生活雑貨

試験管を調味料入れに!? “理系インテリア”のオシャレな活用術4つ

試験管を調味料入れに!? “理系インテリア”のオシャレな活用術4つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

皆さんは数年前からチラホラ耳にする“理系インテリア”なるものをご存知ですか?

理系インテリアとは、フラスコや試験管、ビーカーなどの理科の実験で使われるような“実験用具”を用いたインテリアのことです。

単体では無機質で冷たいイメージのある実験用具でも、アイデア次第でとてもオシャレなインテリアに変身します。一見扱いづらそうに見えるアイテムだからこそ、使いこなせば“オシャレ上級者”になれますよ♪

ということで、今回は理系インテリアの上手な活用法についてご紹介いたします!

(1)三角フラスコをコーヒー豆の保存容器に

@saya.makkyさんは三角フラスコをコーヒー豆の保存容器として使うことでオシャレなインテリアへと昇華させています。

大胆な発想ですが、周りの雑貨のテイストとの調和も取れており、非常に洗練された印象があります。

毎日のコーヒー作りが楽しくなりそうですね。

(2)試験管を調味料入れに活用

こちらは理系雑貨を専門に扱うお店『RIKEI-ZAKKA~理系雑貨のある暮らし~』さんが提案する試験管のオシャレな活用術。

透明な試験管の中に調味料を保存することで、見た目のオシャレさだけでなく、残量が一目で分かるようになっているステキなアイデアですね。

『RIKEI-ZAKKA~理系雑貨のある暮らし~』さんでは、この“試験管(シリコン栓付)×6本+試験管立て”のセットを3,240円(2017年4月10日現在)で販売しています。

日頃から細かい調味料の保存に困っているという方は、ぜひこの活用術を試してみてはいかがでしょうか。

(3)試験管が花瓶に大変身

@tsunfeltさんは試験管を花瓶代わりに活用しています。

羊毛フェルトで作ったカバーと組み合わせることで暖かみのあるインテリアになっていますね。

また、木の枝に吊るすことでまるで芸術作品のように仕上がっています。

(4)ビーカーをサボテンの鉢植に

@666cy666さんは、ビーカーをサボテンの鉢植えとして活用しています。

透明なビーカーを使うことによって、普通では見られない土の部分もくっきりと見ることができ、爽やかでオシャレなインテリアに仕上がっていますね。

同じサイズのビーカーでいくつか揃えれば、また違ったインテリアとしての魅力も出てきそうです。


他にも、理系インテリアが好きという人たちからコメントをいただきました。

『友達に「実験器具を使ってインテリアにしてる」って言うと軽く引かれるけど、実際に見せると皆オシャレだと驚きます(笑)。理系インテリアの魅力をもっとたくさんの人に知ってほしいです』(33歳女性/事務)

『うちも試験管を使って一輪挿しやってます! 子どものころよく学校の実験とかで使ってたけど、まさかインテリアになるとは(笑)』(29歳女性/販売)

『理系雑貨って透明でシンプルなものが多いから、アイデア次第で結構いろんなことに使えますよ。自分で工夫するのが好きな人にはオススメです』(31歳女性/専業主婦)

いかがでしたか?

ジワジワと人気を広げつつある“理系インテリア”。まだ完全には定着していないアイデアだからこそ、使いこなせばオシャレな人として一目置かれるかもしれません。

興味のある方は簡単なものからぜひ試してみてくださいね。

●文/パピマミ編集部

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る