ママコーデ

脱マンネリ! おしゃれインスタグラマーに学ぶワントーンコーデ術3選

脱マンネリ! おしゃれインスタグラマーに学ぶワントーンコーデ術3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

みなさん、こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

毎日似たようなコーディネートばかりでマンネリ化している……。そんなお悩みありませんか?

新しい服が欲しいけどお金もないし、持っている服でどうにかトレンド感を出したい! そんなときにオススメなのが“ワントーンコーディネート”です。手持ちの服でも組み合わせを変えるだけでこなれ感が出てオシャレに見えますよ。

今回はおしゃれインスタグラマーの方たちに“ワントーンコーデのコツ”を聞いてみましたのでご紹介します。

(1)白のワントーンにワンポイントを

ワントーンの中でもぱっと目を引く“白”。年間を通してワントーンコーデをしやすい色でもあります。でも、ただ上下に白を着るだけではなく、ワンポイントで差し色を持ってくることがポイント。

こちらのインスタグラマー(@sakura.031358)さんによると『白っぽい色はのっぺりしがちなので、ビビッドカラーやちょっと奇抜なくらいのアイテムをポイントに合わせています』とのこと。

春ならではの明るい色のアイテムを、ぜひ合わせてみたいですね。

(2)トーンを少しだけ変えてみる

ただ同じ色のトップスとボトムスを組み合わせるのではなく、同じ色味でも少しトーンを変えて着るのもワントーンコーデのコツ。

ベージュのワントーンでもボトムスのトーンを少し落とすだけで全体的に引き締まります。

インスタグラマー(@ko.ttama__425)さんによると『セットアップは別ですが、上下やアウター・インナーでまったく同じ色味にはせずにトーンを変えて着るようにしています』とのこと。

インナーでベージュのワントーンにしたらアウターではしっかり締まる色を。濃淡がしっかりされていてステキです!

(3)デニムを使えばワントーンの幅も広がる

ワントーンコーデにデニムを投入すれば幅がグッと広がります。ブラックのトップスのときには濃い目、黒めのデニムを合わせると簡単に黒のワントーンコーデのできあがり。

青のトップスの場合にはブルーのデニムを。白のトップスには白のデニムを。デニムは本当に万能なアイテムですね。

インスタグラマー(@aya__ss)さんによると『同じ色でも素材が違うものを合わせることで、単調にならないようにしています』とのこと。洋服にもメリハリが大切ということですね!


この他にもおしゃれインスタグラマーさんたちからこんなコメントをいただきました!

『素材の違うアイテムを組み合わせると立体感を出すことができます』(@sakura.031358さん)

『ワントーンの中のワンポイントが大切。おしゃれな人のコーディネートを参考にしてみるといいですよ』(@ko.ttama__425さん)

『同じ素材で、本当は違うけどあえてセットアップに見せるのもオシャレですね』(@aya__ssさん)

いつものコーディネートからトレンド感を出したい人は、ぜひ組み合わせを変えてワントーンコーディネートにチャレンジしてみてくださいね。

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る