PTAでの人間関係

教育委員会にチクる!? 経験者が語った“PTAを辞める方法”3つ

教育委員会にチクる!? 経験者が語った“PTAを辞める方法”3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

この時期、ママたちの頭を悩ませるのがPTA役員の問題。4月早々の保護者会は、役員選出を兼ねた地獄です。

前年度の役員が前に立ち、「就学中、ひとり1回は必ず役員をやってください」と連呼しても、いつまでも決まらないあの重い空気。そして最後はじゃんけんで「負けた人」が担うことに……。

しかし、PTAは任意加入の団体。絶対に入らなければならないワケではありません。「PTA辞めたの私だ」という言葉はSNSで拡散され、大きな話題になりましたよね。

PTAなんて本当は入りたくなかった、辞めてしまいたいというママたちは多いはずです。でも実際、どのようにしたらやめられるのでしょうか?

今回は、PTAを退会したツワモノたちに緊急インタビューを敢行。どんなふうに退会したのか、情報をあつめてみました。

170424iwasawa05-compressor

(1)夫を味方につけ、総会で退会宣言

クラス役員を1年間務めたものの、語り尽くせないほどツラい思いをしたというAさん。夜の集まりが多くなり、家事や育児に支障が出始めたのをきっかけに、ご主人がいい顔をしなくなりました。

『「家族に迷惑かけてまでやるのは本末転倒。オレが話つけてやるから、もう辞めてくれ」と言った夫。有給を取って、PTA総会に同席してくれました。

そして、会の最後に突然挙手。「すいませ〜ん、ウチPTA辞めたいんですけど、どうしたらいいんですかぁ〜?」と大声で発言し、空気読めない系ダンナを演じてくれたんです。

場内は一瞬シーン。うわっ、コイツやらかした! と思っていたら、「ウチも」「ウチも」と続々声が上がって騒然となったんです。本部役員たちもそれを無視するわけにはいかなくなり、退会についての話がなされました。

すったもんだのあげく、正式退会までには半年以上かかったけど、最初の取っ掛かりを作ってくれた夫には感謝してます』(30代女性/会社員)

PTA会長は、男性が担っていることが多いもの。地元では有名な活動家や、長年その土地に貢献してきた人などが抜擢されていることもあります。

そんな相手に退会意志を伝えるのは、ママにとってはちょっぴりハードル高め。Aさんのように、ご主人が味方になってくれると心強いでしょう。

(2)独自の「非入会届」を作成し、入学式後に提出

「一度入会するからややこしくなる。そもそも入会しなければいいのよ」と語ったのはBさんです。夫婦そろって勤務医をしており、役員を担うのは到底不可能なため、「非入会」という姿勢を取りました。

『「非入会届」を自分で作って、入学式のときにPTA会長と教頭先生に渡しました。

書類はその場ですぐ目を通してもらい、受取りのサインを頼みました。内容について了解しないとサインはできないとゴネられましたが、「了解してなくても構わない。受け取った、という証明をしてくれ」と説明し、サインさせました。

昨今の報道を受けてか、わりとすんなり非入会は認められましたが……今後そのことでわが子が差別されないか不安もありますね』(40代女性/医師)

非入会も途中退会も、依頼は書面で行うのが鉄則。しかし、多くのPTAが「退会届」や「非入会届」といった書式を用意していないのが実情です。

今回インタビューに答えてくれた人たちの中でも、独自の書類を作って提出したという声が圧倒的多数を占めていました。

書面に記載すべき項目としては、次のようなものがあります。

・「退会届」「非入会届」などのタイトル
・書類を提出した日にち
・PTAを退会する/入会しない旨の文言
・保護者氏名、住所
・子どもの学年、クラス、氏名

退会する理由は特に必要ありません。「たかがそれくらいで辞めるの?」なんて無用のツッコミを避けるためにも、書かないほうが賢明でしょう。

退会後の不利益が心配なら「退会による差別的対応はしないでほしい」という念押しの一言を入れるのもいいでしょう。

中には、「退会するが、PTA費は寄付として納入させてほしい」と書いた人もいました。余計な波風を立てない、上手なスタンスですね。

(3)教育委員会に指導依頼を入れた

一向に動いてくれないPTA会長や校長にしびれを切らしたCさん。最後の手段として、教育委員会に話をしたそうです。

『会長あてに退会届を出してもノーリアクション。PTA費も普通に引き落とされていて、頭に来たんですよね。

校長や教頭もダメ。「そんなことを言ってくるのはアナタだけです」だの「アナタのためだけに事務手続きを増やすわけにはいかない」だので、話になりませんでした。

仕方ないので、教育委員会に報告したんですよね。

「本来任意であるはずのPTAに、校長みずから強制加入させようとしてきた。公務員として許されない行為である。早急に指導してほしい」という内容で、県の教委に書類を送付しました。そうしたらすぐにPTA会長から連絡があり、退会となりました。

これまでの無視は何だったの!? って笑っちゃうほど迅速な動きでした。まあ、教育委員会には頭が上がらない連中なんでしょうね』(40代女性/自営業)

教師の人事権を握っているのは、都や県の教育委員会です。市町村の教育委員会には人事権がありません。指導の依頼をするならば、都・県の教委あてにするのがいいでしょう。

書類を郵送するときは、普通郵便ではなく内容証明郵便を使いましょう。受け取りの記録を残しておくことができます。


過剰な負担や個人情報の流出など、問題点がクローズアップされているPTA。しかし、役員をやることのメリットは全くないわけでもありません。

学校を訪れる機会が増えれば、内部のことがよく分かります。校内での子どもの様子を知ることもできますね。

まずはPTAのメリット・デメリットを十分に考えましょう。そして、退会を希望するときは正々堂々と手続きしましょうね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

杉村智子(まさとくん)

杉村智子(まさとくん)

笑いの絶えない毎日を目指しています♪ 子育てをしながら、ママも赤ちゃんも楽しめてhappyになれるように頑張ります♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る