不倫

証拠映像を一緒に鑑賞!? 不倫した夫への恐怖のお仕置きエピソード3つ

証拠映像を一緒に鑑賞!? 不倫した夫への恐怖のお仕置きエピソード3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

2016年に起こった芸能人による不倫ラッシュ。その勢いは2017年に入ってもとどまるところを知りません。

「男はバカな生き物だから仕方ないね」と割り切れたらいいですが、実際に自分が不倫されたらそうも言ってられないですよね。自分や家族を裏切った夫に相応の制裁を加えたいと思うのが普通だと思います。

最近では不倫が発覚した元モデルのアレクサンダーさんに対する妻の川崎希さんの独特の“お仕置き”方法が話題を呼びましたね。

そこで今回は、実際に不倫に遭った(疑惑も含む)妻たちの“お仕置き”エピソードについてご紹介いたします。

th_170403hurin-compressor

(1)不倫に勘づいて監視カメラを設置。その映像を夫と一緒に鑑賞

『夫が私がいないときに家に女を連れ込んでいると勘づいたので、ヘソクリをはたいて監視カメラを購入。寝室に設置しました。監視3日目に案の定他の女を家に招いているのが発覚。

それをDVDに焼いて晩ご飯中におもむろに流してやりました。夫は固まったまま呆然。ドラマでよく見るような感じで箸を持ったまま手が停止してました(笑)。我に返った夫は動揺しまくりながらも土下座で謝罪。

もちろんそんなことじゃ怒りは収まらないので通帳やクレジットカードは全部私が管理。お小遣いも一日300円。そして夫が帰ってくることを見計らってたまにあの映像を流しています。夫は「もう勘弁してくれ」と泣きついてきますが、私の怒りはいまだに収まっていません』(32歳女性/販売)

これは……なんとも怖いお仕置きですね。不倫現場の映像を奥さんと鑑賞するなんて、本人からしてみれば地獄の心持ちではないでしょうか。

しっかりと映像に残していることで離婚になったとしても慰謝料を確実に請求できますし、夫が不倫したことを棚に上げて調子に乗り始めたときにまた見せつけることができます。

最近ではスマホで部屋の中の様子をリアルタイムで確認できる商品もありますので、夫の不倫を疑っている人は購入を考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、実際に夫が不倫していたところを映像で見るのはかなり心的負担が大きい行為です。精神的に耐えられなさそうな人は別の方法で不倫を特定した方がいいでしょう。

(2)ノイローゼのふりをして嫌がらせ

『結婚して1か月後に夫に浮気されました。アホな夫はスマホを私の前に残したままお風呂へ。そしたら知らない女から「早く○○(夫の名)に会いたいです」だの「また映画観に行きましょう」だのとハートつきのメッセージが届いたので、風呂に入っていた夫のところにいって「これ、どういうこと?」と言って思いっきりスマホを投げつけました。

その一件以降、ノイローゼになったふりをして、夫のごはんを用意しなかったり、夜中に買い物に行かせたりと嫌がらせをしています。私はノイローゼ(嘘)なので、もちろん家事も掃除もできません。全部夫が担当。私は一日中自分のやりたいことだけやる生活を送っています』(35歳女性/専業主婦)

これはなかなか難易度が高そうなお仕置きです。

相手に嘘とバレない演技力が必要ですが、夫はそもそも自分の行いがもとでノイローゼになったと思い込んでいるので「それ演技でしょ?」とは口が裂けても言えないことでしょう。

夫をじわじわと追い込んでいきながら、自分は思いっきり楽できるこのお仕置き。意外と参考になるかも!?

(3)完全に無視

『私は徹底的に仕返ししてやりました。夫の浮気が発覚してからは、まず子ども(当時1歳)との一切の接触を禁止しました。そして私も夫を完全に無視。それを半年続けました。

ある日夫が庭の手入れをしているとき、脚立から落下して大怪我したことがありましたが、それを知りつつ無視。夫は這いずりながら窓から家の中に入ってきて自分で電話をかけていました。窓の鍵も閉めときゃ良かった(笑)』(37歳女性/専業主婦)

子どもとの接触を禁止するのはかなりダメージが大きそうですね。実家に帰るのではなく、あえて同じ家の中で過ごしておきながら、夫を徹底的に無視するというところに怖さを感じます(笑)。

夫がケガしても無視し続けたくだりからは奥さんの底知れない怒りを感じることができます。

夫の不倫が発覚して子どもを連れて実家に帰ってしまうと、夫はまた羽を伸ばしてしまう可能性がありますから、あえて家の中にいて無視し続けるというのはお仕置きとしてはかなり効果的と言えそうです。


いかがでしたか?

どれも怖いエピソードでしたが、それだけ不倫は人の心を傷つけるということでもあります。

これを見ている男性の方は軽はずみな気持ちで不倫をするのは絶対にやめるようにしましょう。悲しみを乗り越えて決断したときの女性は恐ろしいものです。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

大上留依(莉瑚ちゃん)

大上留依(莉瑚ちゃん)

2児のママです。自分の時間も大切にしつつ、パワフルファンキーママで頑張っています。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る