趣味

ブーム再来! “写ルンです”が若者に人気の理由と新・トリセツ

ブーム再来! “写ルンです”が若者に人気の理由と新・トリセツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

皆さんこんにちは。ママライターのあしださきです。

かつてわたしが中学生だったころ、修学旅行や遠足などで友達たくさんと記念写真を撮ろうとするときにこんな光景がよく見られたものです。

・誰か優しそうな人に声をかけて、写真を撮ってもらえるようお願いする
・みんなが一斉にカバンから『写ルンです』を取り出して、それを地面にずらっと並べる
・何枚も同じポーズのまま、置いてあるカメラすべてのシャッターを押してもらう
・同じ『写ルンです』がいっぱいで、どれが誰のだかわからなくなる

共感していただけるのは、30代以上のパパやママさんたちでしょうか? 懐かしい思い出ですよね。

デジカメやスマートフォンなどの普及がまだなかったころ、思い出の写真をいつでも簡単に残すことができた『写ルンです』は、世代を問わず大人気でした。

そういえばまた1つ思い出してしまいました。

フィルムを巻いた状態でカバンに入れていたら、うっかり何かが当たってシャッターが切れてしまい、“真っ暗な写真”が撮れてしまった……なんてこともよくありませんでしたか?

このエピソードに「あるある」と共感してくださる皆さん、2017年現在にやってきた『写ルンです』リバイバルブームのことはご存知ですか?

10代後半から20代の女性を中心に今、『写ルンです』で撮った写真がおしゃれで味があっていいと、支持されているのだそうですよ。

目的としては主にInstagramなどのSNSに写真をアップすることで、そのための撮影ツールとして『写ルンです』を使っているということですね。

そこで今回は、リバイバルブームの真っ只中にある『写ルンです』の新たな魅力とは何か、について紐解いてみたいと思います。

170501asidasaki

『写ルンです』の魅力

『“写ルンです”で撮った写真はスマホよりも少々雑な感じに仕上がるけど、そこが逆に味があるというか、「エモい」から気に入っている』(10代女性/専門学校生)

はい、30代の皆さん、「キモイ」じゃないです。「エモい」んですって。

わたしにはさっぱり意味が分からず、早速調べてみました。日本語俗語辞典によりますと、次のようなことだそうです。

『エモいとは、心にインパクトを与えるさま~涙もろいさま、何となく寂しい・悲しい気持ち』

解説には、次のようにありました。

『エモいとは心の動揺を伴うような感情・感動を意味する英語「emotion」を略したものに形容詞化する接尾語「い」をつけたもので、(音楽やファッションなどの作品に触れた人の)心に強いインパクトを与えられる様をあらわす(以下省略)』

撮影した写真にどことなく寂しさが漂うような、レトロな雰囲気を醸し出す『写ルンです』がかつて使っていた世代の人間とは違う感覚で「おしゃれ」だとウケているということは驚きですね。

『写ルンです』の新・トリセツ

(1)写真は「データで保管」が一般的

『あえてお金をかけて、プリントはしない。データをCDに入れてもらうのが楽でいい』(20代女性/会社員)

かつては撮り終わった『写ルンです』をカメラ屋さんで現像・プリントしてもらうのが当たり前だったものですが、今は違うようです。

プリントした写真を持つのは、時代にあっていない模様。友達と共有したり、SNSとかブログに載せたりという目的があるため、CDにデータを入れる方法が人気ということです。

(2)親子で一緒に撮影できる新しい道具としても活躍が期待!?

『操作が簡単なので、子どもに持たせても安心。兄弟を撮らせるとすごくかわいい写真が撮れる。ママも一緒に写れるし、どんな写真が出来上がるかという楽しみもある。それはデジカメにはない良さだと思う』(20代/2児のママ)

お子さんと一緒に使うと楽しそうですね!

または、子どもがたくさん集まってパーティーをしたときに1台『写ルンです』を子どもたちに渡してみたら、一体どんな写真が出来上がるか……。想像しただけで面白そうですね。

ママさんならではの楽しみ方のご紹介でした。


いかがでしたか? 魅力が再認識されて、また人気を取り戻しつつある『写ルンです』。

懐かしさと新しさの融合をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

わたしも今度ぜひ子どもの学校行事や幼稚園行事を『写ルンです』で撮影してみたいなと思いました。

【参考リンク】
エモい(えもい) | 日本語俗語辞書

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

ライター紹介

沖まりね

沖まりね

現役大学生アイドルとして都内の大学に通いながら芸能活動をしています。また、アイドル活動以外にも舞台出演など、幅広く活動中です。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る