お弁当

彩りより量を増やして! 中高生に聞いた母親のお弁当へのダメ出し10選

彩りより量を増やして! 中高生に聞いた母親のお弁当へのダメ出し10選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ライターのNANARUKAです。

新学期、新生活にも慣れてきたころでしょうか。

この春からお子さんのお弁当が始まって早起き続きのママさん、また反対に、お弁当作りから解放されて朝時間をのんびり過ごせるようになったママさんもいることでしょう。

先日、お弁当にまつわるあれこれを中高生の子どもたちに尋ねる機会がありました。

出てきた言葉の中には、「おいしい」「これが好き」や感謝の気持ちなどほっこり笑顔になるものも多かったのですが、不満やダメ出しもなかなかハッとさせられるものばかりでした。

今回は、中高生20名に聞いた、ママのお弁当に対する子どもたちからのダメ出しを大発表。

「そんなこと思ってたの!?」「ショック!!」なんてビックリするだけでなく、ぜひ次回のお弁当作りの参考にもしてみてくださいね!

170511nanaruka

ママのセンスやこだわり、子どもたちに伝わっているとは限らない!?

『毎日必ずブロッコリーとプチトマトが入っているのが不満です。隙間を埋めたり彩りを加えたりしたいのはわかるけど、さすがに毎日は飽きる!』(15歳女子)

『ラディッシュや紫玉ねぎ、青じそなどが味付けもなしに入っていること。色合いは確かにキレイだけど、そのままではとても食べられないので毎回残してしまう。それでもまた入ってるんです……』(16歳女子)

『パセリやサニーレタスがよくあちこちに挟まっているけど、こういうものはおかずとは言えない。たとえ隙間でも、しっかり味のするものを入れてほしい』(15歳男子)

お弁当のレシピを検索すると、「隙間埋め」「彩り」などのカテゴリーがあるほど、作る側にとって隙間は大敵!

けれど、食べる側にとってはしっかりおかずになるもので埋めてほしいという切実な願いがありました。

隙間は“埋める”ものではなく“満たす”ものなのかもしれませんね。

イマドキ母さんの新常識に子どもはウンザリ?

『お弁当ができあがると、しばらくいろんな角度から写真を撮っていて、なかなか包んでくれない。SNSだかインスタだかにアップするんだろうけど、早く出かける準備をさせてほしい』(17歳女子)

『うちのお母さんは、カフェめしのようなオシャレなお弁当を目指しているみたいだけど、お弁当にするには変わったメニューばかりで、開けた瞬間友達から笑われることも多い。

ガパオとかタコライスは友達に「ニオイがきつい!」って言われたし、ヌードル系は麺と具、つゆが分けて詰められていて、「めんどくさそう~」と笑われました。唐揚げと卵焼きのような普通のお弁当が食べたいです……』(16歳女子)

『昔から「子どもにはキャラ弁」と思っているらしく、頼んでもいないのにおかずやご飯に顔がついていることがよくありましたが、さすがにそろそろ恥ずかしいのでやめてほしいです』(14歳男子)

最近のママさんはとにかくオシャレな方が多いですが、お弁当にもそのオシャレ感や創造性が生かされているんですね!

ただ、子どもたちにとっては迷惑なことも多いようで……。かなりの温度差を感じる冷静な子どもたちの意見に笑いがこみ上げてきました。

育ち盛り、食べ盛りの子どもたちの当たり前で切実な願いの数々

『前の晩のおかずがそのまま入っていると、すごくガッカリした気分になる。冷凍食品でいいから全部違うものを入れてほしい』(14歳女子)

『弁当箱が小さすぎるから、昼ご飯は弁当の他に購買で買ったパンも食べている。今より3倍くらいデカい弁当箱にするか、おにぎりを2個追加してほしい』(15歳男子)

『オレのでかい弁当を毎日作るの大変そうだけど、おかずは適当でいいから、ご飯をたっぷり詰めてほしい。昼はとにかく炭水化物をガツガツ食べたいので』(15歳男子)

『小学校のときからずっと同じランチボックスを使っているけど、正直もう少し大きいのにしたい。何となく言いにくくてここまできてしまったけど、実はもうちょっと食べたいと毎日思っている』(14歳女子)

成長期の子どもたちの切なる願い。キレイさや品数よりも、とにかく量が食べたいというのはこの年齢の子どもたちなら当たり前。

お年頃になり、親子の会話も減ってくるという方もいるかもしれませんが、子どもたちの満足いく食事作りは親の努め。

ぜひ、量の確認もしてあげたいですね!


毎日のことだからこそ気になるけれど、なかなか言いづらい……という子どもたちと、親なりの心配りやこだわりを持つママたち。

子どもと大人、それぞれの気使いが交錯していました。

筆者の周りのママさん方からは、「わかるわかる!」「そんなこと考えてるの?」と両極端な反応が得られましたが、さてさて、これを読んでいるママさん、子どもたちのこのホンネは予想外? 想定内?

ライター紹介

NANARUKA

NANARUKA

美術大学卒業後、出版社で専門誌の企画・取材・執筆・編集に携わり、退社後フリーランスに。10数年にわたり、雑誌やカタログ、ウェブマガジンなどで執筆・編集。その間、3度の出産を経て、現在は小学生、保育園児、1歳児の3きょうだいを育児中。仕事は、妊娠中、出産直前直後、授乳中、料理中、真夜中、早朝、ソファで、ベッドで、キッチンで、旅先で、いつでもどこでもスマホ&ノートで同時進行。子どもたちともっとふれ合いたいし自分の時間もキープしたい。料理にも手をかけたいし部屋も毎日キレイにしていたい。……そんな欲を満たすため、限られた時間を有効に効率よく使うため、日々さまざまなアイデアを模索中。

ライター紹介

前田彩(桃花ちゃん)

前田彩(桃花ちゃん)

将来の夢は、明るく楽しい人生を送ることです。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る