義理の家族関係

まるで嫌がらせ? 義母からもらった“ありがた迷惑”なプレゼント4選

まるで嫌がらせ? 義母からもらった“ありがた迷惑”なプレゼント4選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

人からもらったプレゼントはどんなものでも心がこもっていればありがたいし嬉しい……なんてことはありませんよね。

正直、「なんでそんなものをわざわざくれるかな?」「一度、必要かどうか確認してくれればよかったのに」ということも少なからずあります。

けれど、相手が義母であった場合、どんなものでも笑顔でありがたく頂戴しなければなりませんよね(表向きは)。

また、中には「これって嫌がらせ?」なんてモヤモヤするプレゼントをくれるお姑さんもいるようです。

そこで今回は、義母からもらったありがた迷惑なプレゼントに関するエピソードを20代〜40代の女性たちに聞いてみました。

170615arigatameiwaku

(1)趣味の合わない子ども服

インタビューした中でも多く挙がったのが、子どもに関するもの。中でも子ども服は多かったです。

『くれるのはありがたいんだけど、「なんでそれ? どこで買ったの?」というような色のセンスの悪い服を買ってきてくれます。着せていないと、「こないだ買ってあげた服、着せてないの?」と言われるから、義実家へ行くときには着せて行かないといけないし、気を使いますね』(30代女性/4歳女の子のママ)

『私は北欧テイストが好きで、子どもにもそういったものを着せているんですが、義母は典型的な女の子の服って感じのピンク&フリフリした服をくれるんです。ハッキリ言ってダサいから着せたくないけど、そうもいかず……ありがた迷惑ですね』(20代女性/2歳女の子のママ)

ママの趣味がモロに反映されるのが子ども服。特に女の子の洋服は、「何を着せようかな〜」なんて選ぶだけで楽しいものですよね。

しかし、お姑さんから趣味の合わない子ども服をもらってしまうと、着せないわけにもいきません。ママたちが葛藤する気持ち、わかります……。

対処法としては、「うちの子、こういう服が好きなんですよ〜」とさりげなく自分の趣味の服のテイストを伝えておく、「今度は一緒にお買い物に行きませんか?」と誘ってみる、などでしょうか。

(2)義母が泊まるとき用の布団セット

『結婚したばかりのころ、新しい寝具に買い替えようとしていたところ、「いいお布団は買うと高いから、私が買ってあげる」と言ってくれた義母。ありがたいなぁと思っていたら、届いたのは布団3組。

義母にお礼の電話をすると、「1組は私が泊まるとき用のだから。近いうちに行くから、しまっておいてちょうだいね」とのこと。同じ都内で距離も電車で30分くらいのところに住んでいるのに、泊まりがけで来ようとしていることに恐怖を感じました』(30代女性/子どもなし)

高いお布団を買ってもらったら文句は言えませんね。でも、近場に住んでいるのに泊まりに来ること前提で自分用の布団まで買われると……確かにちょっと怖いです。しょっちゅう泊まりに来られそうですよね。

(3)味付けが好みじゃない手作りおかずや手作りお菓子

『プレゼントというほどたいそうなものじゃないんですけど、うちの義母は料理やお菓子作りが好きで、しょっちゅう手作りのおかずやお菓子をくれます。車で20分くらいの場所に住んでいるので、いつも私が呼び出されて取りに行くんで、それも苦痛だし、何より味が私の好みじゃない

お砂糖が多く使われているから甘くて、子どももあまり食べません。「おいしい」と言って食べているのは旦那だけ……。義母は自分の料理自慢がしたいみたいで、取りに行くたびにレシピを教えてくるし、私もヒマじゃないのでやめてほしいのが本音です』(40代女性/小学6年生男の子・小学2年生女の子のママ)

確かにプレゼントと言っていいかどうかわかりませんが、毎回毎回好みの味じゃないものを取りに行かなくてはいけないというのは苦痛そうです。

料理が好きな人って独創的な味付けやレシピの料理を作りたがるので、好みに合わないとなかなか迷惑なものになってしまうんですよね。

でも、旦那さんにとっては食べ慣れたおふくろの味。旦那さんのためだと思って我慢するしかないかもしれません……。

(4)場所をとるだけの食器類

『某女優さんがデザインしたという和食器セットをもらいましたが、明らかに義母も誰かからもらっていらないからくれたと思われるもの。サイズも中途半端で使い道に困るし、夫婦二人なのに5セットずつくらいあるし、狭いわが家では邪魔でしかなかったです』(30代女性/子どもなし)

夫婦二人で大量の食器セットは迷惑以外の何物でもないですね。特に賃貸の場合はキッチンも狭いですから、収納場所に困ります。引越しのたびにそれを持って移動しなければならないのも面倒です。

そして、自分がもらっていらないものをお嫁さんにあげるというのも、なかなかありがちな気がします。まさにありがた迷惑! ですね。


いかがでしたか? みなさんにもひとつやふたつ、お姑さんからもらった「ありがた迷惑」なものがあるのではないでしょうか。

それでも、お姑さんにしてみたら善意であげているものですので、もらう際には気持ちよく受け取りましょう。そして、たまにはお返しも忘れずに……。それが義母との良い関係を保つコツです。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

倉本麻貴(和くん)

倉本麻貴(和くん)

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る