エンタメ

内村光良vs松本人志! まだまだ現役で面白いと思う芸人はどっち?

内村光良vs松本人志! まだまだ現役で面白いと思う芸人はどっち?

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

日本テレビの人気番組『世界の果てまでイッテQ!』の視聴率が5週連続で20%超えを記録し、話題となっていますね。

番組の企画が面白いというのはもちろん、MCを務める『ウッチャンナンチャン』の内村光良さんの存在も大きなところではないでしょうか。

お笑いに限らず、俳優や映画監督としても才能を発揮するなど、長きにわたって芸能界の第一線で活躍し続けています。

一方、『ダウンタウン』の松本人志さんも時代を作った一人と言え、今でも多くの番組で活躍を続けていますね。

そこで、パピマミ読者のみなさまに「内村光良と松本人志、まだまだ現役で面白いと思うお笑いタレントは?」という二択アンケートを実施しましたので、その結果を発表したいと思います!

170609nitaku

内村光良vs松本人志! まだまだ現役で面白いと思うお笑いタレントは?

・内村光良……56%(83人)
・松本人志……44%(65人)

※有効回答者数:148人/集計期間:2017年6月6日〜2017年6月8日(パピマミ調べ)

内村光良さんを選んだ理由

『どんな番組もウッチャンがいると間違いなく面白くなる! 周りの芸人さんを活かすのもうまいと思うし、これからもずっと現役でい続けるんだと思います』(30代女性/事務)

『コント番組が大好きで、いつも笑わせてもらってます。下品な笑いじゃなくて万人が楽しめる笑いというのがいいと思いますね』(40代女性/主婦)

お笑いでの功績はもちろん、その人柄から幅広い世代に人気の高い内村光良さん。

さまざまな番組で活躍する姿を目にするものの、お笑い芸人としてガツガツとした態度を見せることはなく、その振る舞いは上品さが感じられるほど。

ベテランになってくると、番組でネタを披露することがなくなってくる芸人さんが多い中、NHKで放送されているバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』などでコントを続けていることも評価されているようです。

ちなみに“ショートコント”という形式を作ったのは内村さんだと言われているようで、日本のお笑い界への影響も大きいと言えるでしょう。

特に、周囲を活かす司会業などにも定評があり、多くの番組をヒットさせてきた功績もあります。

コント師としての実力は松本さんも絶賛するほどで、いまだ笑いに対する姿勢に衰えるところはないようです。

松本人志さんを選んだ理由

『松ちゃんにかなう人はいないでしょ。ネタをすることはなくなったけど、ガキの使いでは2人のトークも復活したし、まだまだ現役から退く様子はないですよね』(40代男性/営業)

『小さいころから大好きで、今も昔と変わらずに面白い! ちょっとしたコメントでも他の人は考えつかないようなことを言うし、天才だと思います。できればもう一度漫才を見たいですね』(30代女性/販売)

お笑い界の頂点に君臨すると言っても過言ではない、ダウンタウンの松本人志さん。

テレビで活躍する人気芸人の中にも、松本さんに憧れてお笑いを目指したという人は少なくないでしょう。

また、お笑い以外に映画監督としての才能も発揮し、さまざまなことに挑戦する姿勢はいまだ健在です。

先日は長年放送を続ける『ガキの使い』でのフリートーク復活が話題となり、賛否両論あったものの多くの視聴者を楽しませました。

最近ではコメンテーターとしての姿が目立つなど、コントや漫才からは離れていますが、番組内で見せるキレのあるコメントは衰えるところを知りません。

もう一度、漫才やコントをする姿を見てみたいものですね。


いかがでしたか?

ライバルとして語られることも多い2人ですが、実は深い絆で結ばれているというエピソードもあり、仲の良さがクローズアップされることもあります。

同じ時代を戦ってきた2人だけに、戦友・同士という思いもあるのかもしれませんね。

50歳を超えて今なお現役の2人。これからもお笑い界に多くの笑いを生みだしてくれるのではないでしょうか。

【参考リンク】
【二択アンケート・結果】内村光良vs松本人志! まだまだ現役で面白いと思うお笑いタレントは?

●文/ぶるーす(芸能ライター)

ライター紹介

杉村智子(まさとくん)

杉村智子(まさとくん)

笑いの絶えない毎日を目指しています♪ 子育てをしながら、ママも赤ちゃんも楽しめてhappyになれるように頑張ります♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る