子供の感受性を育てる

テレビは見せてもイイ? 自宅でできる“ゆるシュタイナー教育法”3つ

テレビは見せてもイイ? 自宅でできる“ゆるシュタイナー教育法”3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

「シュタイナー教育」をご存知ですか?

お子さんに少しでもいい環境を与えたいと願い、さまざまな教育論を調べたことがあるママなら、一度はその名を目にしたことがあるかもしれませんね。

シュタイナー教育とは、オーストリアの思想家ルドルフ・シュタイナーが20世紀始めに提唱した教育方法です。

7歳までの子どもたちは夢の中にいるようなものだとして、音楽や絵画など感性に訴えるアプローチで接することを掲げています。音楽のリズムに合わせて動く「オイリュトミー」というダンス、「にじみ絵」と呼ばれる独特の水彩画法が特徴です。

今回は、都内のシュタイナー系幼稚園で働くG先生(50代女性/幼稚園教諭)から、自宅でできる「ゆるシュタイナー教育法」を聞いてきました。

170627iwa02-compressor

(1)刺激は「子どもが欲してから与える」

シュタイナー教育と聞いて最初に思い浮かぶのが「テレビを見せない」ということ。音や光の出るオモチャ、テレビゲームなんてもってのほか。

遊ぶ道具は、石、木、布、羊毛といった自然素材だけなんですよね。

でも、子育てママならそのハードルの高さはわかるはず。どうしたらいいのでしょうか?

『子どもが求めてくる前に、親が先回りして強い刺激を与えてしまうことを避けてみてください。テレビは、子どもが積極的に見たがっていないなら、あえて見せる必要はありません。プラスチック製のおもちゃも同じ。最初に与える遊び道具は、自然素材のもので十分です。でも、よそで見かけたり、他の子が持っていたりして、お子さん自身が興味を持ったなら、少しずつ与えてもいいと思いますよ』

そうはいっても、家事をやっているあいだに子どもがテレビを見ていると助かるんですよね。

夕方の幼児番組、「ほら! もうすぐ○○が始まるよ! ママ忙しいから、観てて〜!」なんて率先して付けちゃってましたが……それすらNGなんでしょうか?

『そのあたりは、ママの裁量でいいと思いますよ。無理をしてまでノーテレビ育児にこだわり続けることはありません。ただ、7歳までは体のリズムを作る時期です。生活リズムをテレビに支配されないようにするのが大切ですね。大人がテレビなしの生活をしてみせるのも、時には必要です』

なるほど。ということは、大人が観たい番組があるときは、録画をして子どもが寝たあとに楽しむのがよさそうですね。

(2)生活リズムづくりは「ゆるやかに」がコツ

シュタイナーの教えでは、毎日の生活リズムを作ることも重要視されています。

決まった生活リズムを繰り返していくことが、子どもたちの心の調和と安定につながると考えられているからです。

『家庭でも、ぜひ規則正しい生活を送っていきたいですね。まずは一日のスケジュールを組んであげましょう。ある程度大きなお子さんなら、親子で相談しながらスケジュール決めをするといいでしょう』

でも先生、子どもってこっちの希望通りに動いてくれませんよね。

うちの子はいつもノロノロしていて、スケジュールなんか決めても絶対守れません。

守れないことでカリカリしてしまう自分も目に見えてますが、どうしたらいいですか?

『細かく時間を定めてしまうと後がつらいので、最初は起きる時刻・寝る時刻・食事の時間帯をゆるく決めるくらいでOKです。「○時」ときっかり決めるより、30分程度の幅がある「時間帯」でスケジューリングしていくのがおすすめですよ。また、スケジュールを守れなかったときにお互いを罰しないことも重要です。お子さんの様子や発達段階を見極めながら、無理のないスケジューリングに組み直していきましょうね』

(3)子どもに「遊びを教えない」勇気を!

シュタイナー教育で忘れてはいけないのが、オイリュトミーやにじみ絵などの独特な遊び方。

これらは子どもたちの感性を伸ばすためのアプローチ法ですが、家庭で取り入れるにはどうしたらいいでしょうか。

『子どもの遊び方に自由を与えてあげましょう。最近のママたちを見ていると、やり方が決まっているオモチャを与え、子どもが考える間もなく「ほら、これはこうやって遊ぶのよ」と教えてしまっている方が多いんですよね。

中には「その遊び方は間違ってる」とお子さんを叱っている姿も。これでは、子どもたちの感性は育ちようがありません。何に興味を持ち、それをどうするかはお子さんに全て任せてあげましょう。

口出ししないことは、ママたちにはちょっと勇気がいるかもしれません。でも、グッとこらえて見守っていると、子どもの思わぬ発想にこちらが驚かされることもよくありますよ』

つまり、オイリュトミーなど有名な方法論を知って、その形だけをなぞっても意味がないということですね。

そういった各方法論の裏側にある理念をよく理解し、無理のない形で実践していくことこそが重要なのでしょう。


いかがでしたか?

今回G先生に伺った「ゆるシュタイナー教育法」は、特別で特殊な子育て方法ではありませんでした。むしろ、わが国の昔ながらの子育てに通じるところが多くあったように感じます。

生活に無理のない範囲で取り入れていくと、子どもたちの豊かな成長と自立を促すことができるのではないでしょうか。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る