メイク

ファンデなしもOK!? キレイな肌をキープする春夏メイクのポイント3つ

ファンデなしもOK!? キレイな肌をキープする春夏メイクのポイント3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、1歳の娘を育てているライターのchocondです。

4月に入って暖かい日も増え、過ごしやすくなってきたこのごろ、メイクも秋冬仕様から春夏仕様へとチェンジさせる時期がやってきました。

カラーメイクやツヤ肌の春メイクは気分も明るく楽しくなってきますよね。

しかし、この時期のメイクで手を抜くと夏の終わりに後悔してしまうことに……。

そこで、春夏メイクで気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

170403ginkouhatan07

(1)徹底的なUVケア

170407chocond01

春はまだ日差しが強くないので夏の時期だけ紫外線対策をすればいい……この考え方はとても危険です!

毎年3月ごろから紫外線量は増え始めます。曇りの日でも紫外線は雲を通り抜け肌にダメージを与えます。

夏だけではなく、今の時期から徹底的なUVケアが必要です。

ゴミ出しや洗濯物干しの短時間でも肌はダメージを受けていきます。外に出る際には、保湿もできる日焼け止め乳液を顔と腕に塗るようにしましょう。

もしくは帽子をかぶったり、日焼け防止の手袋を着用したりしてみてください。

私は子どもと一緒に使える日焼け止めを玄関に置いて、いつでも使えるようにしています。

(2)しっかりとした保湿

170407chocond02

春は湿度が低く、乾燥しやすい季節。加えて強い風が吹くこともあり、ここで保湿を怠ると肌がどんどん乾燥して潤いの足りない枯れ肌になってしまいます。

秋冬ほどのこってり濃厚スキンケアではベタつきやすいので、春夏用スキンケアに切り替えることが大切。

美白効果のあるものや、さっぱりするけど保湿ができるものを使いましょう。

乾燥の気になるときやメイクノリの悪いときには、ローションパックが効果的です。

水分をたっぷり蓄えた肌は透き通るような透明感が出るので、トレンドのツヤ肌メイクも映える肌になれます。

ポンプ式のボトルに入れ替えておくとコットンに化粧水を取りやすいのでオススメです。

(3)ファンデーションは薄め&化粧崩れ防止下地を使う

170407chocond03

春夏は乾燥に加え、皮脂による化粧崩れが気になる季節。

ドロドロに崩れたメイクは見た目に汚いばかりではなく、ファンデーションのハゲた部分だけ日焼けをしてしまい、シミ・そばかすの原因となってしまうことも……。

ファンデーションや化粧下地も春夏仕様の崩れにくいものを使い、メイク仕立てのきれいさをキープしましょう。

ファンデーションを塗るときは薄く広げることを心がけると崩れにくくなります。気になる肌トラブルはコンシーラーでピンポイントに隠します。

あえてファンデーションは使わずに化粧下地、コンシーラー、フェイスパウダーで仕上げても◎。


これからどんどん暖かくなり、お出かけも楽しくなる時期。

春夏メイクのポイントを押さえて、日焼け・乾燥・化粧崩れを防ぎ、きれいをキープしましょう。

ライター紹介

chocond

chocond

1児の母。子どもを寝かしつけてから私の執筆時間が始まります。毎日限られた時間の中で子どもとたくさん触れ合うことを一番に考えながら、仕事や趣味にも手を伸ばしています。「ママでもキレイ」を目指して日々奮闘中。メイクアップ系の記事を得意としています。ブログやインスタグラムでは自身のメイクや芸能人のものまねメイク等を紹介。かわいい人、キレイな人を観察し、どうしたら自分も近づけるのかを研究。メインはプチプラコスメ、たまにデパコス。ネイリスト検定所持。現在、化粧品検定の資格を取るべく勉強中。

ライター紹介

ゆみ

ゆみ

社会人になって新しいことをしてみたい、新しい自分に出会いたいということで挑戦させていただきました♡

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る