子育て体験談

子連れ批判が多すぎ!? ママたちが日々「子育てしづらい」と感じる点5つ

子連れ批判が多すぎ!? ママたちが日々「子育てしづらい」と感じる点5つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのamuです。

混雑した場所でベビーカーを押すのは、マナー違反か否かというベビーカー論争一つを見ても、子育てしづらい世の中になったなという気がします。

マナーを守るのはもちろん大事なことですが、子連れで電車に乗るときなど、過度に緊張してしまうママも多いようです。

そこで今回は、今の日本で子育てしづらいと思う点をママさんたちに聞いたのでまとめてみました。

170602amu

(1)お金がかかる

『昔より習い事も多種多様。子どもたちの意識も高いから、誰々はどんな習い事をしているということも知れ渡っている』(30代、小5女の子のママ)

教育、娯楽、何にでもお金がかかるようになりましたよね。だいたいの子が習い事をしていて、一人でいくつも習っている子もいます。

わが家も、できないよりできるほうがいいかなという思いで、娘にはたくさん習い事をさせましたが、ふと「クラスに何人もピアノを習っている子がいて、週1しか通わず、将来役に立つのかな」と思ってしまうことがあります。

昔は、習い事を2つ以上している子は大変そうと同情の目で見られていたくらいだし、小学生で塾に行っている子なんて、ほとんどいなかったのにな……。

(2)安全に遊ばせられる場所が少ない

『昔のほうが犯罪件数は多かったと聞いてもピンとこない。幼い女の子の誘拐事件などの報道を見ていると、外で遊ばせたくない』(30代、小1女の子のママ)

声をかけるだけで変質者扱いされてしまう世の中だから、挨拶や交流をするのもNGなんですよね。いざというとき、目撃情報が少なくて当然です。

防犯カメラなんて、後からしか役に立たないし……。また、ボール禁止などの公園も多く、遊具もどんどん撤去されてしまうので、子どもを連れていきたい公園も少なくなりました。

(3)情報過多

子連れ批判や子ども嫌いを公言する人が増えた。ママ友もドラマの影響で「群れる」「大人げない」と叩かれるなど、嫌な情報が多い』(30代、小1女の子のママ)

『子どもの画像をSNSに載せられちゃうのも、なかなか慣れない』(30代、小5女の子のママ)

載せていいか聞いたり、写真をコラージュして小さくしたり、顔にスタンプを入れたり、配慮が必要ですよね。

(4)PTA

『昔は専業主婦も多かったし、やりたい人がやる印象だった』(30代、小5男の子のママ)

今は、PTA役員は赤ちゃんがいても仕事をしていても無関係、また全員が何かしらのクラスの係を請け負うことになっているところが多いです。スマホやLINEで簡単につながれるぶん、逃げようもなく……

仕事と役員の両立で、ついイライラして子どもにキツくあたってしまったという声もありました。

私の学校では、一度PTAの執行部役員になると、今後兄弟がいても永久免除という方針になり、以前よりすんなり決まるようになりましたが、ママ友はくじ引きで郊外役員長になってしまい本当に大変そうです。

半年周期にしたり、人数を増やしたり、PTA室にパソコンを置いてプリント作成から印刷まで一度にできるようにしたり、もっと楽にできるようにしたらいいのにな……と常々思います。

(5)預けるところがない

『保育園や学童保育が不足しているし、保育料も高い。家に持ち帰って仕事をしたり、うまくできたらいいと思う』(30代、小1男の子のママ)

仕事を休みづらいというのも、働きづらさの一つですよね。職場に託児所や、小学生がいられる図書室や勉強室を作る、昼休みを取らないかわり一時間早く帰れるなど、対策してほしいと思います。

ライター紹介

amu

amu

内気な文学少女が、ガングロギャルや社会人を経てママに。SNS、オフ会、幼稚園、小学校役員、習い事、ママチアにママバスケ、友達の友達……と輪が広がっていき、気づけばママ友100人できました。春夏秋冬、口実を見つけては飲んでいます。飲酒時は、どこまでもハッスルし伝説を残すため、ママ友にはレジェンドと呼ばれています。小学生の娘には、ピアノ、図工、ダンス、英会話、通信教育を習わせる教育ママ。どんな芽が出てどんな花が咲くのかな? と楽しみにしながら、日々送り迎えに励んでいます。趣味は、愛犬と戯れること、ドライブ、読書、着物、料理、プチ旅行。

ライター紹介

赤松侑里(さゆりちゃん)

赤松侑里(さゆりちゃん)

1児の女の子のママです。育児も自分磨きも楽しく頑張ってママライフを過ごしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る