エンタメ

ゲス川谷vs矢口真里! 復帰を歓迎できないのはどっち?

ゲス川谷vs矢口真里! 復帰を歓迎できないのはどっち?

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

不倫や、当時未成年だったタレントとの飲酒騒動によって活動を休止していた『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんが、4か月ぶりにInstagramを更新し活動再開の報告をしました。

『待たせてごめんなさい』というコメントもありましたが、川谷さんの復帰に対しては厳しい意見も少なくないようです。

トラブルを起こし活動自粛に追い込まれながら、再びスポットライトをあびる芸能人も多くいますが、川谷さんと同様にあまり復帰を歓迎されていないと思われるのが元モーニング娘。の矢口真里さん。

復帰後に出演したCMが打ち切りになったことは記憶に新しいでしょう。

そこで、パピマミ読者のみなさまに「ゲスの川谷絵音と矢口真里、復帰を歓迎できないのはどっち?」という二択アンケートを実施しましたので、その結果を発表したいと思います!

170424nitaku

ゲス川谷vs矢口! 復帰を歓迎できないのは?

・川谷絵音(ゲスの極み乙女。)……80%(87人)
・矢口真里……20%(22人)

※有効回答者数:109人/集計期間:2017年4月20日〜2017年4月21日(パピマミ調べ)

川谷絵音さんを選んだ理由

『復帰するの早くない!? まだ半年もたってないし、ちょっと休暇をとったっていうレベルじゃん』(30代女性/SE)

『最初から反省の色が見られませんでしたし、戻ってくるのを待っているのは一部のファンだけだと思います。あまり顔を見たくないので、復帰しないでほしいですね』(30代女性/主婦)

昨年12月に行ったライブを最後に活動を休止していた川谷絵音さん。

「謹慎」と言うにはあまりにも短いと感じる人も多いようで、反省していないように思えるという声も少なくありません。

活動を休止する前のライブでは、2018年の復帰を示唆するかのような発言をしていた川谷さんですが、それよりも大幅に早い復帰となりました。

無期限の活動休止が発表されたあともライブ活動はすべて行っており、当初から「ミュージシャンはもともと活動期と休息期がある」「単なる準備期間ではないのか」といった批判も出ていましたが、早期に復帰したことでさらにバッシングを強めているようにも思えます。

とはいえ、騒動直後に発売したアルバム『両成敗』は売り上げ伸ばしていたため、川谷さんもあまり不安を持っていないのかもしれません。

果たして、今回のアルバムも批判の声をよそに好調な売り上げを見せることとなるのでしょうか。

矢口真里さんを選んだ理由

『吹っ切れたのか、最近不倫をネタにするようなこともあって、見ていて不快。誰が復帰を喜んでるの?』(30代女性/自営業)

『テレビで見ると不倫のことを必ず思い出してしまいますからね。素直に笑えないというか、スキャンダルの人というイメージしかないので、できれば見たくありません』(40代女性/パート)

2013年、不倫が発覚したことで大きなバッシングを受け、すべてのレギュラー番組を降板するなど痛手を負った矢口真里さん。

自宅に不倫相手を招き入れていたところに当時の夫が鉢合わせて発覚したという強烈なエピソードが報じられ、猛烈なバッシングをあびることとなりました。

1年半ほどの芸能活動休止を経て復帰した矢口さんですが、その後も言動がたびたび炎上し、全く歓迎される様子はありませんでした

先日、不倫騒動によって生じた違約金をいまだに支払っていることが明らかとなりましたが、人気だけでなく金銭的なダメージも大きい様子。

とはいえ、当初は口をとざしていた不倫に関しても自らネタにするようになるなど、炎上商法と思える部分もあるのではないでしょうか。


いかがでしたか?

誰しも過ちを犯すことはあるかと思いますが、その後の対応によって世間の印象も大きく変わるはずです。

すべての人から好かれることはできないとしても、嫌われ続けるのには何か理由があるのでしょう。

注目を集めるというのは芸能界では良いことなのかもしれませんが、できればポジティブな内容で活躍を見せてほしいものですね。

【参考リンク】
【二択アンケート・結果】ゲス川谷vs矢口! 復帰を歓迎できないのは?

●文/ぶるーす(芸能ライター)
●モデル/福永桃子藤沢リキヤ

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る