メイク

美しく見える色は? “パーソナルカラー”の簡単セルフチェック方法

美しく見える色は? “パーソナルカラー”の簡単セルフチェック方法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、1歳の娘を育てているライターのchocondです。

妻になっても、ママになっても、女性はいつまでも美しくありたいと思うもの。

毎日を忙しく過ごしていても、イキイキとしたハッピーオーラがあふれるような女性はステキですよね。実は、そのハッピーオーラは選ぶカラーで簡単に引き出せるんです。

自分のパーソナルカラーを知ると、肌がキレイに見えたり、血色がよく若々しく見えたり、透明感が引き出されたりとうれしいことばかり。

今回は、あなたを美しく見せるパーソナルカラーのセルフチェック方法をご紹介します。

(1)パーソナルカラーは4種類

th_170414chocond01

パーソナルカラーとは、“赤が似合う、青は似合わない”といった色の種類を限定するのではなく、色み・明度・彩度を総合的に判断し、自分にはどのような色のトーンが似合うのかを知るためのものです。

まずは黄み肌のイエローベース、青み肌のブルーベースの2種類に分け、そこから似合う明度・彩度でさらに分け、全部で4種類(春・夏・秋・冬の4シーズン)に分類します。

(2)まずはイエローベースorブルーベースをチェック

th_170414chocond02

体の中で日焼けをしにくく、本来の肌の色を保っているのが腕の内側。

手首や肘の裏辺りの血管をよく観察してみてください。血管の色が緑っぽく見えますか?

それとも青っぽく、赤っぽく見えますか? 緑っぽく見えた方はイエローベースの可能性が高く、青や赤っぽく見えた方はブルーベースの可能性が高いです。

(3)さらに細分化して4シーズンをチェック

th_170414chocond03

イエローベースの方は似合う黄み系カラーによって春・秋に分けられます

黄みのあるアイボリー、明るめのブラウン・ベージュ・キャメルなど、明るめの黄みカラーが似合う方は春。

緑がかったネイビー、モスグリーン、グレイッシュベージュ・ダークブラウンなどのくすみのある黄みカラーが似合う方は秋。

一方、ブルーベースの方は似合う青みカラーによって夏・冬に分けられます

オフホワイト、青みのあるグレー、ネイビーブルーなどくすみのある青みカラーが似合う方は夏。

真っ白、ブラック、バイオレットなどのくすみのないハッキリとしたカラーが似合う方は冬。


いかがでしょうか?

今回は、パーソナルカラーを簡単にチェックできる方法をご紹介いたしました。パーソナルカラーは自分の好みの色と必ずしも一致するものではありません。

しかし、「こんな色も似合うんだ」と新たな発見につながり、メイク・ヘアカラー・ファッションの幅が広がることも。

あなたをより輝かせてくれるカラーを自覚して、いつまでも美しい女性でいられるようにしませんか?

ライター紹介

chocond

chocond

1児の母。子どもを寝かしつけてから私の執筆時間が始まります。毎日限られた時間の中で子どもとたくさん触れ合うことを一番に考えながら、仕事や趣味にも手を伸ばしています。「ママでもキレイ」を目指して日々奮闘中。メイクアップ系の記事を得意としています。ブログやインスタグラムでは自身のメイクや芸能人のものまねメイク等を紹介。かわいい人、キレイな人を観察し、どうしたら自分も近づけるのかを研究。メインはプチプラコスメ、たまにデパコス。ネイリスト検定所持。現在、化粧品検定の資格を取るべく勉強中。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る