親子関係

愛情の強要はダメ! 子どもに愛される親になるための条件とは

愛情の強要はダメ! 子どもに愛される親になるための条件とは

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。エッセイストで経済思想史家の鈴木かつよしです。

みなさんは、愛する旦那さまや奥さまのことを「愛せ」と誰かから強制されたらどんな気持ちになりますか?

あるいはお子さんが学校で「親を愛しなさい」「郷土を愛しなさい」と執拗に教育されることを希望されますか?

中には「別にいいじゃないか」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、ほとんどの人は「余計なお世話だ」と感じることでしょう。

実は、そう感じるのはきわめて正常かつまっとうなことで、ノーベル文学賞を受賞した英国の哲学者バートランド・ラッセルは、愛情というものが義務化・強制化に馴染まないことを20世紀初頭の段階で明言しています。

今回は愛情が義務化できない理由について考えると同時に、子どもから愛される親というのは実際の生活で何を実践している人なのかということについて見て行きたいと思います。

170509suzukikatsuyoshi-compressor

愛情は自然と育まれてくるもの

さきほど紹介したように哲学者のバートランド・ラッセルは1926年の著書『教育論』の中で、『愛情は義務として存在できるものではない』(“Love cannot exist as a duty”)と明言しています。

その理由についての詳述をラッセルはあえて避けているように見えますが、筆者が読み解くところでは、「愛情はお互いの関係が良い場合に自然と育まれてくるものだから強制したり義務として押しつけたりすることに意味がない」と言っているように思えます。

その根拠は同著の中でラッセルが述べている次のくだりです。

『親が子供に対して「両親や兄弟姉妹のことを愛すべきだ」と言うことは、有害なことだとまでは言わないが、まったくもって無益なことだ。親が「子供から愛されたい」と望むのであれば子供がもっている内なる愛を誘い出すような不断の行動が必要なのであって、また子供が豊かな愛情を生み出せるようになるための「何か」を心身両面から子供に与えることができるように努力しなければならないのだ』
(“to tell a child that it ought to love its parents and its brothers and sisters is utterly useless,if not worse.Parents who wish to be loved must behave so as to elicit love,and must try to give to their children those physical and mental characteristics which produce expansive affections.”)
<出典:『ラッセル教育論~特に幼児期における~』(On Education,especially in early childhood)1926年、邦訳は鈴木勝義による>
※『バートランド・ラッセルのポータルサイト』より引用

“愛”を義務化しようとするから息苦しい世の中になる

いかがでしょうか。およそ90年も昔の人の言葉であるにもかかわらず、胸に鋭く突き刺さってはきませんでしょうか。

筆者には地元の市立中学校に通う息子とやはり地元の保育園に通う男の子の孫がいるのですが、おかげさまで彼らが通う学校や園ではおかしな“愛情の強制”教育は行われていません。

当たり前のことではありますが、子どもたちは特に問題ない限りにおいて自分のことをこの世でいちばん気にかけてくれているママやパパのことが大好きです。

また野鳥たちが飛び交い友達と遊んだ川がある自分が育った土地のことも大好きです。

ラッセルも示唆しているように“親子の愛”も“兄弟愛”も“郷土愛”も“母校愛”も、義務化などしなくたって本来子どもたちには自然と備わっている感情なのです。

にもかかわらず、最近は義務化できないはずの“愛”を義務化しようとする立派ななりをした大人が多いように見えませんか。

今わたしたちがこの世の中に感じる何とも表現し難い“息苦しさ”の正体もそれなのではないでしょうか。

父は妻子を愛するがゆえに妻子に愛されて旅立って行った

筆者は町工場の経営者だった父親が87歳でなくなった直後の2012年の初めに、ある全国版の新聞に父親の思い出を綴ったコラムを寄稿しました。

著作権が新聞社にあるので全文をそのまま掲載することはできないのですが、朝から晩まで工場の薬品にまみれて働き、空いた時間で資金繰りに飛び回り、働いても働いてもお金に縁の無かった父にどうしても贈りたくて書いた作品でした。

そのコラムの中で筆者は、中学生のとき急性緑内障を発症した疑いで一刻も早く眼科に行って処置しなければ失明する怖れがあるという状況の中、けっこうな体重になっていた自分のことを父がおぶって眼科の病院まで走って連れて行ってくれた思い出にふれました。

お金になんか縁の無い人でも、自分のことを全力で愛してくれる親のことを子どもが愛さないはずがないのです。

そんな人でしたから、父は妻(筆者の亡母)のことも娘(筆者の姉)のことも生涯全力で愛しつづけ、旅立ってからもわたしたちの心の中に生きています。

子どもから愛される親とは、子どものことを愛して愛してやまないママやパパのことです。

もちろん親愛なるパピマミ読者のみなさんにとっては、とっくにわかりきっていることではあると思いますが。

【参考リンク】
ラッセル教育論ー特に幼児期における | バートランド・ラッセルのポータルサイト

ライター紹介

鈴木かつよし

鈴木かつよし

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

ライター紹介

REIKO(SORAくん、UTAくん)

REIKO(SORAくん、UTAくん)

男の子2児のママです。ファッションが好きで、夫と子ども2人と仲良く楽しく日々くらしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る