夫婦円満の秘訣

良いコトづくし? 姉さん女房に聞いた“年下夫”の魅力5選

良いコトづくし? 姉さん女房に聞いた“年下夫”の魅力5選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのamuです。

「年上の女房は金のわらじを履いてでも探せ」という言葉がありますが、私のまわりでは「金を払ってでも、年下夫が欲しい~」という女子が多いです。

『君はペット』でも『東京タラレバ娘』でも、結局年下くんなんです! そこで、姉さん女房ママに年下夫の魅力を聞いてみることにしました。

170419amu

(1)許せる

『ケンカしても、張り合わず折れてやるかという気持ちになれる。年上だと、器が小さいと思ってしまうし、尊敬したいぶんガッカリしがち』(30代ママ/3歳年下夫)

たしかに、年上の男性の魅力は地位や財力や経験豊富で頼れるところなど、すべて尊敬に結びついている気がします。

年下好きな女性は、そこにはあまり魅力を感じないということが多いです。

『年上だと、年上のくせにそんなこともできないの!? という気持ちになりケンカになりやすかったけど、年下だと教えてあげようと思える』(30代ママ/4歳年下夫)

『たった2歳下なだけで、いい歳してるのに、できなくても仕方ないと大目に見られる』(30代ママ/2歳年下夫)

年齢を気にする日本人ならではの感覚ですよね。

でも、私もいつも3年前くらいを(去年でさえも)「あのとき私は若かった……」と思ってしまうので、わかる気がします。

『頼りないし、何も決められないけど、ついてきてくれればいい。年下だから違和感もないし、相手もかっこつけなくていいから楽みたい』(30代ママ/5歳年下夫)

逆に、たまに背伸びしていたり、頼りになったり、上から言われたりするときにキュンとするそうです。

『年下だと、不思議とすべて清潔に見える(笑)!』(30代ママ/5歳年下夫)

なんという言われ方。「金のわらじを……」は正しいのかもしれないと思った私です。

ただ、話を聞いている中で少し気になったのが、「逆ギレ」というワード。

本来、年上好きな男性は自分に甘いわがままな一面が少なからずあると思うので、責められるのが嫌いだなという印象があります。

ダメ出しをすると、「じゃあいいよ!」などとへそを曲げるので、「ここをこうしてほしいな」と優しく言うか、もしくは諦めて甘やかすかどちらかにするのが平和です。

(2)将来性

『出会ったころは新入社員、結婚したときはペーペー。それでも今は昇進して、お給料も上がった。育てているという感覚があるし、うれしい』(30代ママ/5歳年下夫)

『長く働けるから、長くローンも組めて安心』(30代ママ/6歳年下夫)

定年も遅いですしね。女性の方が長生きだから、長く一緒にいられるという声もありました。

実際、大学時代のバイトで出会い、結婚したらとんとん拍子で出世したという話も聞きます。

バイトとはいえ、仕事に対する姿勢も見られるので、都心の大学生が多く集まる場所で働いてみるのも玉の輿の近道かも!

(3)ロリコンの気が少ない

『少なくとも、若さに一番魅力を感じるタイプではないと思う』(30代ママ/5歳年下夫)

『昔、子役を「めちゃくちゃかわいい~」と言っていた男友達を「いいパパになりそう」と思ったことがある。でも、30歳すぎても高校生に手を出していて引いている』(30代ママ/3歳年下夫)

『若さ第一の価値観の人だと、奥さんが30代後半ぐらいになったときに、若い子に目移りしそう。その点、私は出会ったときにすでにそんなに若くなかったからな』(40代ママ/3歳年下夫)

若いときの3~4歳差って相当大きいですよね。大学1年生が中3とは付き合わないのが普通の感覚。

だからこそ、若ければ若いときほど、年下女子と付き合ってきた男性は若い子が好き度が高いと思うのです。

そして、若い子が好きな男性って、私のまわりだけかもしれませんが、アラフォーでも10代や20代前半の子が好きな人が多いです。

逆に、そのころ同い年や年上と付き合ってきた男性は、若さやかわいらしさよりも、包容力や穏やかさ、気楽さに魅力を感じる人が多かったです。

(4)刺激を受ける

『まわりも若い。だから、甘やかされることなくちゃんと女でいようと思うし、飽きられないよう努力できる』(30代ママ/5歳年下夫)

たしかに、姉さん女房って見た目が若い人が多い気がします。

ただ、それが嫉妬や劣等感につながることもありますよね。どうせ私なんておばさんだし……と卑屈になってしまうこともあると思います。

こちらが落ち着いていても、相手がまだ友達と遊びたいというすれ違いも起こりやすいです。

でも、そこは年上だからこそある包容力や理解力で、笑顔で送り出すのが得策です。遊びたいと言っているのにとめても、思春期の子どものように不満が溜まるだけ。

いつか落ち着くと思って、こちらはこちらでママ友と楽しみましょう。むこうがさみしくなるくらいに!

(5)かわいい

『素直に甘えてくるし、任せてくれるし、順応してくれるし、身軽だし、とにかくかわいいなって思えてよかった』(30代ママ/5歳年下夫)

かわいいと思えるって、とてもステキなことですよね。ただ、心配なのは“かわいい”は永遠ではないということ。

年下夫に冷めたことがあるママ友の話では、年下好きな女性は永遠に綺麗なものやかわいいものが好きなので、急にかわいいと思えなくなるときがくるとのこと。

それが、男性アイドルの追っかけなどにいけばいいですが、不倫につながることも……!

「甘えん坊→私はあなたのママじゃない!」「無邪気→頭が悪そう」というふうに気持ちが急降下してしまうのかな? と思います。

少しずつでも男性として成長してくれている旦那さんならいいけど、かわいがられ、頼りっぱなしでだらしなくなってしまう人だと、いつか女性に愛想を尽かされることもあると思います。

刺激好きでアクティブ、決断力があり、姉御肌で面倒見がよく、それでいて女子力の高い年下好き女性は、見切りをつけると切り替えが早いのです!

「尊敬できて、知識があって、稼いでくれて、年より若く見えて、清潔感があって、偉そうじゃなくて、モテるけど一途なら、年上夫でもいいよ」

貪欲なのも、年下好きの特徴かもしれない……。私がそう思ったのは、言うまでもありません。

●モデル/香南TOYO

ライター紹介

amu

amu

内気な文学少女が、ガングロギャルや社会人を経てママに。SNS、オフ会、幼稚園、小学校役員、習い事、ママチアにママバスケ、友達の友達……と輪が広がっていき、気づけばママ友100人できました。春夏秋冬、口実を見つけては飲んでいます。飲酒時は、どこまでもハッスルし伝説を残すため、ママ友にはレジェンドと呼ばれています。小学生の娘には、ピアノ、図工、ダンス、英会話、通信教育を習わせる教育ママ。どんな芽が出てどんな花が咲くのかな? と楽しみにしながら、日々送り迎えに励んでいます。趣味は、愛犬と戯れること、ドライブ、読書、着物、料理、プチ旅行。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る