結婚できないのは当然? 婚活友達のびっくりエピソード3選

「結婚したいのにできない」と嘆く女性は少なくありませんが、よくよく話を聞いてみると、思わず「そりゃできないはずだよ!」とツッコミを入れてしまいたくなることもしばしば。

特に既婚者から見ると、焦って婚活に奔走する友達に「それはちょっと……」と言いたくなることもあるでしょう。

そこで今回は、既婚者に聞いた「婚活している友達のびっくりエピソード」をご紹介したいと思います。

当事者の方は、心してご覧ください……。

170329konkatutomodati

(1)恋愛が始まる前から頭の中で破局を迎える

『友達は35歳なんですが、先日お見合いパーティーに参加したそうなんです。美人なので第一印象が良くてモテると思うんですが、結果、収獲はゼロとのこと。

聞けば、ちょっと話しただけでその人とのその後のデートや結婚後の生活まで想像してしまって、嫌気がさしてしまうのだとか……。

何にも始まっていない時点で相手とのその後を想像して「無理」ってなっちゃうって、ありえないと思うんですが、その子いわく、「今までの男のデータからしてそうなるに決まってる」そうです』(30代女性/会社員)

頭の中だけですべてが自己完結してしまってはもったいないですよね。

「こうなるに決まってる」というのであれば、実際に付き合ってみて本当にそうなるのかゲーム感覚で試してみるよう、友達にすすめてみましょう。

そうならなかったときに、「あれ? 思ってたのと違う!」と驚き、意外性に心が動かされるかもしれません。

(2)自分のことを棚に上げて高望みしすぎ

『婚活サイトに登録している友達(33歳)は、相手に求める条件が厳しすぎ。特に、「年収は1,000万以上。ただし30代〜40代前半まで」っていうのはどうかと思います。いまどき、そんな男性なかなかいませんよね。

しかも、自分は正社員として働いたこともなくて、いまだにフリーター状態。実家暮らしなので料理も掃除も一切をお母さんにやってもらってるんですよ。そんな女性を相手にする奇特な男性もいないと思います。絶世の美女ならともかく……』(30代女性/パート)

転職・求人サイト『DODA』が、2015年9月~2016年8月に、『DODAエージェントサービス』に登録した約27万人を対象に行った平均年収調査によると、30代男性の平均年収は「501万円」、40代男性の平均年収は「616万円」とのこと。

女性が期待するより現実は厳しいということがわかります。

男性はいくつになっても若い女性を好むといいますし、年収にこだわっている限り、結婚の時期は遠退くどころか、不可能になってしまうことも……。

男性の年収にこだわるお友達をお持ちの方は、さまざまなサイトで紹介されている“男性の年齢別年収データ”を見せてあげましょう。目が覚めるかもしれません。

(3)男性に婚活の場でダメ出し

『友人(39歳)はいつも男性を減点法で見ていて、よく「なかなか合格点の男がいない」と言っています。でも、もっと驚いたのは、お見合い相手の男性にその場でダメ出ししたってこと。

「話し方がオドオドしてる」とか、「男性が話をリードしなきゃ」とか、それって説教ですよね……。そんなことされたら、男性だってそりゃ「無理」ってなりますよね』(40代女性/主婦)

結婚すれば相手の嫌なところは必然的に見えてきますから、相手を減点法でしか見られない人は、男女問わず結婚してもうまくいかないでしょう。

金銭感覚がおかしい、浮気癖やギャンブル癖がある、暴力的など、絶対に妥協してはいけない点もありますが、それ以外は許せるくらいのゆとりがほしいものです。

また、男性は女性が考えている以上にプライドが高くてナイーブなもの。初対面の女性にいきなりダメ出しされたら精神的にもきついでしょう。

お友達には、男性を立てるスキルが結婚生活には必要であること、悪い点よりも良い点を探したほうが自分も楽しいことを教えてあげるといいかもしれません。


いかがでしたか?

こんなことをしていたら結婚できないのは一目瞭然ですが、本人がそのことに気付いていない場合もあります。

既婚者が指摘すると「上から目線」と言われてしまうこともありますが、友達に本当に幸せになってほしいと思うのであれば、手遅れになる前にそれとなく指摘してあげましょう。

【参考リンク】
平均年収ランキング2016(年齢別の平均年収) | DODA(デューダ)

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡