ライフハック

いつまでも新品! 白い靴をキレイな状態にたもつ防汚対策4選

いつまでも新品! 白い靴をキレイな状態にたもつ防汚対策4選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

男女問わず、定番アイテムとなりつつある白スニーカー。

取り入れると全体の印象が華やかになるため、ひとつは持っておきたいファッションアイテムですよね。

しかし、そのさわやかさとは裏腹に“汚れやすい”ことが弱点でもあります。せっかくの白い靴も、汚れが目立ったままはいてしまうと台無し。

一度汚れてしまうと、洗っても元通りの真っ白にすることは難しいものです。

そこで今回は、白い靴を汚れにくくするための方法をご紹介します。

170407sirokutu

(1)防水スプレー

雨などから靴を守ってくれる防水スプレーですが、実は汚れからも守ってくれる効果があります。

成分によってフッ素系やシリコン系がありますが、おすすめはフッ素系の防水スプレー

繊維が細かくコーティングされるため通気性を大きく損なわず、また、油分をはじく効果もあるため汚れを防ぐ効果も高いと言えるでしょう。

靴が新品の状態でスプレーしておくことで、汚れがつきにくく、落としやすくもなります。

かけすぎは色落ちやシミの原因になることもあるので、表面が少し湿る程度にしましょう。

(2)ベビーパウダー

泥やホコリが生地から侵入しやすいキャンバス生地のスニーカーには、ベビーパウダーがおすすめです。

パウダーが生地の細部に入り込むことで、汚れの侵入を防いでくれるのです。

ベビーパウダーをつける際には、靴をしっかりと乾かした状態でつけるようにしましょう。

ドラッグストアなどで安く手に入れられる上に、使い道も多いため便利なアイテムです。

(3)ロウソク&ドライヤー

こちらは防水スプレーをかけたときと同様に、防汚・防水の効果が期待できる方法です。

白いロウソクを靴全体にしっかりとこすりつけるようにして塗っていきます。その後、塗ったところにドライヤーの温風を当てればOK。

ドライヤーを使うことで、ムラがあったろうがまんべんなく靴へと馴染んでくれるのです。

コーティング効果が非常に高いので汚れ防止には高い効果が期待できますが、通気性を損なうこともあるため、ゴアテックス素材の靴などは避けた方がいいでしょう。

(4)アルコール除菌スプレー

こちらは、こまめに汚れを取り除くことで“定着させない”ようにする方法です。

靴は、布部分はもちろんゴム部分もあり、ここも汚れやすいポイント。

少しの汚れでも、そのままにしておくと次第に黄ばみが強くなり落としにくくなってしまいます

「汚れたら洗えばいい」と言う人もいますが、靴の洗濯は手間もかかりますし乾かすのも大変ですよね。

その点、アルコールスプレーならさっと拭き取るだけで済むため、洗ったり乾かしたりする必要がありません。

帰ってきたらシュッとスプレーしてさっと拭き取るということを習慣化してもいいでしょう。


いかがでしたか?

せっかくの真っ白な靴ですから、いつまでもキレイな状態で履き続けたいもの。

汚さないようにおそるおそる履くのもいいですが、しっかりと対策して思い切り使い込むのも気持ちの良いものではないでしょうか。

どれも手軽にできる方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

神山みき(れんくん)

神山みき(れんくん)

はじめまして! 1児の男の子ママです★ 「ママになっても活躍したい!」という思いから現在、親子でモデルの活動をしています! 子育ての疑問や悩みを皆さんと一緒に共有して、子育てライフを楽しみたいです! よろしくお願いします♡♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る