子供とメディアの付き合い方

何歳からOK? 子どもにテレビを見せることのメリット&デメリット

何歳からOK? 子どもにテレビを見せることのメリット&デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。子育て支援を専門にしている臨床心理士の今井千鶴子です。

子育てをしていると、“子どもとTVの問題”について悩んでしまうママはたくさんいます。

そこで今回は、子育てにおけるTVのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

170404imai

子育てにおけるTVのデメリット

(1)長時間のTV視聴による発達の遅れ

乳幼児のころにTVを見せ続けることは、脳の発達を考えるとあまりオススメできません。

乳幼児の能力開発をする人の中には、「たくさんの刺激にふれることで脳が発達するためTVを見せるのは良い」と言う人もいますが、十分な科学的根拠があるのか疑問を感じます。

発達認知科学の観点から考えると、たくさんの刺激にふれることは悪くはないのかもしれませんが、「子どもの発達段階にあった刺激なのか」「脳の疲労について考えなくていいのか」という点は慎重に議論すべきです。

たとえば、“子どもがゲームに夢中になりやめられない”という状態をイメージしてください。

脳が疲労しているにも関わらず、時にイライラしながらゲームを続ける子もいます。これは刺激が強いために生じている現象だといえます。

また、子どもは自分で自分の行動をコントロールしにくいため、刺激に触れ続けていることで“心地よい集中力”とは別の状態に陥ってしまうことがあります。

一般的に子どもの集中力はとても短いので、一定時間を超えると、何も考えずにボーっとTVを見てしまいがちです。

したがって、TVを見せる際にはあらかじめ視聴時間を設定し、長時間見せないことが大切です。

『日本小児科医会「子どもとメディア」対策委員会』は、乳幼児期からのメディア(例:TV・ビデオ・TVゲームなど)漬けの生活によって、結果的に心身の発達の遅れや歪みが生じた事例があることを指摘しています。

そして、“2歳までのテレビ・ビデオ視聴を控えること”をはじめとする5つの具体的提言を発表しています。

(2)ネガティブな「気持ち」「行動」「ことば」

TVとひと口に言っても、さまざまなタイプの番組があります。TV番組の中には、暴力的な映像や残虐な映像も含まれています。

これまでの心理学の研究では、暴力映像を見た後には、子どもたちに不快な気持ちが生じやすく、乱暴な行動をマネしやすいことが報告されています。

また、最近よく言われているのは、テレビを通じた“言葉の獲得”です。

子どもには「使わせたくない言葉」や「聞かせたくない言葉」がありますが、これらの言葉は、日常生活よりもTVの中で知ることが多いと言われています。

子どもの健全な成長を考えると、“視聴時間”だけを気にするのでなく、お子さんに見せる“視聴内容”もしっかり選ぶことが大切です。

子育てにおけるTVのメリット

(1)ママの時間を確保できる

一日中お子さんと過ごしていると「息がつまってしまう」と感じるママも少なくありません。子育て中はどうしても子ども中心の生活になります。

期間限定のことだとわかっていても、つらく感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなママにとっては、たとえ短い時間であっても“ホッとできる時間”があるだけで心が楽になることもあるでしょう。

先ほども述べたように、TVを見せることにはデメリットが伴います。

そのため、真面目なママほど、TVを見せること(見せてきたこと)に罪悪感を感じてしまうかもしれません。

理想を言うならば、私もできる限り子どもにはTVを見せない方がいいと思っています。

ただし、それはTVを見なくても親子が笑顔で過ごせる条件のある場合です。

たとえTVを見せていなくても、ママが心の余裕をなくしイライラしているのなら、その方が子どもの心の発達に悪い影響を与えるのではないかと私は思います。

もちろん、連日長時間TVに子守りをさせておくのはNGですが、ママの心と体の状態に合わせて、TVの放映内容も考えながら“調整”していくことも大切なことだと感じます。

(2)TVの登場人物がモデルになる

TVのデメリットのところで、“乱暴な行動をマネしやすい”と書きましたが、良い行動も映像を見てマネしやすいことが知られています。

映像の中の同世代の子どもが、歯を磨く、トイレに行く、食事するということができていると、自分もやってみようかなとやる気が高まるお子さんも多いです。

良いお手本が登場するTVは、言葉では説明しにくいときなどに強い味方になってくれるツールとなります。

(3)友達とTVを通じた会話ができる

TVの内容を知ることで友だちとの会話がはずみます。特に、はやりのものに関しては、知らないと友だちとの会話に入れないこともあります。

また、TVの世界には、「動き」と「音」が巧みに盛り込まれています。

字が読めない時期の子どもたちにとっては、わかりやすく説明してくれるTVは貴重な情報源にもなり、お子さんの興味・関心が広がることもあります

恐竜好きの息子たちも、図鑑だけでは理解できなかった知識をDVDから学び、さらに興味を広げています。

ただし、好きなものを好きなだけ見せるというのはNGです。場面を区切って見せたり、話しかけながら視聴したりするなど工夫が必要です。

大好きな映像であっても、ボーっとするまで見せないように、子どもの様子を見ながらTVをうまく使っていきましょう!


いかがでしたか? 今日はTVのメリット・デメリットについて紹介しました。

TVには一長一短がありますが、上手に付き合い、楽しく育児ができるといいですね!

●ライター/今井千鶴子(臨床心理士)

ライター紹介

藤本順子(風悟くん)

藤本順子(風悟くん)

息子とまめ柴と暮らしています! 毎日息子と愛犬を追いかけてパワフルに頑張っています!

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る