特別感を演出! 雰囲気が華やぐ簡単おもてなしテーブルコーデ術

2017.05.29

こんにちは、フリーライターの鈴木ハナコです。

普段から来客の多いわが家ですが、実は来客用の食器というのは持っていません。家族が普段に使う食器を多めに持ち、割れたりかけたりしたときのためのストックと、来客用を兼ねています。

そんなわが家でも、イベント時に特別感を出したい! そんなときはテーブルランナーと紙ナプキンが登場します。

今回は普段使いの食器でも特別感が出せる、テーブルランナーと紙ナプキンの利用法をインタビューしてきました。

テーブルランナーとは

170529suzukihanako01

テーブルランナーとは、座卓の中央部分にかける長細い布のこと、テーブルクロスと合わせて使うのも素敵ですが、家庭ではテーブルランナーだけでも一気に雰囲気が華やぎます

最近ではインテリアショップなどでワンコインで手に入ってしまうモノも!

色や柄もさまざまなので、お手持ちの食器などと合わせて自分のお好みをチョイスしてみてください。

『うちでは、テーブルランナーはクリスマスやお正月に活躍する赤色、春用にピンク、和食器とも相性のいいベージュを使い回してテーブルコーデを楽しんでいます。テーブルクロスだと子どものいたずらが心配ですが、ランナーだけならその心配も減りますよ』(千葉県/30代女性・主婦)

『片づけが面倒で紙皿や紙コップで済ませてしまいたいときも、テーブルランナーがあればそれなりに形が整います』(東京都/20代・主婦)

紙ナプキン

170529suzukihanako02

北欧系のインテリアショップや雑貨店をはじめとして、100円ショップでもカラフルで安価な紙ナプキンが手に入るようになりました。

くるっと巻いてリボンで止めたり、重ねたお皿に無造作に置いてみるだけでもパーティー感がアップします。

この方法なら普段使いの真っ白いお皿でもペーパーナプキンの色の力を借りて華やかなテーブルに仕上がります。

『季節やイベントに合わせて紙ナプキンを買います。選ぶのも楽しい! 柄ばっかりでがちゃがちゃした印象にならないようにプレートやコップはあえてシンプルなモノにして、ナプキンは2枚使って色をたくさん足したりしています』(東京都/30代・主婦)

『フォークやスプーンをそろえるのが面倒で“お箸パーティー”にしてしまいたいときも、紙ナプキンを使うことでパーティー感が出せて重宝しています』(千葉県/30代女性・主婦)


特別にお金をかけなくても、ちょっとした工夫でテーブルが華やぐ、テーブルランナーや紙ナプキンをぜひ活用してみてくださいね!



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ