子供の自信を育てる

成功に必要不可欠!? 子どものやり抜く力“グリット”を育てるコツ

成功に必要不可欠!? 子どものやり抜く力“グリット”を育てるコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

皆さんこんにちは。ママライターのあしださきです。

この地球上には多くの人々が暮らしています。この日本から広い世界を想像してみると、人々がどんな日々を営み、どのように暮らしているのか、その違いはとても興味深いものがあります。

しかし、どんな国でも変わらずに行われていることもあると思います。

“子どもを産み育てる”ということもそのひとつ。どんな国でも親たちはわが子を思い、少しでも子の可能性を伸ばしてあげたいと願うものではないでしょうか。

その意味において「子どもの能力をいかに伸ばすか」には、各国の関心は非常に高いと言えるでしょう。

170424ashida

米教育省が“最重要課題”と位置づけるグリット

近年アメリカにおいて子どもの教育に関わる新しい『グリット(GRIT)』という言葉が注目を集めています。

米教育省が「最重要課題」とまでに位置づけた、才能やIQといったこれまでの考え方に基づく指標とは全く異なる“グリット”という重要な資質が存在するという研究を発表した女性がいます。ご存知でしょうか?

ペンシルベニア大学心理学部のアンジェラ・リー・ダックワース教授は『成功の心理学』の研究をする過程において“グリット”の存在を突き止め、人生において成功するのに最も必要な資質である“グリット=やり抜く力”をどのように育てていくかを提唱しました。

人生の成功者に共通する資質が“グリット”だとしたら……?

しかも、“グリット”はもともと(生まれつき)備わっているものではなく、“努力”によって自分の中に育んでいくこともできるとしたら……?

あなたは親として、自分の子どもの“グリット”を育てる術を持ちたいと願うでしょう。

そこで今回は、ダックワース教授の研究に基づき、またその著書『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』からわが子に素晴らしい人生を歩んでもらいたいと願うすべての皆さんのために、いくつかのコツをご紹介していきたいと思います。

勤勉さを努力によって身に付ける

難しいことに継続的に取り組んだグループとそうでないグループに分けた実験において、前者のほうがより勤勉な姿勢を身につけていたという結果を得た、ヒューストン大学の心理学者ロバート・アイゼンバーガー。

そこで、“努力”に対しては“報酬”が得られるということも関連付けて覚えさせ、頑張ったらご褒美があるという動機付けで「手を抜かない」「怠けない」を継続していくように仕向けるという着想を得ました。

この論文を読んだダックワース教授は、自らの2人の娘に対して“グリット”を鍛えるルールを実践したということです。

家族全員が何かしら“ハードなこと”に取り組む

「ハードなこと」とは日常的に『意図的な練習を必要とすること』(『やり抜く力GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身に付ける』より)だということです。

例えばわたしの子どもたちの場合に置き換えれば、

・サッカーの練習に休まず通う(7歳/男の子)
・塾の漢字小テストでは必ず100点を取ること(10歳/女の子)
・幼稚園に朝登園したら、泣かずにバイバイする(3歳/男の子)

などが思いつきました。皆さんはどんなことを思い浮かべましたか? ご自身のことでもいいです。ぜひ考えてみてください。

ルールさえ守れば“ハードなこと”は途中でやめてもよい

一度始めたことを辞める際には、「一定期間しっかりとやり、区切りの良い時期が来るまでは一生懸命に取り組むこと」が条件であるといいます。

つまり、何か嫌なことがあったからといって、急に辞めるというのはルール違反であり認められないということを理解させる。そして手順を経たあとで、また新たなことにチャレンジしても良いのです。

何をするかは“自分”で決めさせる

これはとても難しいことだと思います。

「ハードなこと」というと楽器や運動のお稽古が思いつきますが、子どもにそのような習い事をさせるとき、幼ければ幼いほど親の意向が非常に強く反映されてしまいがちだからです。

たとえば、「○○ちゃんがピアノをやっている」というのを聞きつけたママが子どもを体験レッスンに連れて行き、「ピアノ楽しい?」と質問したとします。

すると子どもはママの意向に沿う形で「うん、楽しい」と答えてしまいがちです。それを考えると、自分で選ばせるというのはとても難しいことです。

日頃から子どもの興味関心に気を配り、親の押し付けなしで選択させる必要があるということだからです。

そして、「ハードなこと」に家族全員で取り組むため、“自分のやることは自分が決める”という理解がある程度できる年齢でなくてはなりません。

そんなこと今さら無理だ、という声も聞こえてきそうですね。しかし、長期的な視野でお子さんの将来を考えていくとき、人生の成功のカギが“やり抜く力”だと言うならば、今ある環境を新たに見直すことも必要かもしれません。

今からでも十分に間に合うことですから、ぜひお子さん自身のやりたい“難しいこと”をやってみるようにパパとママでご相談してみてはいかがでしょうか。


いかがでしたか?

非常に興味深い研究を発表した、ダックワース教授。子育て中のママ、パパたちにも共感していただけると確信してご紹介しました。

お子さんの持てる能力を十分に伸ばし、未来をより良くしていくために今からでも参考にしてくださいね。

【参考文献】
・『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』アンジェラ・ダックワース(著)

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る