家計がピンチのママ必見! 主な家電の買い替え時と安く済ませるコツ

私たちの生活に欠かせない存在である“家電製品”。冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機など、便利すぎてもはや家電がない生活なんて考えられないですよね。

そんな家電ですが、もちろんいつまでも使い続けられるわけではありません。いずれ“寿命”がやってきてしまいます。

基本的に家電は長く使ってもらうことを想定されているので値段も高めです。そのため、使っている家電がボロボロなのに買い替えを足踏みしてしまう人もいるでしょう。

そこで今回は、家電の買い替えのタイミングとコツについてご紹介いたします。

170616kaden2

主な家電の買い替え時期

まずは、私たちがよく使っている家電の主な買い替え時期を見て行きましょう。

(1)冷蔵庫

冷蔵庫の寿命は比較的長く、10〜15年程度が買い替えの目安とされています。

しかし、これはあくまで目安で、物が冷えなくなってきたり、冷蔵庫の中に水がたまってきたりしたときは買い替えが必要です。

このような症状が出ている場合、冷蔵庫内の部品が古くなって十分に稼働しなくなっている可能性があり、普通よりも多く電力を消費してしまうこともあります。

ちなみに、冷蔵庫を長持ちさせるには、物をあまり入れ過ぎないことが大切だと言われています。

(2)テレビ

テレビの寿命は“液晶”“プラズマ”ともに7年程度だと言われています。

バックライトの性能が落ちて画面が暗くなってきたら買い替えのタイミングです。

ちなみに、テレビの進化はすさまじく、もし7年前のものを新しいものに買い替えた場合、年間で約1,500円程度の節電につながると言われています。

なお、テレビの寿命をなるべく伸ばしたいのであれば、用もないのに一日中つけっぱなしにしていたり、ほこり掃除をしなかったりという行動はNGです。

(3)電子レンジ

電子レンジも比較的寿命が長く、10年程度は持つといわれています。ただ、当たり前ではありますが、毎日頻繁に使う人だともっと寿命が短くなる可能性があります。

いつもと同じ秒数で温めているのに中身が十分に温まらない、温まっても部位によってムラがある、などの症状が出たときは買い替え時です。

また、もちろん不審な音がしたり火花が散るような現象が起きた場合も買い替えましょう。

電子レンジを長持ちさせるには、日頃から中を清潔に保っておくことが大切です。内側に汚れがこびりついた状態で使用し続けていると故障の原因になります。

(4)エアコン

エアコンの寿命も10年程度だと言われています。ただ、夏や冬に限らず一年中使用している場合は5年程度で寿命がくることもあります。

温度調節が思うようにいかなかったり、臭いを発するようになったりしたら買い替え時です。

エアコンはほこりや汚れに弱いため、日頃から掃除を心がけることが長持ちのポイントになります。

ちなみに、エアコンも省エネ機能が進化しており、人によっては古いエアコンを新しいものに交換したことで、エアコン代が半分になったというケースもあります。

(5)洗濯機

洗濯機の寿命は平均で8年程度だと言われています。

水漏れが発生したり、汚れを十分に落とせなくなったりしたころが買い替えのタイミングです。

洗濯機も他の家電同様、日頃から掃除などの手入れをすることで長持ちするようになります。

買い替えを安く済ませるために狙いたい時期

家電の買い替えは大きな出費となってしまうことが少なくありません。なるべく安く買い替えたいと思うのは皆同じだと思います。

家電を安く購入するには、家電量販店のセールを利用することがポイントです。

狙い目は“決算期”と“年末年始”の2つ。決算期は在庫の数を減らして売り上げを伸ばすために、売れ残っている古い家電を安く売ることが多いです。そのため、決算セールを利用しましょう。

また、年末年始もセールが行われるホットな時期です。とくに年始に行われる初売りセールは、赤字を承知で値段を下げているものも多くあり、大変おトクです。

家電の買い替えを安くしたい方は、この2つのセールを頭に入れておきましょう。

ちなみに引越しシーズンである3月などは値段を下げずに売られることも多いですので、買い替えの際は避けるようにしましょう。

家電を処分する方法

家電を買い替えたら、古くなった家電を処分する必要があります。

しかし、家電を処分するには粗大ゴミ用の費用を支払うことになります。少しでも安くしたい場合は、新しく家電を購入するお店で下取りしてもらうといいでしょう。下取りの対象にならない場合でも、引き取ってくれることがあります。

また、ある程度使える状態で買い替える場合は、オークションやフリマアプリなどを使って売るのも賢い処分方法です。


いかがでしたか?

家電の買い替えは大きな出費となるため、なるべく安く済ませたいですよね。

そろそろ買い替えの時期かな? と思ったらこの記事を参考にしてみてくださいね。

【参考リンク】
家電リサイクル回収のお申込について | ヤマダ電機

●文/パピマミ編集部