家計・生活費

どっちの支払いがお得? クレジットカードと現金のメリット&デメリット

どっちの支払いがお得? クレジットカードと現金のメリット&デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。FPライターのyossyです。

みなさんは、買い物をするときにクレジットカードと現金、どちらを使うことが多いでしょうか。

博報堂の調査(2017)によると、1か月あたりの使用金額の決済手段別比率は、

・現金……51.4%
・クレジットカード……21.6%
・ICカード……9.1%
・カードでのインターネット決済……8.5%
・デビットカード……1.6%

だったそうです。現金派が多いようですね。

“どちらがトクか”、については、結論から言えば、家計管理をする人の性格によっても大きく左右されるでしょう。

今回は、現金払いとクレジット払い、それぞれのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

170510yossy-compressor

クレジットカードを利用するとポイントが貯まる

まずは、クレジットカードを使う場合のメリットについて見ていきましょう。

・ポイント・マイル等が貯まる
・カードによっては優遇特典があることも
・分割払いやボーナス払い、リボ払いなど支払方法の選択肢が多い
・保険(旅行保険等)が付帯することが多い
・海外旅行で大金を持ち歩かずに済む
・キャッシングを利用できる

クレジットカードを所有する場合、年会費がかかる場合とかからない場合があります。

「年会費がかかるのは嫌だ」と思うかもしれませんが、そのぶんおトクなサービスが多いケースも。

自分のライフスタイルにあったカードを選べば、年会費以上のポイントが貯まり、優遇特典を受けられることもあります。ポイント還元率もチェックしながら、自分に合ったカードを選びたいものです。

また、分割払いをうまく利用すれば、家計を圧迫せずに欲しいものを購入できるメリットもあるでしょう。

一方で、クレジットカードは“後払い”のため、支払う余裕がないにも関わらず、次々と買い物をし、最悪自己破産に陥ってしまう、というケースも……。また、不正利用の被害に遭うリスクもありますね。

当然ながら、買い物をすればクレジットカードでも現金と同様にお金は出ていきます。

その“出費している”という感覚がマヒしてしまいそうな人は、あまりクレジットカードを多用しないほうがいいかもしれません。

家計管理がしやすい現金払い

次々と便利なカードや支払方法が登場していますが、いまだに根強い人気の“現金払い”。

なんといっても現金払いは“家計管理がしやすい”というメリットがあります。必要な分だけお財布に現金を入れておけば、残額をすぐに確認することができますね。

「使い過ぎた」「まだ大丈夫」というのがすぐにわかりますし、お金がなくなれば使いたくても使えません。また、当然年会費などのコストもかかりません。

一方、現金の盗難に遭った場合、もちろん被害を届け出ると思いますが、クレジットカードのように使用を停止する、といった処置をとることはできませんね。

また、例えばインターネットショッピングでクレジットカードを使わない場合、振り込みや代引き、といった方法をとるでしょう。

その際、手数料がかかることも。ポイント等が貯まりませんし、余分な現金が出て行ってしまうこともあるかもしれません。


いかがでしょうか。

クレジットカードは、自分に合ったものを選べばおトクになります。でも、家計管理が苦手な場合、お金を使いすぎてしまうリスクも……。

正解はありませんから、両方のメリットを知って、自分にとってベストな方法を探ってみてくださいね。

【参考リンク】
博報堂金融マーケティングプロジェクト 「お金」に関する生活者意識調査 Vol.1 | 博報堂(PDF)

ライター紹介

yossy

yossy

雑誌編集者をしていたが、第2子妊娠を機に退職。現在は、おませな女児と暴れん坊な男児のママをしながら、フリーライターとして活動中。日中は育児、早朝&夜間に仕事という生活を送っている。編集者時代の専門分野(住宅)と専業主婦時代に取得した資格(保育士、FP)を活かし、幅広く執筆活動を行う。学生時代の不勉強の反動なのか、最近は何か勉強していないと気が済まないタチに。今は英語とマーケティングについて絶賛勉強中。趣味は弦楽器。クラシック音楽大好き一家なので、週末に子ども&夫と合奏するのが楽しみの一つ。

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る