子育て(6歳〜12歳・児童)

給食に食パンが出ない!? 新1年生ママが驚いた“小学校の常識”3つ

給食に食パンが出ない!? 新1年生ママが驚いた“小学校の常識”3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

時が流れれば、常識はガラっと変わるもの。

育児をしていると「えっ! コレ、昔と違うの!?」なんて驚くことはしょっちゅうですよね。

たとえば小学校。この春、初めてお子さんを入学させたママたちは、かつてとはずいぶん違う現代の小学校事情にビックリしているのではないでしょうか?

今回は新1年生の保護者たちから、小学校の常識にビックリした話を集めてきました。皆さん、いろいろなことに驚愕したようですよ。

170509iwasawa01-compressor

(1)連絡網も住所もない!

インタビューに応じてくれた方たちが小学生だったのは、およそ30年ほど前のこと。

当時と最も異なる点が“個人情報の扱い方”です。

『登下校中は名札をつけさせないことに驚きました。セキュリティの問題なのでしょうが、せちがらい世の中になってしまいましたね』(40代男性/会社員)

『個人情報保護のため、連絡網も住所録もない。子どもが友だちを連れてきても、どこの子なのかわからない。その子のママに連絡をいれたくても、1年生なので自宅の電話番号が言えない子が多くて非常に困ります』(30代女性/主婦)

名札は学校の中にいる間だけ、公式の連絡網や住所録が存在しない、という小学校は、もはや一般的です。

同級生の連絡先を知りたいときは相手に直接聞くしかないのですが、これが結構やっかいなもの。

私自身も小学生の親なのですが、「ああ、連絡網があれば!」と思ったことは数知れずあります。ちょっとしたお礼や、忘れ物の連絡さえもできないのですから、大変不便です。

(2)給食に食パンが出ない!

給食関係でも、1年生ママたちのビックリは多発していました。

『ほとんど毎日ごはんで、パンは週に1回くらい。しかも食パンじゃなくて、シュガーツイストだのベーグルだのクロワッサンだの、やたらオシャレ。ていうか、シュガーツイストっておやつじゃん……』(30代女性/パート)

ママたちが小学生だったころ、給食といえば“食パン”。たとえおかずが肉じゃがだろうが、酢豚だろうが、かき卵汁だろうが、常に食パンでしたよね。

ちょっとよくて、レーズンパン。揚げパンなんて出た日には心が踊ったものです。

しかし現代では、米飯給食がメインの小学校も多くなりました。

おかずのラインナップも様変わり。ボルシチ、サモサ、ナシゴレン、メキシカンライス……まるでレストランのメニューのような献立表を持ち帰ってくるんですよね。

そして、食べ方もかつてとは大きく変わっているようです。

『月に1回“ランチルーム”っていう場所で、他の学年や校長先生といっしょに給食を食べるそうです。私の時代にはそんな習慣も部屋もなかったので、時代は変わったんだなぁと思いました』(30代男性/自営業)

この“ランチルーム”、少子化のあおりを食らって発生したものだそうです。子どもが少なくなって、余った教室をこのように活用しているんですね。

たしかに、最近では1学年に2クラスしかない、なんてこともザラです。

30年前に通っていた私の母校は1学年5クラスあったはずなので、現在どれだけの教室が余っているのでしょうか……。

(3)男子を「くん」付けで呼ばない!

先生たちの様子も、昔とは違います。

かつて、男子は「○○くん」と呼ばれていました。中には呼び捨てや、愛称で呼んでくる先生などもいましたよね。しかし今は、そういうわけにもいかないようです。

『先生たちが、男子も女子も「○○さん」って呼ぶそうです。男女平等とか、人権とかのアピールなのかな。でも正直、違和感ありますね』(40代男性/会社員)

また、こんな報告をしてくれたママも。

『入学してすぐ、家庭訪問がありました。リビングと子ども部屋をピカピカにし、お茶もお菓子も用意して待っていたのですが……先生は開口一番「玄関先で失礼します」。中へどうぞと何度言っても、玄関から動かない。結局15分間、お互い立ちっぱなしで話をすることになってしまいました。自分の部屋を披露したがっていた娘もガッカリしていました』(30代女性/主婦)

家庭訪問は、保護者と話すというよりも「家の場所を確認する」という意味合いが大きいそうです。

そのため、話は玄関先でサッとする程度。中には「表札確認」という名前に変えて、先生がチャイムすら鳴らさない学校もあるとか。

時代は変わったものですね。


いかがでしたか?

小学校の様子は変わっていますが、そこで過ごす子どもたちの本質は変わりません。ママたちが小学生だったころのように、キラキラした目と柔らかい心で、たくさんのことを吸収しているはず。

ママたちもかつての印象にとらわれすぎず、柔軟な心で“現代の小学校”を受け入れたいものですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

REIKO(SORAくん、UTAくん)

REIKO(SORAくん、UTAくん)

男の子2児のママです。ファッションが好きで、夫と子ども2人と仲良く楽しく日々くらしています。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る