生命保険・医療保険

5人に1人が発症!? 将来の出費リスクを回避する“認知症保険”の知識

5人に1人が発症!? 将来の出費リスクを回避する“認知症保険”の知識

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、FPライターのyossyです。

日本は“超高齢社会”といわれ、全人口のうち、高齢者(65歳以上)の占める割合は26.7%(平成27年10月時点)。

そんな中でもとくに問題になっているのが、高齢による認知症のことです。

厚生労働省によると、2025年には認知症高齢者が約700万人に達することが見込まれ、高齢者の5人に1人が認知症になるともいわれています。これは決して若い人たちにとっても他人事ではありませんね。

将来認知症になるリスクに備えて、『認知症保険』というものも登場しています。一体どんな保険なのでしょうか? 概要を知っておきましょう。

170322yossy-compressor

認知症介護は金銭的負担が重い

実は、重度の認知症の人を介護する場合、その費用負担は認知症でない人に比べて2倍以上になるともいわれます。

認知症になると、記憶をはじめとする認知機能が低下し、暴力や徘徊などの問題行動がみられることも……。

こういった状況に至ってしまうと、家族だけでの介護は難しく、結果的に介護サービスを利用する頻度が増え、費用もかさんでしまうのです。

そういったリスクを回避するために用意されたのが、認知症保険というわけですね。

保険商品によって条件・保障内容は大きく異なる

認知症に対応した保険は複数ありますが、例えば下記のような保険があります。特徴を見ていきましょう。

【太陽生命:ひまわり認知症治療保険】
・加入条件が緩やか。その分、保険料は比較的高め
7大生活習慣病、シニア疾病、女性特有の病気、骨折などにも対応
・契約後、原則1年間は“削減期間”(給付金等が半額)あり
・契約年齢:20~85歳
・保険期間・保険料払込期間:10年、終身

【朝日生命:あんしん介護 認知症保険】
・年金タイプと一時金タイプから選べる
・給付条件等が公的な介護認定に連動している。要介護1以上で認知症の場合に認知症介護年金(一時金)が給付される
・死亡給付金あり
・業界初(※)の診断書取得代行サービスつき(※平成28年2月時点の調べによる)
・契約年齢:40~75歳
・保険期間・保険料払込期間:70・75・80歳満了、終身

以上の2つの保険商品を比較しただけでも、加入条件や支給条件が大きく異なりますね。状況に合った保険をしっかり検討する必要があります。


日本の高齢化が進むなかで、さまざまリスクが考えられます。そのうちのひとつが、家族が認知症になった場合の金銭的負担です。

認知症保険をはじめとして対処法を早めに知っておくことで、安心できることもあるでしょう。選択肢の一つとして頭に入れておいてください。

【参考リンク】
第1章 高齢化の状況(第1節) | 内閣府
認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン) | 厚生労働省(PDF)
認知症 | 厚生労働省

ライター紹介

yossy

yossy

雑誌編集者をしていたが、第2子妊娠を機に退職。現在は、おませな女児と暴れん坊な男児のママをしながら、フリーライターとして活動中。日中は育児、早朝&夜間に仕事という生活を送っている。編集者時代の専門分野(住宅)と専業主婦時代に取得した資格(保育士、FP)を活かし、幅広く執筆活動を行う。学生時代の不勉強の反動なのか、最近は何か勉強していないと気が済まないタチに。今は英語とマーケティングについて絶賛勉強中。趣味は弦楽器。クラシック音楽大好き一家なので、週末に子ども&夫と合奏するのが楽しみの一つ。

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る