう言っていながら、社内で結婚した人を何人も知っています。仮にお付き合いをしてどうしても公私を分けたいというなら、部署異動や転職という方法もあるかもしれない。

それも付きあってから、結婚してから考えればいい話であって、彼氏もいないうちに妄想を膨らまして「社内の男はない」と言わないように。


(2)と(3)に関しては昔、私もやってました。あ~、恥ずかしい。

実際に生活をしていく上であまり関係がない条件にばかりこだわっている残念な方が多いです。

条件の見直しも「妥協はしたくない」ととらえる方が多い。結婚相手の条件の妥協じゃなくて、一緒に生活をするとなったら何が必要なのかという視点で考えて欲しいだけなのだけれど。

ライター紹介

菊乃

菊乃

女性向けエッセイ執筆、セミナー講師。私生活は子なしオタク夫婦。28歳まで女らしいことを全くせず、手抜きを個性と勘違いしていたが、「このままだと一生独りかも」と気が付き、女磨きをスタート。モテ期突入、彼氏ができるその過程をブログで公開したところ、具体的で面白いと人気になり本を出版する。2011年に独立し、執筆活動を行う。著書に『なぜか愛される女がしている73の習慣』(双葉社)など他4冊。

ライター紹介

坂井由有紀(央将くん)

坂井由有紀(央将くん)

初めての育児でわからないことばかりですが、毎日楽しく! をモットーに子育てを楽しんでいます。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る