お風呂で一緒に挑戦! プールが苦手な子どもの水慣れ練習法3つ

そろそろ、園や学校でプール活動が始まる季節ですね。

濡れてもへっちゃら、泳ぐの大好き! というお子さんならいいけれど、水が苦手なお子さんだとかなり憂鬱でしょう。

幼稚園や保育園の中には、夏になると毎日プールに入るところもあります。「今日もプール、いやだなぁ」なんて呟きながら登園するわが子を見るのは、ママにとってもツラいですよね。

子どもたちが楽しく夏を過ごせるためにも、何とかして水に慣れさせたい。何か方法はないの?

そんな悩めるママたちの声に応え、今回は子どもの水泳指導にあたってきたコーチや先生たちから、お家でできる水慣れ練習法を伺ってきました。

どれもお風呂で楽しみながらできることばかり。どうぞ参考にしてくださいね!

170613iwa02-compressor

(1)まずは耳をつけてみよう

『早く泳げるようになってほしいと焦りすぎて、いきなり「水に顔をつけてみて!」と求めてしまう親御さんはとても多いです。でも、子どもにとってそれはとても難しいこと。顔つけって、目・鼻・口がいっぺんに水に入るわけですから、怖いのは当たり前なんです。

僕たちのキッズクラスでは、最初に「耳つけ」を教えています。湯船に入ったら、首を左右に傾けさせましょう。最初は空中で。だんだんと傾ける角度を大きくして、お湯に近づけていきます。

耳がちょんとお湯につけられたら合格です。たくさん褒めてあげてくださいね』(20代男性/キッズスイミングスクール講師)

こちらの先生いわく、水中で最も制限されるのが視覚と聴覚なんだそう。

確かに水の中ではよく見えませんし、耳もボワーっとして聞こえにくくなりますよね。この見えなさ・聞こえなさを怖がっているなら、慣れさせてしまえばいいというわけ。

とはいえ、いきなり目をつけるのは無理なお子さんも多いもの。そこで、比較的簡単な耳つけから挑戦させて「水の中ではこんな感じになるけれど、怖くないんだよ」ということを教えていくんですね。

耳つけを促すには、ママの声掛けも大事でしょう。「あれ? お湯の中から音が聞こえる〜」なんて言いながら、まずはママがお湯に耳をつけてみるとよさそうです。お子さんもきっと、興味を持って真似してくれますよ。

(2)じょうろでお湯をかけてみよう

『顔に水がかかることに慣れさせましょう。子どもたちが大好きなアイテム、じょうろを使うといいですよ。まずはじょうろのお湯を、すこしずつ体にかけます。慣れてきたら肩、顔、そして頭という感じで上がっていきましょう。

お湯をかけられると誰しもうつむいてしまいがちですが、できるだけ前を向いていられるように促してください。最初のうちは、目をつぶっていてもOKですよ』(30代女性/幼稚園教諭・幼児体育指導者)

なるほど、じょうろを使えば楽しく水慣れできそうですね。じょうろがなくても、ペットボトルに穴を開ければ即席じょうろの完成です。

2L飲料やお酒の大きなボトルで作ると、迫力満点のじょうろができますよ。

もしお子さんがお湯をかけられることを怖がったときは、お花ごっこをとりいれてみてもいいでしょう。

ママとお子さんが交互にお花役となり「お水をあげましょう〜」と言いながらお湯をかけっこすると、スムーズにいきそうです。

(3)水中では息を吐くと教えよう

『だんだん水に慣れてきたら、口をつけていきます。このとき、水中では息を吐くこともセットで教えてあげてください。オススメは、「ろうそく1本」という練習法。

ママが人差し指を立て、それをろうそくに見立てます。「ろうそく1本、ふ〜♪」という声掛けとともに、ろうそくを消すイメージでお子さんに息を吐かせます。

ママは少しずつ指を下げて、お湯の中に入れてみてください。ろうそくを消そうとして、子どもは口をお湯につけ、息を吐きます。口がお湯に入れられたら、次は鼻まで入るように挑戦してみましょう』(30代男性/キッズスイミングスクール講師)

水の中で思わず息を吸ってしまい、鼻や口に水が入ると苦しいんですよね。水慣れしていないうちにこの苦しい経験をしたことで、プールが苦手になってしまうお子さんも多いでしょう。

水に入るときには息を吐くこと。最初からセットで体に染み込ませておくと、恐怖心が薄らいでいくのでしょうね。


ちいさなお子さんはまねっこが大好き。どの練習法を試すにしても、まずはママが楽しく実演してみせるのがポイントです。

もちろん、ちょっとでもできたら思い切りホメてあげましょう。

お子さんが楽しく水遊びをできるよう、いっぱいの愛情をもって応援してあげてくださいね。

●文/パピマミ編集部