ライフハック

センスを疑う!? 結婚式の引き出物で嬉しかったもの&ガッカリしたもの

センスを疑う!? 結婚式の引き出物で嬉しかったもの&ガッカリしたもの

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

6月といえば、ジューンブライドですよね。「6月の花嫁は幸せになれる」と言われていることから、梅雨の時期にも関わらず、わざわざ6月に挙式を行うカップルも少なくないようです。

そこで今回は、結婚式の“引き出物”にスポットを当ててみたいと思います。

友人や知人、親族などの結婚式に参列した際、必ず持ち帰ることになる引き出物。中身には新郎新婦の個性が出るもので、中には「なぜこれを選んだ……」と思ってしまうようなものが入っていることも。

そんな結婚式の引き出物で「嬉しかったもの」と「ガッカリしたもの」について、体験談をご紹介します。

170626hikidemono

嬉しかった引き出物

カタログギフト

『やっぱりカタログギフトが一番嬉しいです。自分で欲しいものを選べるし、選んでいる時間も楽しいです』(40代女性/主婦)

一番多かったのがカタログギフトという回答。不要なものをもらう心配がないのはいいですね。

性別や年齢が異なるゲスト一人ひとりに喜んでもらえる商品を選ぶのは大変なこと。カタログギフトであればそんな問題も解決できます。

有名店の高級焼き菓子セット

『バウムクーヘンも嬉しかったですが、某有名店の高級焼き菓子セットやデニッシュの詰め合わせをもらったときは嬉しかったです。自分ではなかなか買えないし、家にお客様が来たときにも重宝しました』(40代女性/パート)

日持ちする焼き菓子はよく引き出物に入っていますよね。有名店のものは女性に人気のようです。家族でも楽しめるので、失敗は少ないと言えるでしょう。

ガッカリした引き出物

名前入りの品物

『新郎新婦の名前が入ったタオルは正直、「ないわ〜」と思いました。せっかく上質で素敵なタオルだったのに、名前が入ってしまっていることで、お客さん用としても使えませんからね』(30代女性/主婦)

『私の名前が刻まれた箸が入っていましたが、名前入り箸なんてあんまり使いたくないですよね。新郎新婦の名前よりはマシだと思うけど、子どもじゃないんだから、自分の名前が入っているものに喜ぶとかないですよ』(40代女性/会社員)

多かった回答がこの、名前入りの品物。新郎新婦の名前である場合や、自分の名前である場合もありますが、どちらもウケは良くないようです。

コメントにもあったように、自分の名前が入っている品物に喜べるのは子どもくらいかと思います。

新郎新婦の名前が入った品物は、それを見るたびに二人を思い出すことになります。関係が非常に近しい場合(家族)ならともかく、そうでない場合には「ウザ……」と思われてしまう場合も。

そもそも、名前が入った品物は日の目を見ることなく、しまわれたままになる可能性も高い様子。グラスや湯のみ、食器などは特に使えないという声が多かったです。

新郎新婦の顔写真入りの品物

『二人の写真がプリントされたお皿が入っていてドン引き。母に見せたら、「美男美女ならともかくねぇ……」と苦笑いしていました(笑)』(30代女性/パート)

自分たちの顔写真を入れるという人も少なくないようですね。よほど自信があるのでしょうか。

しかし、もらったほうとしては「どうすりゃいいの」という感じでしょう。名前入りよりも使いにくいと思います。芸能人でもない限りはやめておいたほうが良さそうですね。

どうしても入れたい場合には、お菓子など消えもののパッケージに入れるといいでしょう。

食器セット

『引き出物を渡された瞬間にズシリときて嫌な予感がしたんです。雨の日で、式場があった埼玉から千葉の自宅まで帰ったんですけど、電車の中で泣きそうになりました。まるで足かせをつけられているようで、何の拷問だろうと思いました。自宅で中を見たら、平皿5枚に深い皿が5枚。そしてカタログギフト用の分厚いカタログ。それを見てさらに泣けてきました』(20代女性/会社員)

湯のみセットやティーカップセットなど、重量級のものを引き出物に入れる方も少なくありません。

遠方から来ている人にとっては、こういった重量級の引き出物は本当に困るだけ。車で来ているならともかく、電車で来ている人にはまさに迷惑そのものと言えるでしょう。

ぬいぐるみ・置物

『大学時代の友達の結婚式でもらった引き出物には、くまのぬいぐるみが2体入ってました。しかも、手作り感いっぱい。あとで聞いたら、「仲の良かった友達にだけ、私が作ったぬいぐるみを入れたんだ」とのこと。手作りのぬいぐるみとか、マジでいらないと思いました』(20代女性/会社員)

『外国製のなんか高そうな象の置物が入っていてびっくりしました。いくら高級そうなものでも価値がわからないし、そもそも男の一人暮らしの狭い部屋で、どこに置けというのか……。謎でしたね』(20代男性/会社員)

ぬいぐるみや置物は、趣味に合わない場合、もらってもどうしていいのかわからないものです。置き場所にも困りますし、処分にも困ります。

もらって喜ぶ人はなかなかいない(ぬいぐるみなら子どもがいる人は喜ぶかもしれませんが……)ので、避けたほうが無難です。


いかがでしたか? 意外ともらって嬉しかった引き出物というのは限られているようだということがわかりました。

重い物は持って帰ることが大変なため、嫌われる傾向にあります。もし重い物を選ぶ場合には、引き出物を自宅に宅配してくれるサービスを利用すると喜ばれるでしょう。

これから結婚式を控えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

沖まりね

沖まりね

現役大学生アイドルとして都内の大学に通いながら芸能活動をしています。また、アイドル活動以外にも舞台出演など、幅広く活動中です。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る