行事・祭事・イベント

心理テクを活用! 姑に贈りたい“母の日プレゼント”の選び方

心理テクを活用! 姑に贈りたい“母の日プレゼント”の選び方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。

5月14日は母の日です。実母には母の日のプレゼントを渡しやすいのですが、姑となると「どうも渡しにくい」という気持ちが働くのではないでしょうか。

“嫁姑問題”が少しでもある場合は、特にそういった気持ちを持ちやすいと思います。でも、母の日は日頃から私たちのために苦労してくれている母親に感謝をする日です。

姑も“母の1人”なわけですから、プレゼントを贈り、この日だけでも感謝の気持ちを示しませんか。

170503sakurairyo

母の日=カーネーションの理由

母の日にはカーネーションを贈るような習慣になっていますよね。

母の日は、元々アメリカの祝日で、戦後になって入ってきたものです。

アメリカでは、子どもたちに尽くして一生を終えた母をしのぶ記念の会で白いカーネーションを捧げたことが始まりとされています。

樋口清之さん監修の学研まんが『年中行事記念日365日のひみつ』によると、母親が存命な人は赤いカーネーション、母親が亡くなっている人は白いカーネーションを胸につける習慣が、日本では母の日にカーネーションを贈る習慣になったようです。

姑に有効な心理テクニックを抑える

女性は、“意図がつかめない”“理由がはっきりしない”プレゼントに不快感を持つ傾向にあります。

記念日でもないのにいきなりプレゼントをもらうと、「何かあるのでは?」と勘ぐってしまうことがありますよね。その心理と同じで、嬉しい気持ちよりも不快感の方が強くなります。

また、贈る側は「お金をかけて良い物を贈ろう」と無意識に気持ちが働きます。しかし、相手にとっては負担に感じてしまうことが往々にしてあるのです。

一番好意的に受け取ってもらえるのは、相手の心の負担にならない物です。

なぜかというと、“高価な物をもらう=貸しを作ってしまったのでは?”となるためです。

以上のことから、

・母の日の贈り物であることをしっかり示すこと
・負担に感じられない金額の物を選ぶこと

が大切なポイントになります。

姑専用! 母の日のプレゼントの選び方

金額的には、5,000円未満がいいのではないでしょうか(遠方の場合は送料込み)。

今年は、カーネーションが割高になってくるというニュースが先日流れましたので、もしかしたら手に入りにくいかもしれません。

そこで提案したいのが、お花のアレンジメントです。そのまま飾ることができますので、不便がありません。

ただ、そこに手書きのメッセージカードを添えましょう。これがひと手間加える作業です。

それ以外に、小さめのお花と姑が好きな物を贈るというプレゼントの仕方もオススメです。

・花+おかし……甘い物が好きな姑向き(1人で食べられる小箱がいいでしょう)

・花+ストール……冷え性や冷気を感じやすい年齢の姑向き(おしゃれできれいな色がおすすめ)

・花+写真立て……孫と夫の写真を入れて飾れるようにして渡しましょう

・花+タオルハンカチ……消耗品ですし、日常よく使いますからきれいな色の物を選びましょう

・花+お茶……ちょっといい茶葉と和風な茶筒のセットは、お茶好きの姑に喜ばれます

このように、姑が身につけられたり、1人で楽しめたりする物をチョイスするのがポイントになります。

おわりに

姑は、嫁にとって“もう1人の母”です。夫を産んで育ててくれたことに対する感謝の気持ちを持ちましょう。

普段はなかなか感謝を示すことができないのですから、母の日くらい気持ちを言葉と態度と贈り物で示しませんか。

家族になったのですから、感謝を示すことはとても大切なことだと思います。参考にしていただけたらうれしいです。

【参考文献】
・『年中行事記念日365日のひみつ』樋口清之・監修
・『仕事・恋愛・人間関係 心理分析ができる本 コレで99%うまくいく』齊藤勇・著

ライター紹介

桜井涼

桜井涼

新潟県佐渡島出身。親が転勤族だったため、幼少期より引越し・転校を多数経験しました。母親が病弱だったこともあり、「地球が滅亡しても生きていける!」と呼ばれている父の元、家事からサバイバルまでを様々経験してきました(そのワザが震災時に大活躍!)。4人兄弟の長として奮闘してきましたが、現在は、2児の母をしています。妊娠中と出産のハプニングを乗り越え、今はフリーライターとして活動中です!

ライター紹介

倉本麻貴(和くん)

倉本麻貴(和くん)

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る