子どもの事故防止

危険はすぐそこにある! 乳幼児期に注意すべき顔のケガと予防法3選

危険はすぐそこにある! 乳幼児期に注意すべき顔のケガと予防法3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ライターのNANARUKAです。

ただ寝ていたころの赤ちゃん期とは違い、好奇心旺盛で行動範囲も広がる幼児期。

日々新しいことができるようになっていく姿は感動的でもありますが、ヒヤッとさせられることも多いですよね。こちらがどんなに注意していても、ケガや事故は一瞬の出来事。

そこで、先輩ママさんが経験したわが子のケガ体験談から、幼い時期に注意するべきケガをピックアップしました。

27727299872_b57cece383_z-compressor

(1)頬やおでこのケガ

『歩く姿も板についてきた1歳半ば。傾斜は緩かったものの、下り坂を走り出したので止めに追いかけましたが、すぐに足が絡まって前のめりに転倒し、顔面から出血。それまでたいしたケガもなかったので、転倒した瞬間は身がすくみました。擦り傷でしたが、頬と鼻がしばらくグジュグジュして痛々しかったです』(33歳/1歳男の子のママ)

『外出先で、寒くなってきたので上着を着せようとしたところ「自分でやる!」と言い張るので自分でやらせたのですが、こちらがしっかり立ち止まってあげなかったため、歩きながら着替えているうちにつまずいて転び、おでこを打撲してしまいました。子どもに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました』(34歳/2歳女の子のママ)

こう防ぐ!

・歩くとき、遊ぶときは手に何も持たせない
……転んだりバランスを崩したりしたときにすぐに手がつけるようにしておきましょう。

・何かするときは歩きながらやらせない
……服を脱ぎ着しながら歩く、手に持ったものを食べながら歩くなどは足下への注意力が欠けるだけでなく、手が塞がっていることで顔面から転ぶなど、思わぬケガの原因になります。何かをする際は必ず立ち止まったり座ったりしてからにしましょう。

・体を動かして運動する習慣をつける
……幼いうちから、いろいろな場所で多様な遊び方を体験させて筋力やバランス感覚を養いましょう。

(2)歯、歯茎のケガ

『最近、上の子が折り紙やチラシで工作するのにハマっているので、部屋には毎日のように紙類が散らばっている状態。下の子がたびたびその紙で滑って転んでいたので、気付いたら拾うようにしていましたが、先日、画用紙で滑って転んだ際に歯茎から出血してしまい、小児歯科へ駆け込みました。歯は何ともなかったのですが、「根元の神経が傷ついていた場合、将来生えてくる永久歯に影響があるかもしれない」と言われショックでした』(37歳/5歳男の子、3歳男の子のママ)

『雨の日、マンションの濡れたエントランスで滑って転んで、唇と歯茎から出血してしまいました。出血が多かったし、ビックリするほど唇が腫れ上がったので、歯を損傷していたらどうしようとかなり焦りました。よく見ると、歯は折れていませんでしたが多少のグラつきがあったので、翌日歯医者で診てもらい、接着剤で固定することに。歯医者さんには「永久歯が出てくるまでは定期的に観察していきましょう」と言われました』(39歳/5歳男の子のママ)

こう防ぐ!

・レジャーシートや紙類を床に置きっぱなしにしない
……薄いシート状のものの上に勢いをつけて乗ると、滑って転びやすくなります。

・子ども同士の遊びは注意しながら見守る
……タオルケットに乗せて引っ張る、テント型遊具内で暴れるなどの遊びはバランスを崩しやすく、転んだ際に口内をケガする恐れがあります。

・濡れた路面や滑りやすい靴の日は要注意
……いつも歩いている道、毎日履いている靴が、濡れることで非常に滑りやすくなる場合があります。

(3)あごのケガ

『つかまり立ちが盛んだったころ、ソファーテーブルにつかまって立っていた際にバランスを崩してあごを強打。翌日にはけっこうなアザになって心配でしたが、骨に異常はなかったのでよかったです』(32歳/1歳女の子のママ)

『祖父母の家へ宿泊したとき。実家のお風呂は硬いタイル張りで、深さもある昔ながらのタイプ。自宅のユニットバスの感覚で遊んでいたら、浴槽の縁にあごをぶつけてパックリ切れてしまいました。傷はすぐにテーピングしてくっつきましたが、あまりの大泣きと傷にかなり慌てました』(35歳/3歳男の子のママ)

こう防ぐ!

・つかまり立ちしているものの材質、高さに注意
……テーブルやチェスト、カラーボックスなどが近くにある場合、子どもがひざの曲げ伸ばしをすることであごをぶつけないか、高さなどをチェックし、危険な場合は安全グッズなどでカバーしましょう。

・つねに大人が付き添うようにする
……危険予知能力が未熟な子どもに対しては、大人がその時々の危険性を予測しながら付き添うことで多くの事故を防げます。また、さまざまな事例を知ったうえで、「ここでこういうことをすると、こんなことになってしまうよ」「ここにぶつかるとどうなる?」などの声かけをして、子どもに危険を想像させるというのも有効です。


今回ご紹介した事例では、幸いどのケガも軽く済んでいますが、中には似たようなシチュエーションから長期的なケガへ発展してしまったり、傷跡が残ってしまったりという例もあります。

歩き始めや小さい子どもにケガはつきものですが、大事故や大ケガにつながらないよう、大人も定期的に行動を見直し、心を引き締めていきたいものですね。

ライター紹介

NANARUKA

NANARUKA

美術大学卒業後、出版社で専門誌の企画・取材・執筆・編集に携わり、退社後フリーランスに。10数年にわたり、雑誌やカタログ、ウェブマガジンなどで執筆・編集。その間、3度の出産を経て、現在は小学生、保育園児、1歳児の3きょうだいを育児中。仕事は、妊娠中、出産直前直後、授乳中、料理中、真夜中、早朝、ソファで、ベッドで、キッチンで、旅先で、いつでもどこでもスマホ&ノートで同時進行。子どもたちともっとふれ合いたいし自分の時間もキープしたい。料理にも手をかけたいし部屋も毎日キレイにしていたい。……そんな欲を満たすため、限られた時間を有効に効率よく使うため、日々さまざまなアイデアを模索中。

ライター紹介

NANAMI(RIRIAちゃん)

NANAMI(RIRIAちゃん)

1児の女の子のママです♡ 可愛らしいファッションが大好きなので娘とのリンクコーデをいつも楽しんでいます。いつか子連れOKのポーセラーツの自宅サロンを開くのが夢です♡

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る