メイク

もう戻れない! “シリコンパフ”のメリットと使うときのコツ

もう戻れない! “シリコンパフ”のメリットと使うときのコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

さまざまなアイテムが続々と登場するメイクの世界。

少しでも良いモノを使いたいと、女性もアンテナを張り巡らせているのではないでしょうか。

そんな女性たちに最近人気を集めているのが“シリコンパフ”というアイテム。さまざまなメリットがあるとして、いま日本でも注目を集めつつあります。

今回はそんなシリコンパフの魅力についてご紹介したいと思います。

シリコンパフとは

こちらの写真は@yumi.75さんがお使いのシリコンパフ。

通常ファンデーションを顔につけるときはスポンジ状のパフを使いますが、それがプルプルとした感触の“シリコン”でできているものがシリコンパフです。

もともと海外で人気を集めていたアイテムで、使いやすいと評判なことから日本でも使う人が徐々に増えています。

リキッドファンデーションなど液状のものであれば幅広く使うことができるため、スキンケアのお供として使う人もいるようです。

シリコンパフのメリット

(1)ファンデーションをムダにしない

こちらは@sakistagram_pinkさんのお写真♪ 同じ量のファンデーションとり、それを手の甲にそのまま塗ってみたときの結果です。

上から「シリコンパフ」「スポンジ」「手」の順になっています。

スポンジはファンデーションを吸い込んでしまうため、実際に塗るときにはご覧のようにかすれ気味に。

それに比べてシリコンパフは、手でそのまま塗ったときと同じような化粧ノリになっていますね。

実際にシリコンパフを愛用している人たちも、「少量でも伸びがいい」「薄付きだから自然に仕上がる」と高評価です。

ただし、普段使っているスポンジと同じようにファンデーションを取ってしまうと付く量が多くなりすぎてしまうため、最初のうちは「少ないかな?」程度にするといいかもしれませんね。

慣れてくると、薄付きのナチュラルメイクに仕上げることができます。

(2)衛生的

シリコンパフの最大の特徴は、素材がシリコンであるということ。

水分を吸収しないため、使ったあとはハンドソープやクレンジングなどで簡単に丸洗いすることができ、タオルで軽く拭き取るだけでOK! とても衛生的です。

これがスポンジパフだと、洗うのも面倒ですし、乾きが悪いためいつまでも使うことができずにイライラしてしまうこともありますよね。

さらにシリコンパフは何度も繰り返し使うことができるため、スポンジのように劣化する心配が少なく長持ちするというのもうれしいポイントです。

(3)かわいいデザイン

こちらは@aya.y0228さんがお使いのシリコンパフ♪

透明でしずく状の形をしたものが多いですが、中にはカラフルな色使いやハート型のもの、さらにはかわいらしい装飾がほどこされたものまで。

毎日使うアイテムだけに、手に取って楽しくなるようなデザインであることはうれしいポイントですよね。

まだ店頭で見かけることは多くありませんが、通販サイトなどを見てみるとお気に入りのシリコンパフが見つけられるかもしれません。

シリコンパフを使うときのコツ

シリコンという性質上、表面がつるつるとしているため、クッションファンデのようなファンデーションとはあまり相性が良くないようで、うまくパフに付かないということも。

また、柔らかな素材とはいえスポンジほどの柔軟性はないため、小鼻などの鼻周辺は苦手なこともあります。

顔の広い面はシリコンパフを使い、細かな部分はスポンジを使うなど、パーツによって使い分けるとキレイな仕上がりになるでしょう。

それでも全てをスポンジパフで行うよりは、ファンデの節約になるはずです。

また、液体状のものであればリキッドファンデーション以外に、クリームチークやコンシーラーなどにも使えるため、ベースメイクに幅広く活用するのも良いですね。


いかがでしたか?

まだまだ知らない人も多いシリコンパフですが、最近では東急ハンズやドンキホーテなどで売られているのを目にすることができるようになりました。

使う人が増えていけば、もっと手軽に手に入れられるようになるかもしれませんね。

うまく使いこなして、快適なメイク生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る