行事・祭事・イベント

光りやすい条件は? “ほたる”が見られる時期と鑑賞スポットの探し方

光りやすい条件は? “ほたる”が見られる時期と鑑賞スポットの探し方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ママライターのパピルスです。

最高気温が30度を超えたというニュースがちらほら聞かれるようになってきました。春から夏へ移り変わるこの季節の風物詩といえば、「ほたる」ですね!

田園に囲まれた地域で育った筆者は、小さなころからほたるを見るのは毎年恒例のお楽しみでした。今回は、ほたるを見られるスポットや鑑賞の豆知識などをご紹介します。

170606papirusu

ほたる、見たことありますか?

筆者の周囲の方に、「ほたるを見たことがありますか?」と聞いてみました。

『いまだに直にほたるが光るのを見たことはありません。都会育ちだったので』(40代男性/会社員)

『水族館のほたる鑑賞イベントで初めて見ました。天然のほたるが一斉に光る景色をいつかは見てみたいです』(40代女性/主婦)

『ほたるを見てみたいと思うのですが、どこにいつ行けば見られるのか、どんなところで見られるのかがわからない』(30代女性/会社員)

ほたるに馴染みが薄いという意見が多かったです。

ほたるが見られる時期はいつごろ?

いくらほたるが見られるスポットと言っても、ほたるが見られる時期に訪れなければ、ほたる鑑賞は難しいです。だいたいの鑑賞時期を知っておくことは大切です。

気象庁の『ほたるの初見日の等期日線図』という資料を参考にすると良いですね。

この資料は1981年~2010年に『へいけぼたる』か『げんじぼたる』が初めて発光しながら飛んでいるのが観測された日の平均から作られた図で、桜前線のほたる版をイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

これを見ると、ほたるの初見日が南から北へ徐々に北上していくのがわかります。

関西は5月31日ごろから6月10日ごろ、関東は6月10日ごろから20日ごろが初見日の年が多いようです。

だいたい初見日から10日〜14日後くらいがピークと言われています。

ほたるに出会える確率を増やすためにできることとは?

ほたるは自然の生き物ですから、いつ行っても美しく光る姿が見られるというわけではありません。ほたるが光りやすい条件が揃ったときが鑑賞のベストタイミングなのです。

それは、時間帯と天気によって変わります。ほたるが光るのは夜ということはどなたでも見当がつくとは思いますが、中でも遭遇率が高いのは、夜8時~9時と言われています。

また、天候で言うとカラッと晴れた日の夜よりも、蒸し暑く湿度が高い日の夜によく光るようです。

筆者の経験から言っても、確かにそうでした。風が強い日や雨降りの日は適していません。涼しい日もあまり出てこないようです。

蒸し暑くて、風がたまに吹くくらいが最高です。風が吹くとその風の刺激でなのか、ほたるが一斉に光ったり、止まっている草が揺れたりして、それはそれは美しいです。

ほたるの鑑賞スポットを探す方法は?

どんなところでほたるが見られるのでしょうか? まず一番行きやすいのは各地の公園で行われている「ほたる鑑賞イベント」です。

インターネットで検索するとさまざまな公園で行われているイベント情報を入手できます。ほたるをどこに見に行けば良いかわからない、という方にはおすすめです。

有料にはなりますが、駐車場も完備されていたり、トイレなどの問題もないので安心ですね。

また、旅行会社が主催する「ほたる鑑賞ツアー」に参加するという方法もあります。こちらはホテルや旅館に宿泊するコースとほたる鑑賞と夕食のセットコースなどがあります。

一番身近なのは、近所のほたる発生ポイントに出向く方法です。

地元に有名スポットがある場合は、季節になると地元新聞に「ほたるが見ごろ」といった記事が掲載されるようなこともあります。

小川の岸辺や田んぼの水路脇の草むらなどが多いですね。近所に水場があれば、畑や公園などの草が多い場所に飛んでくることもあります。

ただし、こちらの場合は駐車場が近くにない場合もありますので、路上駐車や迷惑駐車をしないように気を付けてください。また、うっかり私有地に入ってしまうことのないようにしましょう。

ほたるは生き物ですから、大きな声で騒いだり、光で照らしたりすると警戒して光らなくなります。静かにマナーを守って鑑賞してくださいね。


いかがでしょうか? ほたるが見られるのもほんの一時期だけです。だからこそ見られたときの感激はひとしおですよね。

筆者の実家の庭にはほたるがよく迷いこんできていました。そっと掌で囲ってジャムの瓶に草と一緒に入れて、霧吹きで水分を与えて、瓶の口をガーゼで覆います。そして、一晩枕元でほたるが光るのを楽しんだものでした。

次の日の朝には、いた場所にそっと帰してあげました。そんな子どものころの思い出は今でもはっきり覚えていますよ。ぜひ多くのお子さんにほたるの輝きを直に見てもらいたいなと思います。

【参考リンク】
ほたるの初見日の等期日線図 | 気象庁(PDF)

ライター紹介

パピルス

パピルス

初めましてパピルスです。23歳で結婚して転勤族の妻、いわゆる「転妻」に。以来関東、関西、四国を平均2年毎に転々とする引越生活に突入。途中、夫の長期出張に帯同し、乳飲み子を抱え3か月毎にウィークリーマンションを転々とする日々も1年間経験。独身時代からの引越と長期滞在を合わせると、10都道府県、13市町村に居住。引越は合計8回に。自身の引越経験を元に、引越準備や引っ越し後の生活の作り方、人間関係、親子関係などを中心に執筆活動中。1児(男の子)の母。

ライター紹介

神山みき(れんくん)

神山みき(れんくん)

はじめまして! 1児の男の子ママです★ 「ママになっても活躍したい!」という思いから現在、親子でモデルの活動をしています! 子育ての疑問や悩みを皆さんと一緒に共有して、子育てライフを楽しみたいです! よろしくお願いします♡♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る