旅行・おでかけ

格安ツアーに気をつけて! 安全な旅行代理店を見分けるポイント

格安ツアーに気をつけて! 安全な旅行代理店を見分けるポイント

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

行楽シーズンがやってきました。皆さん、旅行の予定はありますか?

おトクに旅を楽しみたいとき、頼りになるのが旅行代理店です。ネット上は格安旅行代理店の情報であふれており、中には衝撃的な安さで販売されているツアーもありますね。

しかし、ここで気になるのが先日起きた『てるみくらぶ』の倒産問題です。

帰りの飛行機が取れないため、旅行者は行き先から自力で戻ってこいという衝撃的な発表には、旅行愛好家ならずとも驚いてしまったはず。

安いだけの代理店は危険。では、どの点に着目して選べばいいのでしょうか? 今回は、安心できるツアー会社の選び方を解説していきます。

170425iwasawa-compressor

(1)国土交通大臣または各都道府県知事の認可があるか

格安ツアー会社を見つけたら、まず最初に調べるべきはこれ。国土交通大臣または各都道府県の認可を得ているかどうかです。

近ごろ、旅行業の登録を受けていない“無登録業者”により旅行代金を騙し取られるというケースが発生しています。

また、格安ツアーの中には外国の旅行会社もあります。これらと契約した場合、日本の法律に基づく保護を受けることができません。

日本語のホームページを作っているので、一見分かりにくいのがネック。事業所の住所などはきちんと確認しておきましょう。

登録済みの旅行会社なら、万が一のときも安心。支払後に会社が倒産しても、保証金を受け取ることができます。

パンフレットやホームページの会社概要または旅行条件等に「国土交通大臣登録旅行業第○○号」や「△△知事登録旅行業第○○号」と記載があります。

また、観光庁や各自治体のHPでも確認することができます。

(2)JATA(日本旅行業協会)、ANTA(全国旅行業協会)の正会員か

JATA、ANTAはともに旅行代理店の業界団体。トラブルが生じた際に「旅行会社への指導」や「消費者相談窓口」にもなってくれる心強い存在です。

JATAは年会費が高額なため、比較的大手の代理店が登録しています。一方のANTAは中規模、小規模の代理店が多くなっています。

これらに加盟している旅行会社は、ホームページやパンフレットの社名欄に「JATA正会員」などと記載されています。

まれに「協力会員」や「賛助会員」となっているところもありますが、「正会員」でない限り旅行者に対するメリットはありません。そこまで細かく見ておきましょうね。

(3)その他にも気にしたいポイント

その他、気にかけておきたい点を旅行好きの皆さんに聞いてみました。

旅慣れしている人たちでも、格安旅行代理店でヒヤッとしたことは少なくないようです。

料金支払いでのトラブル

格安だからといって安心していると、こんな落とし穴が待っていることが。

『父が旅行を計画していたときです。クレジットカード払いができず、支払いは現金一括限定。数十万円にのぼる旅行代金を現金で用意している姿を見て「ちょっとヘンだな」とは思っていましたが、案の定無登録業者でした。すぐに旅行はキャンセルさせました』(30代男性/会社員)

『料金の督促が激しかった。入金締め切りまで何週間もあるのに、何度も「今すぐ払え」というメールが来た。最終的には電話がガンガンかかってくるようになり、まるで取り立てを受けている気がしました。無事に行けたからいいけれど、気分が悪かったですね』(20代女性/パート)

クレジットカード払いを不可にしていたり、現金一括で支払えば大幅に値下げすると謳っていたりする会社は、もしかしたら金銭的に危ういのかもしれません。

安心して出発するためにも、支払いに関してあまりにも不審な点があるなら避けたほうがいいでしょう。

連絡がない

『お金を払っても、旅程表が一向に到着しない。出発の1週間前にようやく届いたと思ったら、どのホテルに泊まるのか書いてない。業を煮やして連絡しても、「担当から折り返す」と言いつつ全く連絡が来ない。挙句の果てには「ホテルがまだ取れていないんです」だって。書類送付や連絡関係が遅い会社はダメです』(40代女性/主婦)

報告、連絡が遅すぎるのも要注意。何か社内トラブルが起きており、連絡できない理由を抱えているのかもしれません。

万が一「ただ忘れていた」というだけだったとしても、人の命をあずかる旅行代理店としてはあるまじき姿勢です。違和感があったらすぐ、キャンセルの可否だけでも確認しておきましょう。


いかがでしたか?

旅行は準備から楽しいもの。行き先を選び、日程を調整し、荷物をまとめ……ワクワクがたくさんだからこそ、最後まで楽しみきりたいですよね。

そのためにも、旅行業者はしっかり選ぶべき。安いのは魅力ですが、それに目がくらんではいけません。

ポイントをおさえて、優良な旅行業者を選びましょう!

【参考リンク】
旅行業・宿泊業関係情報(旅行業者ネガティブ情報含む) | 国土交通省 観光省
旅行者のみなさまへ | 一般社団法人 日本旅行業協会
ANTAについて | 一般社団法人 全国旅行業協会

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る