子育て関連情報

実は最強の遊び!? ごっこ遊びから気付く子どもの成長のポイント2つ

実は最強の遊び!? ごっこ遊びから気付く子どもの成長のポイント2つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。子育て支援を専門にする臨床心理士の今井千鶴子です。

お子さんはどんな遊びが好きですか? ある調査では、幼児が最も好きな遊びとして“ごっこ遊び”が報告されています。わが子も毎日のように恐竜ごっこやお医者さんごっこをして遊んでいます。

このように、子どもたちに大人気のごっこ遊びですが、実は子どもの成長にとっても“最強の遊び”といえます。

ただ、そうはいっても「ごっこ遊びを一緒にするのがつらい」というママの声もよく耳にします。

ママがごっこ遊びをつらいと感じる理由はさまざまですが、“ごっこ遊びの様子からお子さんの成長に気づく”という視点をもつことで、ごっこ遊びへの意識がガラリと変わることもあります。

そこで今回は、ごっこ遊びにスポットをあて、ごっこ遊びからお子さんの成長に気づくための2つのポイントをご紹介します。

170613imai

(1)見立て遊び

初めは、実物さながらのおもちゃを使って遊んでいた子どもも、発達が進むにつれて、“身の回りにある別のもの”を本物に見立てて遊ぶようになります。

たとえば、戦いごっこといえば、初めのうちはウルトラマンや怪獣のフィギュアを用いて遊んでいた子どもも、次第に身の回りにある別のもの(例:スマホはウルトラマン、ペンは怪獣など)にその役割を与えて遊ぶようになります。

ママから見ると、スマホとペンが戦っているわけですが、子どもの心の中ではウルトラマンと怪獣が戦っています。

このような身の回りにある別のものに役割を与えられるようになった子どもは、“表象”を理解しているといえます。このような力は、子どもがさまざまな抽象的概念を理解するうえで役立つことがわかっています。

そう考えると、実物さながらのおもちゃをたくさん与えるよりも、ある時期がきたら“見立て遊び”ができる環境を意識することも大切なのかもしれません。

(2)視点取得

ごっこ遊びで役柄を演じるときには、“視点取得(してんしゅとく)”という相手の視点に立ち理解することが求められます。

「ママだったら、こうするな」「パパだったら、こう言うな」など、相手の視点に立つことで、人の気持ちがわかるようになっていきます。

また、お子さんが一人二役を演じている場面を見たことはありませんか?

実は、このようなおもちゃなどに役柄を与え、1人が2つ以上の役割を演じることはすごいことなのです!

この遊びは、たくさんの視点取得を使いながら、それを切り替えたり、ストーリーを作ったりしながら進めていくので、状況や文脈を客観的に理解する力を育てます

さらに、役柄を演じるときには、子どもがその役柄をどのように認識しているかもわかります。たとえば、母親役をしている女の子が、怒ってばかりいる母親を演じている場合は、普段から母親をそのような視点で認識していることを伺い知ることもできます。

「ごっこ遊びから家庭の様子がわかる」とも言われるほどです。この話を聞くたびに私も親として気をつけなければ……と思います(笑)。

この他にも、ごっこ遊びが言葉の発達や感情の豊かさにつながることも指摘されています。このことからも、ごっこ遊びが子どもの成長にとって大切な遊びであることがわかるのではないでしょうか。


いかがでしたか? 今回は、ごっこ遊びにスポットをあて、ごっこ遊びの様子からお子さんの成長に気づくためのポイントをご紹介しました。

すべてのお子さん、そしてママが笑顔あふれる毎日を過ごされますよう心より願っています!

【参考リンク】
村田光範,内山聖,岡田知雄,加賀谷淳子,本田悳,松岡優 幼児が行っている遊びの種類に関する調査.厚生省心身障害研究「小児期からの総合的な健康づくりに関する研究」効果的な運動及び体力向上の方策に関する研究,平成9年度報告書,15-18, 1998.(PDF)

ライター紹介

今井千鶴子

今井千鶴子

短大卒業後、一般企業に就職。退職後、オーストラリアの小学校にてボランティアの日本語教師アシスタントを経験。オーストラリア滞在中に臨床心理学に興味を抱き、帰国後大学進学を決意。一念発起で受験勉強をし、25歳で早稲田大学人間科学部に入学。その後2007年に臨床心理士、2009年に博士学位を取得する。専門は認知行動療法。現在は「楽しく子育て」をモットーにいくじ(育児・育自)に関するサポートを行っている。また、勉強への興味が乏しかった幼少期の経験をもとに、子どもたちが「楽しみながら学ぶ」ための活動も展開中。2児の母。

ライター紹介

NANAMI(RIRIAちゃん)

NANAMI(RIRIAちゃん)

1児の女の子のママです♡ 可愛らしいファッションが大好きなので娘とのリンクコーデをいつも楽しんでいます。いつか子連れOKのポーセラーツの自宅サロンを開くのが夢です♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る