生命保険・医療保険

本当に必要ある? ガン保険に加入するメリット&デメリット

本当に必要ある? ガン保険に加入するメリット&デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、FPライターのyossyです。

平成27年の厚生労働省の調査によると、日本人の死亡原因の1位は『悪性新生物(ガン)』。

死亡全体の約29%を占めており、年間37万人以上の人がガンによって亡くなったのだそうです。

医療保険に加入している人は多いと思いますが、ガンに特化して備える「ガン保険」には加入したほうがいいのでしょうか?

今回は、ガン保険のメリットとデメリットをご紹介します。

170327yossy

“ガン保険”は、ガンのリスクに特化した保険

そもそも、ガン保険とは何でしょうか? 多数の保険商品があり、それぞれ保障内容は異なりますが、当然ガンになるリスクに備えた保険のことです。

ガンと診断されたときや、ガンによって入院・手術・通院等をしたとき、死亡したとき、高度障害を負ったとき等に給付金が支払われるという保険ですね。

ガン保険のメリット

では、ガン保険のメリットを見ていきましょう。なんといっても、ガンになった場合の保障が充実しているところですね。

ガン保険は、他の医療保険と異なってガンに対象を絞っているぶん、保障額が大きくなっています

ガンは治療費が高額になりがちなので、経済的に不安であれば、ガン保険を検討したほうがいいでしょう。

また、がんを患った場合、手術、放射線治療、抗がん剤治療などで長く入院・通院が必要になるケースも多いでしょう。

一般的な医療保険の場合は日数制限等があるケースがほとんど。でも、ガン保険の場合は日数制限なしのケースが多いので、その点でも安心できます。

ガンにまつわるサポートや、再発した場合にも保障が得られるケースも。それぞれの保険商品の保障内容をしっかりチェックしておきたいですね。

ガン保険のデメリット

ガンに特化しているため、ガン以外の理由によって医療費がかかる場合には保障の対象外になるケースが多いことが、逆にデメリットだと言えるでしょう。

また、死亡保障が少ないケースが多いため、ほかの保険でカバーする必要があることも。

「待期期間」といって、契約後3か月はガンと診断されても保障を受けられないケースが多いため、その点にも注意が必要です。

これは、軽い自覚症状が現れてからガン保険に加入しようとするのを防ぐためですね。


ガン保険だけでは幅広く保障を得ることはできませんが、万が一ガンになった際には安心できるというメリットがあります。

他の病気についても不安があるのであれば、医療保険もあわせて検討したほうがいいです。自分にとって必要な保障は何かを洗い出し、総合的に検討してみましょう。

【参考リンク】
生命保険商品 | 知るぽると
最新がん統計 | 国立がん研究センター
平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況 | 厚生労働省

【参考文献】
・『あなたの「生命保険」払いすぎ!』藤井泰輔・著

ライター紹介

yossy

yossy

雑誌編集者をしていたが、第2子妊娠を機に退職。現在は、おませな女児と暴れん坊な男児のママをしながら、フリーライターとして活動中。日中は育児、早朝&夜間に仕事という生活を送っている。編集者時代の専門分野(住宅)と専業主婦時代に取得した資格(保育士、FP)を活かし、幅広く執筆活動を行う。学生時代の不勉強の反動なのか、最近は何か勉強していないと気が済まないタチに。今は英語とマーケティングについて絶賛勉強中。趣味は弦楽器。クラシック音楽大好き一家なので、週末に子ども&夫と合奏するのが楽しみの一つ。

ライター紹介

倉本麻貴(和くん)

倉本麻貴(和くん)

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る